研究実績

近年の発表論文

  1. Hegazy AM, Yamada D, Kobayashi M, Kohno S, Ueno M, Ali MA, Ohta K, Tadokoro Y, Ino Y, Todo T, Soga T, Takahashi C, Hirao A: Therapeutic strategy for targeting aggressive malignant gliomas by disrupting their energy balance. J Biol Chem. 291(41):21496-21509, 2016 (Epub 2016 Aug 12. doi: 10.1074/jbc.M116.734756).
  2. Fukuhara H, Ino Y, Todo T: Oncolytic virus therapy: A new era of cancer treatment at dawn. Cancer Sci 107 (10): 1373-1379, 2016 (doi: 10.1111/cas.13027).
  3. Koso H, Yi H, Sheridan P, Miyano S, Ino Y, Todo T, Watanabe S: Identification of RNA-binding protein LARP4B as a tumor suppressor in glioma. Cancer Res. 76(8):2254-2264, 2016 (Epub 2016 Mar 1. doi: 10.1158/0008-5472.CAN-15-2308).
  4. Fukuhara H and Todo T: New generation of oncolytic herpes virus. Current Cancer Therapy Reviews 11 (3): 163-177, 2015 (DOI: 10.2174/1573394712666160128201756).
  5. Tanaka S, Nakada M, Yamada D, Nakano I, Todo T, Ino Y, Hoshii T, Tadokoro Y, Ohta K, Ali MAE, Hayashi Y, Hamada JI, Hirao A: Strong therapeutic potential of γ-secretase inhibitor MRK003 for CD44-high and CD133-low glioblastoma initiating cells. J Neurooncol. 121(2):239-250,2015 (Epub 2014 Oct 8. doi: 10.1007/s11060-014-1630-z).
  6. Futamura G, Kawabata S, Siba H, Kuroiwa T, Suzuki M, Kondo N, Ono K, Tanaka M, Todo T, Miyatake S: A case of radiation-induced osteosarcoma treated effectively by boron neutron capture therapy. Radiat Oncol 9(1):237, 2014 (doi: 10.1186/s13014-014-0237-z.)
  7. Takai H, Masuda K, Hiraoka K, Echizen K, Koyama-Nasu R, Nasu-Nishimura Y, Ogawa H, Kozuka-Hata H, Oyama M, Todo T, Ino Y, Mukasa A, Saito N, Toyoshima C, Shirahige K, Akiyama T: 5hmC plays a critical role in glioblastomagenesis by recruiting the methylosome. Cell Reports 9(1): 48-60, 2014 (Epub 2014 Oct 2).
  8. Echizen K, Nakada M, Hayashi T, Sabit H, Furuta T, Nakai M, Koyama-Nasu R, Nishimura Y, Taniue K, Morishita Y, Hirano S, Terai K, Todo T, Ino Y, Mukasa A, Takayanagi S, Ohtani R, Saito N, Akiyama T. PCDH10 is required for the tumorigenicity of glioblastoma cells. Biochem Biophys Res Commun 444(1): 13-18, 2014 (Epub 2014 Jan 6).
  9. Koyama-Nasu R, Haruta R, Nasu-Nishimura Y, Taniue K, Katou Y, Shirahige K, Todo T, Ino Y, Mukasa A, Saito N, Matsui M, Takahashi R, Hoshino-Okubo A, Sugano H, Manabe E, Funato K, Akiyama T: The pleiotrophin-ALK axis is required for tumorigenicity of glioblastoma stem cells. Oncogene. 33(17):2236-2244, 2014 (Epub 2013 May 20. doi: 10.1038/onc.2013.168).
  10. Tanaka M, Tsuno NH, Fujii T, Todo T, Saito N, Takahashi K: Human umbilical vein endothelial cell vaccine therapy in patients with recurrent glioblastoma. Cancer Sci 104 (2): 200-205, 2013 (Epub 2012 Oct 27.).
  11. Koyama-Nasu R, Nasu-Nishimura Y, Todo T, Ino Y, Saito N, Aburatani H, Funato K, Echizen K, Sugano H, Haruta R, Matsui M, Takahashi R, Manabe E, Oda T, Akiyama T: The critical role of cyclin D2 in cell cycle progression and tumorigenicity of glioblastoma stem cells. Oncogene. 32(33):3840-3845, 2013 (Epub 2012 Sep 10. doi: 10.1038/onc.2012.399).
  12. Tsuji T, Nakamori M, Iwahashi M, Nakamura M, Ojima T, Iida T, Katsuda M, Hayata K, Ino Y, Todo T, Yamaue H: An armed oncolytic herpes simplex virus expressing thrombospondin-1 has an enhanced in vivo antitumor effect against human gastric cancer. Int J Cancer 132 (2): 485-494, 2013 (published online 2012 Jun 22.).
  13. Koga T, Maruyama K, Tanaka M, Ino Y, Saito N, Nakagawa K, Shibahara J, Todo T: Extended field stereotactic radiosurgery for recurrent glioblastoma. Cancer 118 (17): 4193-4200, 2012 (published online 16 DEC 2011).
  14. Watanabe A, Ogiwara H, Ehata S, Mukasa A, Ishikawa S, Maeda D, Ueki K, Ino Y, Todo T, Yamada Y, Fukayama M, Saito N, Miyazono K, Aburatani H: Homozygously deleted gene DACH1 regulates tumor-initiating activity of glioma cells. Proc Natl Acad Sci USA 108 (30): 12384-12389, 2011.
  15. Ogura M, Todo T, Tanaka M, Nannya Y, Ichikawa M, Nakamura F, Kurokawa M: Temozolomide may induce therapy-related acute lymphoblastic leukemia. Br J Haematol 154 (4): 663-665, 2011 (published online: 26 APR 2011).
  16. Ikushima H, Todo T, Ino Y, Takahashi M, Saito N, Miyazawa K, Miyazono K: Glioma-initiating cells retain their tumorigenicity through integration of the Sox axis and Oct4. J Biol Chem 286 (48): 41434-41441, 2011.
  17. Muraguchi T, Tanaka S, Tamase A, Nakada M, Nakamura H, Hoshii T, Ooshio T, Tadokoro Y, Naka K, Ino Y, Todo T, Kuratsu J, Saya H, Hamada J, Hirao A: NKX2.2 suppresses self-renewal of glioma-initiating cells by induction of oligodendroglial differentiation. Cancer Res 71 (3): 1135-1145, 2011.
  18. Todo T: Active immunotherapy: Oncolytic virus therapy using HSV-1. Adv Exp Med Biol: 178-186, 2012.
  19. Ino Y, Todo T: Clinical development of a third-generation oncolytic HSV-1 (G47∆) for malignant glioma. Gene Therapy and Regulation 5 (1): 101-111, 2010.
  20. Fukuhara H, Homma Y, Todo T: Oncolytic virus therapy for prostate cancer. Int J Urol 17(1): 20-30, 2010.
  21. 伊藤博崇、藤堂具紀:遺伝子組換え単純ヘルペスウイルスI型(G47Δ)を用いた悪性グリオーマのウイルス療法。遺伝子医学MOOK (in press).
  22. 田中実、岩井美和子、藤堂具紀:がんのウイルス療法。実験医学 34 (12): 2052-2055, 2016.
  23. 藤堂具紀:ウイルス療法の夜明け—がん治療の新時代到来。実験医学 34 (1): 2-7, 2016.
  24. 福原浩、藤堂具紀:遺伝子組換え単純ヘルペスウイルスI型—G47Δを用いた日本発ウイルス療法薬開発の挑戦。実験医学 34 (1): 8-12, 2016.
  25. 藤堂具紀:ウイルス療法を研究してみたい、というときの心得。実験医学 34 (1): 56-57, 2016.
  26. 田中実、藤堂具紀:ウイルス療法。In 三国信啓(編):脳神経外科診療プラクティス:グリオーマ治療のDecision Making。東京、文光堂、2016, pp.239-241.
  27. 田中実、藤堂具紀:ウイルス療法。日本臨牀74 (増刊号7「脳腫瘍学―基礎研究と臨床研究の進歩―」): 780-784, 2016.
  28. 岩井美和子、藤堂具紀:次世代がん治療用HSV-1の開発。遺伝子医学MOOK 30: 57-62, 2016.
  29. 伊藤博崇、藤堂具紀:悪性グリオーマに対するウイルス療法。遺伝子医学MOOK 30: 197-202, 2016.
  30. 田中実、藤堂具紀:G47Δを用いた悪性グリオーマのウイルス療法。脳神経外科ジャーナル 25 (12): 973-978, 2016.
  31. 内橋俊大、藤堂具紀:がんのウイルス療法。In 坂口志文、西川博嘉(編):がんと免疫。東京、南山堂、2015年10月, pp.168-175.
  32. 伊藤博崇、藤堂具紀:脳腫瘍とがんのウイルス療法。癌と化学療法 42 (6): 690-697, 2015.
  33. 藤堂具紀:ウイルス療法。In NPO法人先端医療をささえる会(編):免疫力徹底研究。東京、2015, pp.56-57.

メディア掲載・TV出演

  1. 『ニュートン別冊 くすりの科学知識 ―薬のしくみと、奥深き創薬の世界』(㈱ニュートンプレス、2017年12月5日)P. 70-71。「がんのウイルス療法の試験的治療が開始 遺伝子を改変したヘルペスウイルスを使ってがん細胞を破壊する」
  2. 『日本経済新聞 2017年9月25日』(日本経済新聞社)11面。「がん治療、ウイルス+αで 東大:肺、岡山大:大腸 免疫薬併用で効果向上 治療法の組み合わせカギ」
  3. 『日経バイオテクONLINE 2017年7月12日』(㈱日経BP)。「第一三共、癌治療用ウイルスG47Δが希少疾病用再生医療等製品に指定 東大医科研藤堂教授が開発」
  4. 『ラジオNIKKEI 杏林シンポジア 2017年6月5日20:25~20:40』(㈱日経ラジオ社)。「ウイルス療法(シリーズ 新しい日本のがん対策―予防・根治・共生に向けて― 第19回)」
  5. 『日経産業新聞 2017年5月15日』(日本経済新聞社)1面・3面。「がん治療・解体新書(1) 親玉をたたけ 頂上作戦」
  6. 『週刊エコノミスト 2016年12月6日号』(毎日新聞出版)。「特集:すごいバイオ薬」
  7. 『Medical Tribune 2016年11月4日』(㈱メディカルトリビューン)web版。「国産のがん治療用ウイルス、開発進む 第三世代遺伝子組み換えウイルスによる新たな治療法」
  8. 『DOCTOR’S MAGAZINE 2016年7月号 No. 201』(㈱メディカル・プリンシプル社)P.4~11。「ドクターの肖像199. がん治療薬開発のジャングルで“鉈(なた)”を揮(ふる)う革命児―奇才の脳神経外科医―」
  9. 『日経バイオテク2016年3月11日』(日経BP社)。「東大医科研藤堂教授、『G47Δはまず脳腫瘍での承認目指す』 組換えHSV-1用いるウイルス療法」
  10. 『岐阜新聞2015年10月5日』(岐阜新聞社)10面。「がん治療にウイルス活用 狙った細胞だけ破壊 実用化へ進む臨床試験」
  11. 『週刊朝日2015年8月28日号』(㈱朝日新聞出版)P.35~37。「がん第4の治療法 ウイルス療法最前線」
  12. 『日本経済新聞2015年8月9日』(日本経済新聞社)23面。「帰って来た遺伝子治療 リスク抑制、神経難病に効果」
  13. 『茨城新聞2015年8月6日』(茨城新聞社)11面。「ウイルスでがん治療 実用化へ臨床試験開始」
  14. 『神戸新聞2015年7月30日』(神戸新聞社)21面。「ウイルス改変 がんだけ破壊 新治療法実用化へ臨床試験 再発膠芽腫などで有効性検討」
  15. 『山陰中央新報2015年7月30日』(山陰中央新報社)9面。「がん治療にウイルス活用 狙った細胞だけ破壊 臨床試験、新たな段階へ」
  16. 『47NEWS 2015年7月28日』(株式会社全国新聞ネット)。「がん治療にウイルス活用 臨床試験、新段階へ 狙った細胞だけ破壊」
  17. 『長崎新聞2015年7月27日』(長崎新聞社)16面。「がん治療にウイルス活用 狙った細胞だけを破壊 初の臨床試験 新段階へ」
  18. 『新潟日報2015年7月27日』(新潟日報社)21面。「がん治療 ウイルス活用 遺伝子改変 有効性高く 国内初の臨床試験始まる」
  19. 『山梨日日新聞2015年7月27日』(山梨日日新聞社)11面。「がん治療ウイルス活用 実用化へ開発進む 細胞破壊、免疫を強化」
  20. 『信濃毎日新聞2015年7月24日』(信濃毎日新聞株式会社)15面。「がん治療にウイルス活用 実用化に向け国内初の臨床試験 癌細胞だけ破壊 安全性と効果を確認」
  21. 『秋田さきがけ2015年7月23日』(秋田魁新報社)7面。「治療最前線 実用化へ臨床着々 改変ウイルスでがん細胞を破壊」
  22. 『山陽新聞2015年7月21日夕刊』(山陽新聞社)4面。「がん治療にウイルス活用 遺伝子を改変して投与 正常細胞は破壊せず 医薬品承認へ治験開始」
  23. 『デーリー東北2015年7月20日』(デーリー東北新聞社)6面。「がん治療にウイルス活用 狙った細胞だけ破壊 実用化へ臨床試験始まる」
  24. 『日経バイオテク2015年4月27日号』(日経BP社)P.3-6「特集:正念場を迎えるウイルス療法 有効性高め局所治療脱せるか 全身性の抗腫瘍免疫誘導が鍵」
  25. 『日経バイオテクONLINE 2015年4月21日』(日経BP社)「医科研藤堂氏、IL12付加型G47Δのウイルス療法も今年度臨床入りへ」
  26. 『Newton 2015年3月号』(㈱ニュートンプレス)P.11。「がんのウイルス療法の試験的治療が開始 ―遺伝子を改変したヘルペスウイルスを使ってがん細胞を破壊する」
  27. 『日本経済新聞 2015年1月20日』(日本経済新聞社)14面。「ウイルスでがん退治」
  28. 『読売新聞2014年12月22日夕刊』(読売新聞社)12面。「脳のがん ウイルス療法 東大医科研が治験開始」」
  29. 『日本経済新聞2014年12月19日夕刊』(日本経済新聞社)12面。「ウイルスで脳腫瘍治療 東大が臨床試験、遺伝子改変し患部注射」
  30. 『朝日新聞2014年12月19日』(朝日新聞社)34面。「がん細胞 ウイルスで破壊 東大、脳腫瘍の治験開始」
  31. 『メディカル朝日 11月号(2014年11月1日発行)』(朝日新聞社)P. 10-13。「編集長インタビュー『ウイルス療法でがんをたたく』」
  32. 『AMPO.tv ~先進医療に挑む』(一般財団法人先進医療推進機構)2014年2月3日。「がん治療革命 ウイルス療法」
    http://www.ampo.jp/movies/vol30
  33. 『ラジオNIKKEI「医学講座」』2013年12月19日放送。「がんが不治の病でなくなる日を目指して」
  34. 『新「名医」の最新治療2014(週刊朝日MOOK)2013年12月10日号』(朝日新聞出版)P.42。「未来の治療 手術・抗がん剤・放射線と並ぶ新たな選択肢に がんのウイル ス療法―G47Δ 3年後の製品化を目指す」
  35. 『豊島新聞 2013年11月20日』(豊島新聞社)1面。「がんのウイルス療法 日本医学協会医療問題懇親会」
  36. 『日本経済新聞 2013年10月8日』(日本経済新聞社)14面。「鼻のがん、ウイルスを使って治療 東大が臨床研究を開始」
  37. 『読売新聞 2013年9月26日夕刊』(読売新聞社)9面。「鼻のがんの一種にウイルス療法」
  38. 『朝日新聞 2013年9月24日』(朝日新聞社)23面(“未来を創る”欄)。「万能なウイルス療法 研究」
  39. 『NHK Eテレ「サイエンスZERO」』2013年9月15日放送。「シリーズがん幹細胞(2) がん根絶も夢じゃない!がん幹細胞 最新攻略法」
    http://www.nhk.or.jp/zero/contents/dsp438.html
  40. 『NHK総合「あさイチ」』2013年9月11日放送。「驚き!がんのウイルス療法」
  41. 『週刊ポスト 2013年9月13日号』(小学館)P. 91。「“医心伝身(第354回)”:最新のがん治療として開発『遺伝子組み換えウイルス療法』」
  42. 『新潟日報(日刊) 2013年8月16日』(新潟日報社)20面。「がん細胞だけ破壊 ウイルス療法、実用化研究 患部に感染させ増殖 副作用も後遺症もなし」
  43. 『神戸新聞 2013年8月2日』(神戸新聞社)12面。「ウイルスでがん細胞破壊、最新の治療法 患部に感染させ増殖、東大病院で臨床研究進む」
  44. 『読売新聞 2013年7月11日夕刊』(読売新聞社)6面。「がんのウイルス療法がん細胞だけで増殖、破壊」
  45. 『京都新聞 2013年7月9日』(京都新聞社)19面。「がん細胞を直接破壊 研究進む『ウイルス療法』 正常細胞傷つけず、副作用なし」
  46. 『日本海新聞 2013年6月20日(日本海新聞社)15面。「がん細胞だけを破壊 ウイルス療法、実用化へ 日本で臨床研究進む」
  47. 『琉球新報 2013年6月18日』19面(琉球新報社)。「ウイルス療法 癌細胞だけ破壊」
  48. 『千葉日報(日刊) 2013年6月16日』(千葉日報社)6面。「がん細胞だけを破壊 ウイルス療法、実用化へ 日本で臨床研究進む」
  49. 『宮崎日日新聞 2013年6月14日』(宮崎日日新聞社)11面。「がん細胞だけ破壊、『ウイルス療法』研究進む、東大病院 副作用や後遺症なし」
  50. 『中国新聞(夕刊) 2013年6月10日』(中国新聞社)10面。「ウイルス療法 がん細胞破壊、副作用や後遺症なし 臨床研究 東京大病院で進む」
  51. 『神奈川新聞 2013年6月9日』(神奈川新聞社)12面。「ウイルス療法、実用化へ がん細胞だけを破壊 日本で臨床研究進む」
  52. 『PRESIDENT 2013年6月17日号』(プレジデント社)P.24-25。「遺伝子組み換え技術が可能にした最新治療法 ウイルス療法」
  53. 『NHKニュース 2013年5月19日』(日本放送協会)朝ニュース。「前立腺がんをウイルスで治療へ」
  54. 『読売新聞 2013年5月17日夕刊』(読売新聞社)14面。「がん細胞だけ狙い撃ち 東大病院臨床研究 ウイルスで前立腺治療」
  55. 『朝日新聞 2013年5月16日』(朝日新聞社)37面。「ウイルスで前立腺がん治療 東大病院3~4年以内に実用化へ」
  56. 『岐阜新聞 2013年4月20日』(岐阜新聞社)24面。「がん治療の成果発表 岐阜大で比較腫瘍学シンポ」
  57. 『文藝春秋オピニオン 2013年の論点100』(2012年11月14日。文春ムック)P.280-281。「ウイルス療法はがん治療の革命か」
  58. 『西日本新聞 2012年10月28日』(西日本新聞社)。「(“本と人”欄)『最新型ウイルスでがんを滅ぼす』新しい治療法を日本に」
  59. 『毎日新聞 2012年10月11日夕刊』(毎日新聞社)11面。「ウイルス療法の可能性 がん細胞だけ狙い撃ち」
  60. 『朝日新聞ウイークリー AERA 2012年10月8日号(vol.25 No.42)』(朝日新聞社)P.61-63。「世界最先端のウイルス療法、最短3年で『実用化』 がん殺す最強兵器G47Δ」
  61. 『日経メディカル Cancer Review 2012年9月20号』(日経メディカル開発)P. 6-9。「ウイルス療法」
  62. 『NHK Eテレ「サイエンスZERO」』「ウイルスでがん消滅!がん治療最前線」
    http://www.nhk.or.jp/zero/contents/dsp312.html
  63. 『47NEWS』2009年8月「東大、ウイルスで悪性脳腫瘍治療 がん細胞を死滅」
  64. 『薬事日報』2006年10月「『第3世代の癌「ウイルス療法』が進展‐抗腫瘍効果を増強」
    http://www.yakuji.co.jp/entry1327.html

書籍出版

  1. 2012年8月 文春新書 最新型ウイルスでがんを滅ぼす
    http://www.bunshun.co.jp/cgi-bin/book_db/book_detail.cgi?isbn=9784166608744
  2. 2011年8月 NHK出版 サイエンスZEROウイルスでがん消滅
    https://www.nhk-book.co.jp/shop/main.jsp?trxID=C5010101&webCode=00814952011

受賞

  1. 藤堂具紀:第3回イノベーター・オブ・ザ・イヤー 2016年11月