東京大学医科学研究所

  1. ホーム
  2. 最新研究成果■発表論文解説

発表論文解説

腸上皮オルガノイドの簡便で効率的な培養法を開発 ― 炎症性腸疾患の治療薬やワクチンの創製に向けて ―

Stem Cell Reports DOI番号:10.1016/j.stemcr.2017.11.004
Yu Takahashi1, 2, Shintaro Sato1, Yosuke Kurashima1, Tomohisa Yamamoto1, 2, Shiho Kurokawa1, Yoshikazu Yuki1, Naoki Takemura3, Satoshi Uematsu3, Chen-Yi Lai4, Makoto Otsu4, Hiroshi Matsuno5, Hideki Osawa5, Tsunekazu Mizushima5, Junichi Nishimura5, Mikio Hayashi2, Takayuki Yamaguchi2 & Hiroshi Kiyono1
1Division of Mucosal Immunology, Department of Microbiology and Immunology, Institute of Medical Science, The University of Tokyo, Tokyo 108-8639, Japan 2Japan Tobacco Inc., Central Pharmaceutical Research Institute, 1-1 Murasaki-cho, Takatsuki, Osaka 569-1125, Japan 3Division of Innate Immune Regulation, International Research and Development Center for Mucosal Vaccine, Institute of Medical Science, The University of Tokyo, Tokyo 108-8639, Japan 4Division of Stem Cell Processing, Center for Stem Cell Biology and Regenerative Medicine, Institute of Medical Science, University of Tokyo, Tokyo 108-8639, Japan 5Department of Gastroenterological Surgery, Graduate School of Medicine, Osaka University, Osaka 565-0871, Japan
A refined culture system for human induced pluripotent stem cell-derived intestinal epithelial organoids

2009年にマウス腸管上皮オルガノイドの培養技術が報告されて以来、腸管上皮細胞に関する研究は飛躍的に進んでいます。日本たばこ産業株式会社の高橋裕研究員、東京大学医科学研究所の佐藤慎太郎客員准教授(現所属:大阪大学微生物病研究所 粘膜ワクチンプロジェクト)、清野宏教授らの共同研究グループは、ヒトiPS細胞から分化させた腸管オルガノイドの樹立、培養に関する検討を行い、1) 安価で簡便な培養用培地の調製、2) 未分化iPS細胞からの高効率な分化誘導、3) 高効率な遺伝子導入法の確立、4) 固体ゲルを使用しない浮遊培養による増殖といった、オルガノイドの取り扱いを容易にするためのさまざまな方法を確立しました。本研究成果により、腸管オルガノイドを扱うためのコスト面や技術面におけるハードルを下げることが可能となり、今後、創薬や再生医療などの腸管オルガノイドを用いた応用研究がよりスムーズになることが期待されます。
本研究成果は、2017年12月7日正午(アメリカ東部時間)に米科学誌「Stem Cell Reports」にオンライン公開されます。