RNA医科学トップ

スポンサー

当部門は株式会社リボミックと東京大学との共同研究契約によって2012年4月に設置されました。  

新着情報

2017/6/28

ホームページを更新しました。

2017/6/28

今清水特任講師が、7月19日(水)から開催の第19回日本RNA学会年会(富山)にて、RNAテクノロジーに関する最新の研究成果を講演します。

第19回日本RNA学会年会

2017/6/28

東京大学名誉教授中村先生が、7月7日(金)開催の千里ライフサイエンス振興財団「生命を司り、操る~ノンコーディングRNAの底知れぬちから~」(大阪)にて、AchondroplasiaのRNAアプタマーを用いた治療に関する最新の研究成果を講演します。

生命を司り、操る~ノンコーディングRNAの底知れぬちから~

2017/6/16

東京大学名誉教授中村先生が、構造活性フォーラム2017(東京)にて、RNAアプタマーの構造解析と創薬開発に関する講演しました。

構想活性フォーラム2017

2017/5/30

東京大学名誉教授中村先生が、RNA 2017(プラハ、チェコ)にて、RNAアプタマーに関する最新の研究成果を講演しました。

RNA 2017

2017/4/20

今清水特任講師が、国立遺伝学研究所(三島)にて、転写調節機構の統計的解釈に関する研究成果を講演しました。

The 1934th Biological Symposium

2017/4/11

東京大学名誉教授中村先生が、Aptamers 2017(オックスフォード、英国)にて、抗FGF2アプタマーに関する最新の研究成果を講演しました。

Aptamers 2017

2017/4/3

4月1日付でPark特任助教と天野学術支援専門職員が着任しました。

2016/11/25

今清水特任講師が、11月25日(金)から開催の第54回日本生物物理学会年会(筑波)にて、転写調節機構の統計的解釈に関する研究成果を発表しました。

第54回日本生物物理学会年会

2016/10/25

高橋特任准教授が、CBI学会2016(東京)にて、「細胞膜タンパク質を標的とした高効率なアプタマー創製法の開発」の講演を行いました。

CBI学会2016

2016-6-28

RNA 2016(京都)にて、mRNA品質管理に関する研究成果を発表しました。

RNA 2016

2016-6-24

Aptamers in Bordeauxにて、Cell SELEX法で取得したaptamerに関する研究成果を発表しました。

Aptamers in Bordeaux

2016-6-8

東京大学名誉教授中村先生がGordon Research Conference/ Fibroblast Growth Factors in Development & Disease(中国、香港)にて講演を行いました。

Gordon Research Conference/ Fibroblast Growth Factors in Development & Disease

2016-4-5

東京大学名誉教授中村先生がAptamers 2016(英国)にて講演を行いました。

Aptamers 2016

関連リンク

  • 東京大学
  • 医科学研究所
  • 株式会社リボミック