2005年度公開セミナー

 

医科学研究所 細胞療法/造血因子探索

 

 

このセミナーは、研究に興味がある学生、医学生、大学院生などに公開しています。当研究部のスタッフが各々の業績を中心に留学経験なども交えて分かり易く話をして、活発な議論をすることを趣旨としています。興味のある人は気軽に参加して下さい。木曜日の夜、ゆっくり楽しくdiscussionしませんか。軽食用意してあります。

 

日時:木曜日     午後7時−7時30分      学術ビデオ

午後7時30分−           セミナー

場所:東京大学医科学研究所アムジェン棟2階大会議室あるいは小会議室

アムジェン棟の入り口が閉鎖している場合、細胞療法(03-5449-5397)に連絡して下さい。

スタッフが解錠に参ります。

(6月23日と30日の日程が交替となっております。ご注意下さいませ。)

5月26日         ビデオ :生命を支える血液幹細胞 

               セミナー:「造血幹細胞」北村俊雄(教授)

「研究における便利さと創造性の喪失」おまけ

 

6月2日            ビデオ: 幹細胞研究が導く再生医学(21世紀の先端医療をめざして)

セミナー:「ヒトES細胞から血液を造る」辻浩一郎(助教授)

 

6月9日            ビデオ :造血の起源を求めて(臍帯血移植の可能性)

セミナー:「留学、そして新しいパラダイムの発見」  北村俊雄 

サイトカインレセプターの最初の共有サブユニットをみつけるまで

 

6月16日         ビデオ  :白血球、その増殖・活性化因子G-CSFを求めて

セミナー:「血球分化とサイトカインシグナル」  中島秀明(特任助教授)

レチノイン酸、骨髄間質細胞との不思議な縁

 

6月23日         ビデオ  :白血病細胞

(30日と交替)   セミナー:「アレルギーとマスト細胞」 北浦次郎(助手)

初めての実験はサンジエゴで

 

6月30日         ビデオ  :アポトーシス(細胞の死から生命を考える)

(23日と交替)   セミナー:「遺伝子クローニングの基礎:発現クローニングとは?」 

北村俊雄 臨床か基礎か、米国でいた頃の話

 

 

7月7日            ビデオ  :骨髄の世界(造血幹細胞のすみかを探る)

セミナー:「研究部の最近のプロジェクト」  北村俊雄 

レトロウイルスベクターを利用した発現クローニング法を中心として

 

以上の7回を予定しています。お問い合わせなどは北村(kitamura@ims.u-tokyo.ac.jp)まで気軽にどうぞ。

 

 

研究室紹介  業績  メンバー紹介  募集    トップページ