東京大学医科学研究所 先端医療研究センター 臓器細胞工学分野・附属病院外科 Department of Surgery and Bioengineering
トップページ
先端医療研究センター 臓器細胞工学分野
附属病院外科
リンク集
お問い合わせ
大学院生募集
医員・研修医募集
医学生の見学応募
臓器細胞工学分野を語る
大学院生募集
目標
2010年代に入って、免疫療法と腫瘍溶解性ウイルス療法は、がんに対する有効な治療法として日本や米国の政府により承認されました。この分野における基礎研究の成果を臨床に直結し得る時代が到来したのです。臓器細胞工学分野では、がんに対する免疫療法・ウイルス療法・遺伝子治療・抗体療法について、臨床応用を目指した基礎研究を進めています。
研究手法(大原則)
私たちは「Goal oriented basic research」、すなわち、常にGoal(有効な治療法の開発)を見据え、根本的問題解決を目指した基礎研究を行うことを大原則としています。臨床現場を知る基礎研究者ならではの視点から新規治療法を開発することを使命と考えており、大学院生にもこの考え方を共有してもらえるような指導を心がけています。
具体的プロジェクト例
がんに対する免疫療法および遺伝子治療の研究開発
 (1)がん細胞による免疫抑制機構とその阻害法
 (2)がん標的化改変ヘルペスウイルスを用いた腫瘍溶解性ウイルス療法
 (3)樹状細胞機能の解析と応用
 (4)がん特異的抗体療法の開発
田原教授「臓器細胞工学分野」を語る
お問い合わせ

外科・臓器細胞工学分野研究室
E-mail:surgery@ims.u-tokyo.ac.jp
ページの先頭へ
Copyright Department of Surgery and Bioengineering.
more