DIVISION OF NEURONAL NETWORK

真鍋研究室の概要

当研究室では、情動や記憶・学習などの高次脳機能の分子機構を解明するため、シナプスに局在する機能分子の役割に特に焦点を当てて研究を進めている。具体的には、神経系の情報伝達に関与する神経伝達物質受容体、シグナル伝達分子、細胞接着分子などをおもな研究対象としている。研究手法としては、電気生理学、生化学、分子生物学、神経行動学などの方法を駆使して、受容体機能やシナプス伝達、シナプス可塑性を解析し、これらが動物個体においてどのような役割を果たしているかを明らかにすることを目指している。さらに、これらの異常が精神神経疾患の発症にどのように関与するかを、モデルマウスなどを用いて解明することを試みている。


当研究室は東京大学大学院医学系研究科脳神経医学専攻に属し、大学院生を受け入れています。

新着情報