〒108-8639
東京都港区白金台4-6-1
TEL: 03-6409-2163
FAX: 03-6409-2391
E-mail: suematsu@
ims.u-tokyo.ac.jp

ご挨拶

腸管は、食餌性抗原や常在菌に対して免疫寛容を誘導する一方で、侵入してくる病原体に対しては適切に免疫応答を誘導し、その排除を行います。腸管粘膜に存在している樹状細胞やマクロファージといった自然免疫細胞は、非常にユニークな特性を持っており、Th17細胞、制御性T細胞、IgA産生B細胞の誘導など腸管に特徴的な獲得免疫を惹起します。

当研究室では、腸管粘膜に存在する個々の自然免疫細胞の機能を丹念に明らかにし、活性化と寛容の絶妙なバランスをとる腸管免疫の全貌に迫りたいと考えています。

自然免疫は免疫応答の「入り口」であり、そこをコントロールすることによって免疫全体を制御できると思われます。腸管の自然免疫細胞を標的として、難治性の炎症疾患や、花粉症などのアレルギーに対する免疫抑制療法、逆に安全かつ強力に免疫を活性化することによって、より有効な癌治療、ワクチンの開発を行いたいと考えています。

当研究室では、東京大学大学院医学系研究科に属し、修士課程・博士課程の学生を受け入れています。大学院生には、粘膜免疫解析における基本手技の習熟、実験デザイン、論文作製と段階的に指導を行う様にしています。その後、独自にテーマを設定してプロジェクトを完遂してもらい、独立して研究を遂行できるプロフェッショナルな粘膜免疫研究者の育成に努めたいと思っています。

将来、免疫の活性化、寛容の誘導を自由に行うことを夢見て研究を行っています。興味のある方は、是非研究室に訪れて下さい。

2013年4月 植松 智

略歴

1997年 3月 大阪市立大学医学部卒業
1997年 5月 大阪市立大学医学部附属病院第2内科研修医(森井浩世教授)
2000年 4月 大阪大学大学院医学系研究科博士課程入学(審良静男教授研究室)
2003年 4月 日本学術振興会特別研究員(DC2)
2004年 3月 大阪大学大学院医学研究科博士課程修了、医学博士
2004年 4月 大阪大学微生物病研究所癌抑制遺伝子研究分野・助手(審良静男教授研究室)
2005年 4月 大阪大学微生物病研究所自然免疫学分野・助教(名称変更)
2007年11月 大阪大学免疫学フロンティア研究センター自然免疫学教室・助教(兼任)
2009年11月 大阪大学免疫学フロンティア研究センター自然免疫学教室・特任准教授
2012年 6月 東京大学医科学研究所国際粘膜ワクチン開発研究センター自然免疫制御分野・特任教授 
2014年 6月 千葉大学大学院医学研究院・医学部・教授 現在に至る

ページトップへ