東京大学医科学研究所

  1. ホーム
  2. 最新研究成果■発表論文解説

発表論文解説

中国の患者から分離された高病原性H7N9 鳥インフルエンザウイルスの特性を解明

Cell Host & Microbe (10月19日オンライン版)
今井 正樹1, 渡邉 登喜子1, 木曽 真紀1, 中島 典子2, 山吉 誠也1, 岩附(堀本) 研子1, 八田 正人3, 山田 晋弥1, 伊藤 睦美1, 坂井(田川) 優子1, 白倉 雅之4, 高下 恵美4, 藤崎 誠一郎4, Ryan McBride5, Andrew J. Thompson5, 高橋 健太i2, 前村 忠1, 三竹 博道1, 千葉 志穂3, Gongxun Zhong3, Shufang Fan3, 大石 康平1, 安原 敦洋1, 高田 光輔1, 仲尾 朋美1, 福山 聡1, 山下 誠1, Tiago J. S. Lopes1,3, Gabriele Neumann3, 小田切 孝人4, 渡邉 真治4, Yuelong Shu6, James C. Paulson5, 長谷川 秀樹2, 河岡 義裕1,3
1.東京大学医科学研究所・ウイルス感染分野、2.国立感染症研究所・感染病理部、3.米国ウィスコンシン大学、4.国立感染症研究所・インフルエンザウイルス研究センター、5.米国スクリプス研究所、6.中国疾病管理予防センター
A highly pathogenic avian H7N9 influenza virus isolated from a human is lethal in some ferrets infected via respiratory droplets

東京大学医科学研究所感染・免疫部門ウイルス感染分野の河岡義裕教授らの研究グループは、中国で発生した高病原性H7N9 鳥インフルエンザウイルスの性状を明らかにしました。
2013 年に中国で低病原性H7N9 鳥インフルエンザウイルスのヒト感染例が確認されて以来、現在までに1,500 名を超える感染者が報告されています。2017 年2 月、世界保健機関(WHO)は中国において、高病原性H7N9 鳥インフルエンザウイルスの感染者が2 名発生したと発表しました。家禽に対して致死的な全身感染を引き起こす高病原性鳥ウイルスは、低病原性鳥ウイルスと比べて哺乳類に対する病原性も高いことが知られています。しかし、今回の高病原性H7N9 鳥ウイルスが哺乳類に対してどのような病原性を持っているのか、また哺乳類から哺乳類に伝播する能力を持っているのかは明らかにされていませんでした。高病原性H7N9 鳥ウイルスの性状解明は、今後のインフルエンザ対策を遂行する上で、緊急に取り組まなければならない課題となっています。
本研究グループは今回、中国の患者から分離された高病原性H7N9 鳥ウイルスに関する性状解析を行いました。その結果、高病原性H7N9 鳥ウイルスは、哺乳類で効率よく増殖できること、フェレットの間で飛沫感染する能力を持つこと、フェレットに対して致死的な感染を引き起こすことが分かりました。さらに、このウイルスは伝播によって感染したフェレットを死に至らしめることも分かりました。すなわち、この結果は体内に入ったウイルスが少量であってもフェレットは重症化して死に至ることを示しています。また、高病原性H7N9 鳥ウイルスは臨床現場で用いられている抗インフルエンザ薬に対する感受性が低いことも動物実験で明らかとなりました。従って、高病原性H7N9 鳥ウイルスによる世界的大流行(パンデミック)が起これば、甚大な健康被害をもたらす可能性が高いと予想されます。
本研究成果は、今後のインフルエンザ・パンデミック対策計画を策定、実施する上で、重要な情報となります。
本研究成果は、2017 年10 月19 日(米国東部時間 午後12 時)、米国科学雑誌「Cell Host & Microbe」のオンライン速報版で公開されます。
なお本研究は、東京大学、国立感染症研究所、米国ウィスコンシン大学、米国スクリプス研究所が共同で行ったものです。本研究成果は、日本医療研究開発機構(AMED)新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業、文部科学省新学術領域研究などの一環として得られました。