IMS logo 学生優秀論文賞・
創立記念ベストポスター賞表彰
   English / Japanese 医科学研究所ホームページ






東京大学医科学研究所学生表彰「優秀論文賞」について

医科学研究所では、本研究所で研究活動を行っている学生を対象として、活発な研究活動を奨励し意欲向上に資することを目的として、優れた研究活動の成果に対して表彰する論文賞を平成21年度に創設致しました。
所内各研究分野の分野(施設)長より推薦された適格者について、選考審査が行われます。


平成27年度 学生表彰「最優秀論文賞」「優秀論文賞」

平成27年度は下記の2名の方が表彰されました。

【学生最優秀論文賞】
氏名:横森 類 (ヨコモリ ルイ)
分野名:ヒトゲノム解析センター 機能解析イン・シリコ分野
指導教員:中井 謙太 教授
論文題名:" Genome-wide identification and characterization of transcription start sites and promoters in the tunicate Ciona intestinalis "
掲載誌名等:Genome Research, 26: 140-150, DOI: 10.1101/gr.184648.114 (JAN 2016)

【学生優秀論文賞】
氏名:村山 貴彦(ムラヤマ タカヒコ)
分野名:先端医療研究センター 分子療法分野
指導教員:東條 有伸 教授
論文題名:" Oncogenic Fusion Gene CD74-NRG1 Confers Cancer Stem Cell-like Properties in Lung Cancer through a IGF2 Autocrine/Paracrine Circuit "
掲載誌名等:Cancer Research, 76: 974-983, DOI: 10.1158/0008-5472.CAN-15-2135 (FEB 2016)


▲左より村上所長、表彰学生、武川副所長



平成26年度 学生表彰「最優秀論文賞」「優秀論文賞」
平成25年度 学生表彰「最優秀論文賞」「優秀論文賞」
平成24年度 学生表彰「優秀論文賞」
平成23年度 学生表彰「最優秀論文賞」「優秀論文賞」
平成22年度 学生表彰「最優秀論文賞」「優秀論文賞」
平成21年度 学生表彰「最優秀論文賞」



平成28年度 研究成果発表会

医科学研究所では例年、創立記念シンポジウムに合わせて、ポスターによる研究成果発表会を2日間にわたって開催しています。 今年度は1日目に、発表者による2分間のフラッシュトーク、2日目には、ポスター会場にて説明・討論が行われました。その後、教員による投票により、Best Postersが選ばれました。平成28年度Best Postersに選ばれたのは、次の3名の方でした。

◆第1位
 Yusuke Takagi(Division of Cell Signaling and Molecular Medicine)
Identification of a novel gene that is induced by hyperactivation of the ERK pathway

◆第2位
 Tadashi Maemura(Division of Virology)
Identification and functional analysis of lung-derived exosomal microRNA in influenza virus-infected mice

◆第3位
 Moe Matsushita(Division of Cell Signaling and Molecular Medicine)
Identification of a novel redox-sensor that mediates activation of stress-responsive MAPK pathways


▲所長から表彰状を授与される受賞者


▲受賞の喜びや研究室員への感謝を語る受賞者




過去の研究成果発表会表彰者一覧