English
Top

疾患プロテオミクスラボラトリー

施設長 山梨 裕司
ウェブサイト

疾患プロテオミクスラボラトリーウェブサイト 別ウィンドウで開く

アニュアルレポート

アニュアルレポート2019(PDF:994KB)

研究内容

タンパク質は複雑な生命現象の重要な担い手であり、がん、感染症等の病態の多くはタンパク質の機能異常が直接の原因となっています。当ラボラトリーでは、最先端の抗体工学、化合物スクリーニング、質量分析、電子顕微鏡技術を駆使し、疾患関連タンパク質が織り成す相互作用ネットワークに関して分子レベルでの物理化学・構造生物学的解析から細胞レベルでの情報科学・システム生物学的解析に至るまで、統合的なプロテオーム研究を推進しています。また、これらの先端解析技術を研究所内外の研究者に提供し、疾患プロテオミクス研究支援を幅広く展開しています。

所属研究者一覧

  • 津本 浩平 教授TSUMOTO Kohei

    mailtsumotoims.u-tokyo.ac.jp

    tel03-5449-5316

    教員情報 別ウィンドウで開く

  • 尾山 大明 准教授OYAMA Masaaki

    mailmoyamaims.u-tokyo.ac.jp

    tel03-5449-5469

    教員情報 別ウィンドウで開く

  • 相良 洋 特任助教SAGARA Hiroshi

    教員情報 別ウィンドウで開く