トップページ > 組織概要

組織概要

ご挨拶 ~TRを推進するプロジェクト病院としての医科研附属病院~

 小澤院長写真東京大学医科学研究所附属病院(IMSUT Hospital)は、我が国唯一の国立大学付置研究所附属病院で、最先端研究を臨床へ繋げる橋渡し研究(TR)や早期臨床試験を実施するプロジェクト病院として重要な役割を担っています。革新的医療技術の臨床開発を目指した拠点の一つとして、時代の要請に応じたTRを円滑に進められるように体制整備を進め、医科研病院のTR・治験センターは様々な専門スタッフを充実させてきています。
 TR支援部門としても、セルプロセッシング・輸血部/治療ベクター開発室/生物製剤検証室などが整備されています。  東京大学では、全学組織であるTR機構が全体の統括をしていますが、医科研病院は医学部附属病院と連携し、TR推進センター(TRAC)の一翼を担っています。
 また、医科研病院は全国共同利用型病院として、学外シーズも受け入れていることが特徴です。全ての大学病院がTRを実施できる体制を整備しているわけではありませんので、優れたプロジェクトの臨床開発を推進する場として、医科研病院が広く利用されることを期待しています。
 新しい方向性としては、がんと慢性疾患を主な対象とした遺伝子・細胞治療センター(CGCT: Center for Gene & Cell Therapy)を設置しました。欧米では遺伝子治療が復活しつつあり、実用化に向けた臨床開発が活発化しています。IMSUT-CGCTは我が国における遺伝子治療・細胞治療の拠点として、TRを推進していきます。

東京大学医科学研究所附属病院長
小澤敬也

沿革

 医科研病院では、トランスレーショナルリサーチをはじめとする臨床試験の助言、支援、管理を行う部署として、2001年に医療安全管理部を設立しました。医科研病院で実施される臨床試験が倫理的、科学的に妥当であるかを検討し、被験者の方々に安心して臨床試験に参加していただけるように試験の安全性を担保することが、医療安全管理部の使命です。現在では大半の大学病院に臨床試験部が設置されている状況ですが、2001年の時点ではこれは先進的なことでした。新規治療の開発を使命とする医科研病院ならではの部署であったと言えます。
 2002年からは、臨床試験以外の通常診療における医療事故対策や医療安全推進活動も、医療安全管理部の業務に加わりました。これは、病院が組織として医療事故の防止に取り組まねばならないという気運が全国的に高まったことを受けています。
 その後、医療安全管理部は、臨床試験を円滑に推進するための体制強化、機能拡充、人材育成を進め、2014年にTR・治験センターと名称を変更しました。シーズ育成能力を向上させ、より多くの基礎研究成果を臨床応用へとつなげられるように、今後も努めてまいります。

組織

東京大学のトランスレーショナルリサーチ推進体制
お問い合わせ

■電話
03-5449-5462

■FAX
03-6409-2413

■E-mail
dctsm@ims.u-tokyo.ac.jp

  • 東京大学医科学研究所附属病院
  • 東京大学医科学研究所
  • シーズ募集
  • 人材募集
  • 様式・手順書ダウンロード
  • リンク