menu

研究概要

遺伝子の塩基配列変化を伴わない、DNAメチル化に代表される塩基配列の化学修飾様式(エピジェネティックス)は、私たち哺乳類の細胞における分化、細胞アイデンティティーの維持に重要な役割を果たしています。エピジェネティックスによる遺伝子発現調節機構(エピゲノム制御)はiPS細胞樹立に代表されるような細胞運命転換や細胞の老化、さらには再生過程にも中心的な役割を果たすことが示されつつあります。我々は、マウス発生工学およびiPS細胞技術を駆使して、一つの受精卵から始まる細胞の分化から、多細胞からなる個体レベルでの恒常性維持、細胞老化にいたるまで、様々な生命現象におけるエピゲノム制御の理解を目指しています。
一方で、がん細胞において、エピゲノム制御の異常が頻繁に観察され、エピゲノム制御の変化が発がん過程にも関与していることが明らかになりつつあります。我々は、遺伝子配列異常を背景とするがん細胞において、遺伝子配列異常とは独立した真の「エピゲノム制御異常」の解明を目指しています。例えば、iPS細胞技術を用いて、がん細胞のエピゲノム制御状態を積極的に変化させることで、遺伝子配列異常とエピゲノム制御状態との解離をもたらすことにより、がん細胞の生物学的特徴がどのように変化するのかを検討し、がん細胞におけるエピジェネティック異常の意義を明らかにしたいと考えています。さらに、「細胞脱分化」に関わるエピゲノム制御と発がんとの関連を明らかにします。真の「エピゲノム制御異常」とその意義を解明することにより、新たな”エピジェネティックがん治療”開発を目指しています。

 

 

ページトップ