IMS logo 学生優秀論文賞・
創立記念ベストポスター賞表彰
   English / Japanese 医科学研究所ホームページ






東京大学医科学研究所学生表彰「優秀論文賞」について

医科学研究所では、本研究所で研究活動を行っている学生を対象として、活発な研究活動を奨励し意欲向上に資することを目的として、優れた研究活動の成果に対して表彰する論文賞を平成21年度に創設致しました。
所内各研究分野の分野(施設)長より推薦された適格者について、選考審査が行われます。


令和元年度 学生表彰「優秀論文賞」

令和元年度は下記の2名の方が表彰されました。

【学生最優秀論文賞】
氏名:中村 聡介 (ナカムラ ソウスケ)
分野名:先端医療研究センター 分子療法分野
指導教員:東條 有伸 教授
論文題名:"Prognostic impact of circulating tumor DNA status post-allogeneic hematopoietic stem cell transplantation in AML and MDS"
掲載誌名等:Blood, 133(25), 2682-2695, Jun 2019, DOI: 10.1182/blood-2018-10-880690

【学生優秀論文賞】
氏名:田 光輔 (タカダ コウスケ)
分野名:感染・免疫部門 ウイルス感染分野
指導教員:河岡 義裕 教授
論文題名:"A humanized MDCK cell line for the efficient isolation and propagation of human influenza viruses"
掲載誌名等:Nature Microbiology, 4(8), 1268-1273, Aug 2019, DOI: 10.1038/s41564-019-0433-6

氏名:Boon Min Poh(ブーン ミン ポ)
分野名:癌・細胞増殖部門 人癌病因遺伝子分野
指導教員:村上 善則 教授
     渡邉 すみ子 特任教授
論文題名:"Foxr2 promotes formation of CNS-embryonal tumors in a Trp53-deficient background"
掲載誌名等:Neuro-Oncology, 21 (8), 993-1004, Apr 2019, DOI: 10.1093/neuonc/noz067


▲左より山梨所長、表彰学生、中西副所長



平成30年度 学生表彰「最優秀論文賞」「優秀論文賞」
平成29年度 学生表彰「優秀論文賞」
平成28年度 学生表彰「優秀論文賞」
平成27年度 学生表彰「最優秀論文賞」「優秀論文賞」
平成26年度 学生表彰「最優秀論文賞」「優秀論文賞」
平成25年度 学生表彰「最優秀論文賞」「優秀論文賞」
平成24年度 学生表彰「優秀論文賞」
平成23年度 学生表彰「最優秀論文賞」「優秀論文賞」
平成22年度 学生表彰「最優秀論文賞」「優秀論文賞」
平成21年度 学生表彰「最優秀論文賞」



令和元年度 研究成果発表会

医科学研究所では例年、創立記念シンポジウムに合わせて、ポスターによる研究成果発表会を2日間にわたって開催しています。今年度は1日目に、発表者による2分間のフラッシュトーク、2日目には、ポスター会場にて説明・討論が行われました。その後、教員による投票により、Best Postersが選ばれました。令和元年度Best Postersに選ばれたのは、次の4名の方でした。

◆第1位
 Naoaki Mizuno (Division of Stem Cell Therapy)
Large fragment knock-in by zygote genome editing with adeno-associated viral vector and CRISPR/Cas9

◆第2位
 Hisashi Moriizumi (Division of Cell Signaling and Molecular Medicine)
Mathematical analysis of the spatio-temporal regulation of the SAPK pathway

 Nao Sankoda (Division of Stem Cell Pathology)
Mutually Dependent Patterning of Gata4 and Fgf10 Trigger Epithelial Specification to Create a Squamous-columnar Junction in the Stomach

◆第3位
 Jumpei Taguchi (Division of Stem Cell Pathology)
In vivo reprogramming leads to development of germ cell tumors via Dmrt1-mediated epigenetic reprogramming


▲山梨所長から表彰状を授与される受賞者




過去の研究成果発表会表彰者一覧