重症免疫不全(SCID)ラット

トランスレーショナルリサーチ・再生医療を加速する

ゲノム編集技術を活用することで、マウスに限らない様々な動物種から「ヒト疾患モデル」を作り出すことが可能になり、特にラットに集まる期待は大きくなっています。これはヒトに近い遺伝子と臓器を備えながら、マウスよりサイズが遥かに大きく、薬理薬効、毒性試験などのデータが豊富にそろっているからです。そのなかでも免疫不全ラットは、がん研究、幹細胞研究、移植研究、創薬研究など医学・生命科学の研究に広く利用されるモデル動物になることが期待されます。

お知らせ

  • 2021.7.28-31*NEW* 第44回日本神経科学大会でポスター発表を行いました。
  • 2021.6.16-18  日本ゲノム編集学会 第6回大会でポスター発表を行いました。
  • 2021.6.10 Queensland University of TechnologyのDr. Lahrらの、免疫不全ラットを用いた研究論文がBoneに掲載されました。
  • 2021.5.19-22
  • 第68回 日本実験動物学会総会でポスター発表しました。
  • 2020.4.1 2020年度の実績を更新しました。
  • 2020.4.1 同意書が新しくなりました。最新の様式をお使いください。
  • 2020.3.10 京都大学医学部付属病院の大西弘恵先生らの、免疫不全ラットを用いた研究論文がStem Cell Researchに掲載されました。
  • 2020.12.2-4 第43回 日本分子生物学会年会にポスター発表しました。
  • 2020.4.1 分担機関が東京大学になりました。

提供系統

3種類の免疫不全系統を提供しています。これらのラットは専用のクリーンな環境で飼育されており、安心して実験にご利用いただけます。飼育方法や設備のことでわからないことがあれば、お気軽にご相談ください。

NBRP Rat No. 系統名 特性 遺伝子診断*
0883 F344-Il2rgem1Iexas X染色体のIl2rg遺伝子の5bp欠損により、重度複合免疫不全症(SCID)を発症するラット。SPF環境下ではほぼ正常に発育する。 (Target) Il2rg (Product Size) Wild Type : 292 bp, Mutant : 287 bp, (Primer) TTGCTGACTTCTATGGACCTTAAA, TTCATCTGGTCTGAACTGATAACTTAT
0894 F344-Rag2em1Iexas 第3染色体のRag2遺伝子の1bp挿入により、重度複合免疫不全症(SCID)と同様の表現形を示すラット。SPF環境下ではほぼ正常に発育する。 (Target) Rag2 (Product Size) Wilde type : 381bp, Mutant : 382bp, (Primer) GGGGAGAAGGTGTCTTACGG, AGGTGGGAGGTAGCAGGAAT
0895 F344-Il2rg/Rag2em1Iexas Il2rg遺伝子の5bp欠損およびRag2遺伝子の1bp挿入により、重度複合免疫不全症(SCID)を発症するラット。SPF環境下ではほぼ正常に発育する。性成熟はやや遅い。 NBRP Rat No.0883と0894の組み合わせで判別が可能。
*PCR、電気泳動、DNAシークエンシングで判別が可能。

▲ TOP

提供実績

2017年度より第4期NBRP-Ratが始まり、大阪大学より提供を開始しました。 2020年4月に東京大学へ移転した後も、引き続き提供を続けています。

年度 提供件数 提供機関数 提供頭数
2017年度 1 1 14
2018年度 15 6 54
2019年度 15 6 60
2020年度 20 7 107

▲ TOP

実用化例

論文リスト

A humanised rat model reveals ultrastructural differences between bone and mineralised tumour tissue. *NEW*
Lahr CA, Landgraf M, Wagner F, Cipitria A, Moreno-Jiménez I, Bas O, Schmutz B, Meinert C, Mashimo T, Miyasaka Y, Holzapfel BM, Shafiee A, McGovern JA, Hutmacher DW. Bone. 2021 May 20:116018. doi: 10.1016/j.bone.2021.116018. Online ahead of print.

In vivo regeneration of rat laryngeal cartilage with mesenchymal stem cells derived from human induced pluripotent stem cells via neural crest cells.
Yoshimatsu M, Ohnishi H, Zhao C, Hayashi Y, Kuwata F, Kaba S, Okuyama H, Kawai Y, Hiwatashi N, Kishimoto Y, Sakamoto T, Ikeya M, Omori K.Stem Cell Res. 2021 Apr;52:102233. doi: 10.1016/j.scr.2021.102233. Epub 2021 Feb 11.

Assembly and Function of a Bioengineered Human Liver for Transplantation Generated Solely from Induced Pluripotent Stem Cells.
Takeishi K, Collin de l'Hortet A, Wang Y, Handa K, Guzman-Lepe J, Matsubara K, Morita K, Jang S, Haep N, Florentino RM, Yuan F, Fukumitsu K, Tobita K, Sun W, Franks J, Delgado ER, Shapiro EM, Fraunhoffer NA, Duncan AW, Yagi H, Mashimo T, Fox IJ, Soto-Gutierrez A.
Cell Rep. 2020 Jun 2;31(9):107711

Zonisamide promotes survival of human-induced pluripotent stem cell-derived dopaminergic neurons in the striatum of female rats.
Miyawaki Y, Samata B, Kikuchi T, Nishimura K, Takahashi J.
J Neurosci Res. 2020 Aug;98(8):1575-1587

Intestinal immunity suppresses carrying capacity of rats for the model tapeworm, Hymenolepis diminuta.
Ohno T, Kai T, Miyasaka Y, Maruyama H, Ishih A, Kino H.
Parasitol Int. 2018 Aug;67(4):357-61.

Fail-safe therapy by gamma-ray irradiation against tumor formation by human induced pluripotent stem cell-derived neural progenitors.
Katsukawa M, Nakajima Y, Fukumoto A, Doi D, Takahashi J.
Stem Cells Dev. 2016 Jun 1;25(11):815-25.

Estradiol Facilitates Functional Integration of iPSC-Derived Dopaminergic Neurons into Striatal Neuronal Circuits via Activation of Integrin α5β1.
Nishimura K, Doi D, Samata B, Murayama S, Tahara T, Onoe H, Takahashi J.
Stem Cell Reports. 2016 Apr 12;6(4):511-24.

Generation of Scaffoldless Hyaline Cartilaginous Tissue from Human iPSCs.
Yamashita A, Morioka M, Yahara Y, Okada M, Kobayashi T, Kuriyama S, Matsuda S, and Tsumaki N.
Stem Cell Reports. 2015 Mar 10;4(3):404-18.

X-linked severe combined immunodeficiency (X-SCID) rats for xeno-transplantation and behavioral evaluation.
Samata B, Kikuchi T, Miyawaki Y, Morizane A, Mashimo T, Nakagawa M, Okita K, Takahashi J.
J Neurosci Methods. 2015 Mar 30;243:68-77.

Generation and characterization of severe combined immunodeficiency rats.
Mashimo T, Takizawa A, Kobayashi J, Kunihiro Y, Yoshimi K, Ishida S, Tanabe K, Yanagi A, Tachibana A, Hirose J, Yomoda J, Morimoto S, Kuramoto T, Voigt B, Watanabe T, Hiai H, Tateno C, Komatsu K, Serikawa T.
Cell Reports. 2012 Sep 27;2(3):685-94

Generation of knockout rats with X-linked severe combined immunodeficiency (X-SCID) using zinc-finger nucleases.
Mashimo T, Takizawa A, Voigt B, Yoshimi K, Hiai H, Kuramoto T, Serikawa T.
PLoS One. 2010 Jan 25;5(1):e8870.

▲ TOP

動物作製支援

新学術領域研究・先端モデル動物支援プラットフォームや東京大学医科学研究所先進モデル動物作製コアでは、新たな遺伝子改変ラットの作製支援を行っています。

詳細はこちらからご確認ください

▲ TOP