Home

Our Research

The Malaria Immunology Laboratory has been established in 2010 at the Immunology Research Center (IFReC), Osaka University and has been continuing its research and educational activities since 2019 at the Institute of Medical Science (IMSUT), the University of Tokyo.

Malaria is responsible for the deaths of over half-a-million people and infecting over 300 million people every year. The Plasmodium parasites responsible for the disease have a complex life cycle which involves both a vertebrate (mammal) and invertebrate (Anopheles mosquito) host. The parasites have evolved many strategies that allow them to evade the host immune system. On the other hand, the coordination of both innate and adaptive immune system is important against malaria (for a recent review Nature Reviews Immunology, 2018). To comprehensively understand host and parasite interactions and the pathology caused by malaria we use mouse malaria models and genetically-modified mice lacking a variety of genes and several imaging and immunological techniques (see Publications). Our ultimate goal is to develop new strategies such as new drugs or vaccines from our basic as well as translational research outcomes to protect, eradicate as well as ease the long term burden caused Plasmodium spp in the host.

Our studies have been supported by the Japan Science and Technology Agency (JST), The Japan Society for the Promotion of Science (JSPS, KAKENHI), the Japan Agency for Medical Research and Development (AMED) and the Bill and Melinda Gates Foundation.


研究概要

マラリア免疫学分野は2010年、大阪大学免疫学フロンティア研究センターに設立されました。2019年に東京大学医科学研究所に活動の拠点を移し、マラリア感染に対する免疫反応の研究と教育活動を続けています。

現在もマラリアは、世界で毎年約40万人もの命を奪い、感染者数は約3億人にも上るとされています。

マラリアを引き起こすマラリア原虫という寄生虫は複雑な生活環を持っており、脊椎動物(哺乳類)と無脊椎動物(ハマダラカ)双方の宿主に関与します。

マラリア原虫は宿主の免疫システムを回避するための多様な戦略を進化させてきました。一方で、マラリアに対して、自然免疫と獲得免疫の調整が重要であることが分かっています。(Nature Reviews Immunology, 2018)

マラリアによって引き起こされる、寄生虫と宿主の相互作用や病状を包括的に理解するため、我々はマウスマラリアモデル、多様な遺伝子改変マウス、イメージングと免疫学的手法を駆使しています。(Publications).

我々の最終的な目標は、基礎研究や橋渡し研究を通じて、人々をマラリアから守り、マラリアを根絶させること、長年苦しんできた感染者の負担を軽減させるための治療薬やワクチンなどの新しい戦略を開発することです。

我々の研究は、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)、日本学術振興(JSPS, 科学研究費補助金)、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)、ビル&メリンダ・ゲイツ財団の支援を受けています。