English
Top

システム疾患モデル研究センター

センター長    山田 泰広

遺伝子制御による細胞動態の総体としての生体システムにより、多種多様な細胞から構成される個体の恒常性が維持されています。このような生体システムの破綻ががん、感染症、免疫異常などの様々な疾患の原因となります。生体システムの理解には、細胞レベルでの遺伝子機能と個体レベルでの生命機能との相互関係の理解が必要となります。システム疾患モデルセンターでは、先進的な遺伝子改変動物を系統的に作製し、細胞での遺伝子機能が及ぼす個体生命機能への影響を解析することで、個体の恒常性維持に関わる生体システムの包括的理解を目指しています。さらに、生体システムの破綻による様々な疾患の発症メカニズムを明らかにします。最終的には、得られた知見をもとに、先進的な治療戦略の開発を目指します。
本センターは「ヒト疾患モデル研究センター」を改組したもので、医科学研究所の国際共同利用・共同研究拠点の一部として、国内外の研究者と緊密な協力関係を構築しながら、遺伝子改変マウスの作製や供給などの研究支援を行います。遺伝子改変動物の作製支援については先進モデル動物作製拠点ホームページをご覧ください。