東京大学医科学研究所

  1. ホーム
  2. 最新研究成果■発表論文解説

発表論文解説

インフルエンザウイルスの遺伝の仕組みを解明

Nature Communications (1月4日オンライン版)
野田岳志1,2,3、村上晋1,4、中津寿実保1、今井博貴1、村本裕紀子2、神道慶子2、相良洋4、河岡義裕1,6
1東京大学医科学研究所ウイルス感染分野、2京都大学ウイルス・再生医科学研究所微細構造ウイルス学分野、3科学技術振興機構さきがけ、4東京大学大学院獣医学専攻獣医微生物学教室、5東京大学医科学研究所疾患プロテオミクスラボラトリ―、6米国ウィスコンシン大学
Importance of the 1+7 configuration of ribonucleoprotein complexes for influenza A virus genome packaging

河岡義裕教授(東京大学 医科学研究所)と野田岳志教授(京都大学 ウイルス・再生医科学研究所)らの研究グループは、インフルエンザウイルスが子孫ウイルスに遺伝情報を伝える仕組みを明らかにしました。
あらゆる生物において、子は親からゲノム(遺伝情報)を受け継ぎます。ウイルスも同じく、子孫ウイルスは親ウイルスからゲノムを受け継ぎます。インフルエンザウイルスは8本のRNAをゲノムとして持っていますが、8本に分かれたRNAがどのように子孫ウイルス粒子に伝えられるか、その仕組みの詳細は明らかにされていませんでした。
本研究グループは以前、子孫インフルエンザウイルス粒子の中のRNAの解析を行い、子孫ウイルスが"1+7"という特徴的な配置(中心の1本のRNAを7本のRNAが取り囲む配置)をとった8本のRNAを取り込むことを明らかにしました。今回はさらに、ウイルスRNAを1本欠き7本しかRNAを持たない変異子孫ウイルスにも、"1+7"配置にまとめられた8本のRNAが取り込まれることを明らかにしました。興味深いことに、8本目のRNAとして取り込まれたのはインフルエンザウイルスのRNAではなく、感染細胞のリボソー ムRNAでした。
今回の発見から、インフルエンザウイルスが子孫ウイルスにゲノムを伝えるとき、8本のRNAを"1+7"に集合させる過程が重要であることがわかりました。さらに、ウイルスのRNAが足りないときには、"1+7"配置にまとめるために感染細胞のRNAを奪う仕組みを持つことが明らかになりました。本成果は、ウイルスRNAの集合を標的とした新規抗インフルエンザ薬の開発に繋がることが期待されます。
本研究成果は、2018年1月4日(日本時間午後7時)に英国科学雑誌「Nature Communications」で公開されました。なお本研究は、東京大学、京都大学、米国ウィスコンシン大学が共同で行ったものです。本研究成果は、日本医療研究開発機構(AMED)新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業、AMED革新的先端研究開発支援事業、文部科学省新学術領域研究「ネオウイルス学:生命源流から超個体、そしてエコ・スフィアへ」「ウイルス感染現象における宿主細胞コンピテンシーの分子基盤」、科学技術振興機構さきがけ「ライフサイエンスの革新を目指した構造生命科学と先端的基盤技術」などの一環として得られました。