東京大学医科学研究所

  1. ホーム
  2. 大学院教育■大学院セミナー

大学院セミナー

2017年テーマ【幹細胞の医療応用】

医科学研究所では、毎年テーマを決めて大学院生を対象としたセミナーを開いている。各々の年の決定されたテーマに関して色々な視点から最先端の研究を展開しておられる方々に講師をお願いし、現在どのような研究が進められていて、どこまで明らかにされているかが幅広く理解できるように計画がたてられている。

場所:医科学研究所 2号館2階大講義室

順番 日時 講師名/ 所属/ 演題 担当
1 4/10(月)
13:30~15:15

西村 栄美

東京医科歯科大学 難治疾患研究所 幹細胞医学分野 教授

皮膚および毛包の幹細胞、疾患と応用について

中西 真
2 4/17(月)
13:30~15:15

西田 幸二

大阪大学大学院医学系研究科 脳神経感覚器外科学(眼科学) 教授

角膜再生医療~体性幹細胞からiPS細胞へ~

大津 真
3 4/24(月)
13:30~15:15

斎藤 通紀

京都大学医学研究科 機能微細形態学 教授

ヒト生殖細胞の試験管内誘導:霊長類を用いた発生生物学の基盤形成

大津 真
4 5/8(月)
13:30~15:15

伊藤 暢

東京大学分子細胞生物学研究所 発生・再生研究分野 准教授

肝臓の再生と、カン細胞

北村俊雄
5 5/15(月)
13:30~15:15

岩間 厚志

千葉大学大学院医学研究院 細胞分子医学 教授

ポリコーム群複合体の造血幹細胞と造血腫瘍における機能

北村俊雄
6 5/22(月)
13:30~15:15

渡辺 すみ子

東京大学医科学研究所 再生基礎医科学 特任教授

Human iPSを用いた網膜視細胞変性症の病態解析

7 5/29(月)
13:30~15:15

谷口 英樹

横浜市立大学大学院 医学研究科 臓器再生医学 教授

iPS細胞を用いたヒト肝臓の人為的再構成

大津 真
8 9/25(月)
13:30~15:15

大津 真

東京大学医科学研究所幹細胞プロシング分野/ステムセルバンク 准教授

造血幹細胞による細胞治療とiPS細胞を活用した病態解明・創薬研究

9 10/2(月)
13:30~15:15

髙橋 政代

理化学研究所 多細胞システム形成研究センター       プロジェクトリーダー

再生医療のリスクとベネフィット

大津 真
10 10/16(月)
13:30~15:15

西中村 隆一

熊本大学発生医学研究所 腎臓発生分野 教授

幹細胞から腎臓を創る

中西 真
11 10/23(月)
13:30~15:15

佐谷 秀行

慶應義塾大学医学部 先端医科学研究所 教授

Current status of cancer stem cell research(がん幹細胞研究の現状)

井元清哉
12 10/30(月)
13:30~15:15

岡野 栄之

慶應義塾大学医学部 生理学教室 教授

iPS細胞と遺伝子改変霊長類を用いた神経系の疾患研究

北村俊雄
13 11/6(月)
13:30~15:15

長澤 丘司

大阪大学大学院 生命機能研究科 / 医学系研究科 教授

造血幹細胞と造血を維持、調節する微小環境(ニッチ)

北村俊雄