IMS logo 学生優秀論文賞・
創立記念ベストポスター賞表彰
   English / Japanese 医科学研究所ホームページ






東京大学医科学研究所学生表彰「優秀論文賞」について

医科学研究所では、本研究所で研究活動を行っている学生を対象として、活発な研究活動を奨励し意欲向上に資することを目的として、優れた研究活動の成果に対して表彰する論文賞を平成21年度に創設致しました。
所内各研究分野の分野(施設)長より推薦された適格者について、選考審査が行われます。


平成29年度 学生表彰「優秀論文賞」

平成29年度は下記の2名の方が表彰されました。

【学生優秀論文賞】
氏名:米澤 大志 (ヨネザワ タイシ)
分野名:先端医療研究センター 細胞療法分野
指導教員:合山 進 准教授
論文題名:" The ubiquitin ligase STUB1 regulates stability and activity of RUNX1 and RUNX1-RUNX1T1 "
掲載誌名等:Journal of Biological Chemistry, 28;292(30):12528-12541, DOI: 10.1074/jbc.M117.785675 (MAY 2017)

氏名:大杉 友之 (オオスギ トモユキ)
分野名:先端医療研究センター 臨床ゲノム腫瘍学分野
指導教員:古川 洋一 教授
論文題名:" Decreased expression of interferon-induced protein 2 (IFIT2) by Wnt/β-catenin signaling confers anti-apoptotic properties to colorectal cancer cells "
掲載誌名等:Oncotarget, 26;8(59):100176-100186, DOI: 10.18632/oncotarget.22122 (OCT 2017)


▲左より村上所長、表彰学生、武川副所長



平成28年度 学生表彰「優秀論文賞」
平成27年度 学生表彰「最優秀論文賞」「優秀論文賞」
平成26年度 学生表彰「最優秀論文賞」「優秀論文賞」
平成25年度 学生表彰「最優秀論文賞」「優秀論文賞」
平成24年度 学生表彰「優秀論文賞」
平成23年度 学生表彰「最優秀論文賞」「優秀論文賞」
平成22年度 学生表彰「最優秀論文賞」「優秀論文賞」
平成21年度 学生表彰「最優秀論文賞」



平成30年度 研究成果発表会

医科学研究所では例年、創立記念シンポジウムに合わせて、ポスターによる研究成果発表会を2日間にわたって開催しています。 今年度は1日目に、発表者による2分間のフラッシュトーク、2日目には、ポスター会場にて説明・討論が行われました。その後、教員による投票により、Best Postersが選ばれました。平成30年度Best Postersに選ばれたのは、次の3名の方でした。

◆第1位
 Takehiro Yamanaka (Division of Cancer Cell Biology)
Identification of metabolic properties and vulnerabilities in senescent cells

◆第2位
 Daichi Fujikawa (Division of Cell Signaling and Molecular Medicine)
Formation of stress granules suppresses apoptosis by sequestering proapoptotic proteins

◆第3位
 Kenji Ito (Division of Stem Cell Pathology)
Cell type-specific one-step in vivo sarcoma model unveiled cell-of-origin and its critical role in EWS/ATF1-induced sarcomas


▲村上所長と受賞学生




過去の研究成果発表会表彰者一覧