東京大学医科学研究所

  1. ホーム
  2. 最新研究成果■発表論文解説

発表論文解説

加齢に伴う造血幹細胞の増加と特異な機能変化を発見

Cell Stem Cell (米国東部夏時間2018年4月5日オンライン版)
Ryo Yamamoto1, 2, 3, Adam C. Wilkinson1, 2, Jun Ooehara3, Xun Lan2, 5, #, Chen-Yi Lai3, Yusuke Nakauchi3, Jonathan K. Pritchard2, 4, 5, Hiromitsu Nakauchi1, 2, 3
1Institute for Stem Cell Biology and Regenerative Medicine, Stanford University School of Medicine, Lorry I. Lokey Stem Cell Research Building, 265 Campus Drive, Stanford, CA, USA. 2Department of Genetics, Stanford University, Stanford, CA, USA. 3Division of Stem Cell Therapy, Center for Stem Cell Biology and Regeneration Medicine, Institute of Medical Science, University of Tokyo, Tokyo 108-8639, Japan 4Department of Biology, Stanford University, Stanford, CA, USA. 5Howard Hughes Medical Institute, Stanford University, Stanford, CA, USA. #Present affiliation, Tsinghua-Peking Center for Life Sciences, Tsinghua University Department of Basic Medical Sciences, School of Medicine, Tsinghua University, Beijing, China
Large-scale clonal analysis resolves aging of the mouse hematopoietic stem cell compartment

東京大学医科学研究所 幹細胞治療研究センター 幹細胞治療分野、スタンフォード大学医学 部幹細胞生物学・再生医療研究所の中内啓光教授、スタンフォード大学 山本玲らのグループ は、単一細胞レベルでの造血幹細胞の加齢による変化を明らかにした。造血幹細胞は加齢とと もに、リンパ球系への分化能力を失っていくが、自己複製能は比較的維持されている。長期の 観察では、その変化は可逆的であることが判明した。
本研究成果は、4月5日付の米国科学誌「Cell Stem Cell」のオンライン版に掲載される。