English
Top

医科学研究所 新型コロナウイルス研究について

写真提供:河岡義裕研究室

東京大学医科学研究所は、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)および新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する様々な観点の研究に取り組んでいます。それらを紹介します。
 

出版物


医科研広報誌「PLATINUM STREET TIMES」創刊号
[特集] 東大医科研と新型コロナウイルス研究
 

東大広報誌「淡青」vol.41 2020.09  別ウィンドウで開く
[特集] コロナ禍と東大。
 

プレスリリース最新3件を表示)

関連論文一覧最新3件を表示)

SARS-CoV-2 B.1.617.2 Delta variant replication and immune evasion
Nature オンライン版 2021年9月6日
doi: 10.1038/s41586-021-03944-y
Petra Mlcochova*, Steven Kemp*, Mahesh Shanker Dhar*, Guido Papa, Bo Meng, Isabella A.T.M Ferreira, Rawlings Datir, Dami A. Collier, Anna Albecka, Sujeet Singh, Rajesh Pandey, Jonathan Brown, Jie Zhou, Niluka Goonawardane, Swapnil Mishra, Charles Whittaker, Thomas Mellan , Robin Marwal, Meena Datta, Shantanu Sengupta, Kalaiarasan Ponnusamy, Venkatraman Srinivasan Radhakrishnan, Adam Abdullahi, Oscar Charles, Partha Chattopadhyay, Priti Devi, Daniela Caputo, Tom Peacock, Dr Chand Wattal, Neeraj Goel, Ambrish Satwik, Raju Vaishya, Meenakshi Agarwal, The Indian SARS-CoV-2 Genomics Consortium (INSACOG), The CITIID-NIHR BioResource COVID-19 Collaboration, 
The Genotype to Phenotype Japan (G2P-Japan) Consortium, Antranik Mavousian, Joo Hyeon Lee, Jessica Bassi , Chiara Silacci-Fegni, Christian Saliba, Dora Pinto , 入江 崇, 吉田 勲, William L. Hamilton, 佐藤 佳, Samir Bhatt, Seth Flaxman, Leo C. James, Davide Corti, Luca Piccoli, Wendy S. Barclay, Partha Rakshit*, Anurag Agrawal*, Ravindra K. Gupta*.
(*Corresponding authors、G2P-Japan コンソーシアムからの研究参加者に太字)
発表論文解説

Inactivation of Novel Coronavirus and Alpha Variant by Photo-renewable CuxO/TiO2
Nanocomposites

ChemRxiv オンライン版 2021年7月16日
doi:10.33774/chemrxiv-2021-tnrs7 
Tetsu Tatsuma, Makoto Nakakido, Takeshi Ichinohe, Yoshinori Kuroiwa, Kengo Tomioka, Chang Liu, Nobuhiro Miyamae, Tatsuya Onuki, Kouhei Tsumoto, Kazuhito Hashimoto, Toru Wakihara
発表論文解説

SARS-CoV-2 B.1.617 mutations L452R and E484Q are not synergistic for antibody evasion
Journal of Infectious Diseases オンライン版 2021年7月14日
doi:10.1093/infdis/jiab368 
Isabella Ferreira#, Steven Kemp#, Rawlings Datir#, 齊藤暁, Bo Meng, Partha Rakshit, 高折晃史, 小杉優介, 瓜生慧也, 木村出海, 白川康太郎, Adam Abdullahi, The CITIID-NIHR BioResource COVID-19 Collaboration, The Indian SARS-CoV-2 Genomics Consortium (INSACOG), Anurag Agarwal, 大園誠也, 徳永研三, The Genotype to Phenotype Japan (G2P-Japan) Consortium, 佐藤佳*, Ravindra K. Gupta*(#Equal contribution; *Corresponding authors) 
発表論文解説 

   

研究支援情報

■AMED COVID-19関連研究開発課題情報
 
【新型コロナウイルス、COVID-19に関する基礎研究】
研究開発課題:SARS-CoV-2感染に対する抗体応答と血清疫学調査
研究開発代表者:アジア感染症研究拠点 特任准教授 山吉誠也
https://www.amed.go.jp/news/topics/covid19_04.html
 
研究開発課題:システムウイルス学による新型コロナウイルス感染症等新興感染症の病原性発現および異種間伝播の原理の解析
研究開発代表者:(感染制御系) システムウイルス学分野 准教授 佐藤佳
https://www.amed.go.jp/news/topics/covid19_04.html
 
【診断薬関連】
研究開発課題: 新規ゲノム編集技術を用いた新興感染症に対する高精度な即時診断法の開発
研究開発代表者:先進動物ゲノム研究分野 講師 吉見一人 
https://www.amed.go.jp/news/topics/covid19_05.html
 
【治療薬関連】
研究開発課題: 中国拠点を連携中心とした新興・再興感染症制御に向けた基盤研究
研究開発代表者:ウイルス病態制御分野 教授 川口寧
https://www.amed.go.jp/news/topics/covid19_03.html
 
研究開発課題: ヒトモノクローナル抗体による新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療法の確立
研究開発代表者:ウイルス感染分野 教授 河岡義裕
https://www.amed.go.jp/news/topics/covid19_03.html
 
【ワクチン関連】
研究開発課題: 新型コロナウイルス(2019-nCoV)の制圧に向けての基盤研究
研究開発代表者:ウイルス感染分野 教授 河岡義裕
https://www.amed.go.jp/news/topics/covid19_02.html
 
研究開発課題: 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する弱毒生ワクチンの開発
研究開発代表者:ウイルス感染分野 教授 河岡義裕
https://www.amed.go.jp/news/topics/covid19_02.html
 
研究開発課題: 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する弱毒生ワクチンの開発 II 
研究開発代表者:ウイルス感染分野 教授 河岡義裕
https://www.amed.go.jp/news/topics/covid19_02.html

■JST COVID-19関連研究開発課題情報

2020年度 戦略的創造研究推進事業(CREST)コロナ対策臨時特別プロジェクト
研究開発課題:先端ゲノム解析と人工知能によるコロナ制圧研究
健康医療インテリジェンス分野(附属ヒトゲノム解析センター長) 教授 井元清哉
https://www.jst.go.jp/kisoken/crest/application/2020/210201/210201.html
  

その他関連情報

WHO(世界保健機関) 別ウィンドウで開く

厚生労働省 別ウィンドウで開く

国立感染症研究所 別ウィンドウで開く

日本感染症学会 別ウィンドウで開く

日本ウイルス学会 別ウィンドウで開く

日本呼吸器学会 別ウィンドウで開く

日本内科学会 別ウィンドウで開く

日本感染環境学会 別ウィンドウで開く

「FUSEGU2020」マスギャザリングと感染症 別ウィンドウで開く