English
Top

医科学研究所奨励賞

東京大学医科学研究所奨励賞の創設と令和3年度奨励賞受賞者の発表

東京大学医科学研究所奨励賞は、本所に在籍する研究者の中から、基礎的及び臨床的研究の発展、あるいは医科学研究の社会的実装や先端的医療の普及などに大きく貢献した若手人材を表彰することで、医科研の活動を社会にアピールするとともに、若手研究者の基礎・臨床研究および社会貢献活動を奨励するために創設されました。

その第1回である令和3年度奨励賞受賞者に、感染症国際研究センターシステムウイルス学分野の佐藤 佳 博士が選ばれました。受賞理由としては、ウイルス学研究において、単にウイルスの研究だけではなく、宿主との相互関係にも着目し、レトロウイルスの起源、進化、宿主との共存、共進化などのメカニズムの解明に迫る独創的な研究を推し進め、学際融合的な「システムウイルス学」の創生に貢献した点が高く評価されました。

ここに佐藤博士の活動・業績に対し敬意を表するとともに、奨励賞を贈呈して更なる活躍と研究発展を期待いたします。