研究倫理支援室の紹介 医科研の倫理体制 医科研の研究倫理に関する方針 医科研倫理審査委員会 ヒトゲノム倫理審査委員会 医科研における研究 患者さんの試料等を用いる研究 参考指針 リンク 問い合わせ先 English

医科学研究所附属病院を受診された患者さんの試料等を研究に活用させていただく仕組みについて
 
 医科学研究所附属病院は、最先端の医科学研究成果を患者さんの診療に還元すること、また患者さんの診療から学んだことを次の医科学研究の発展へと有機的につなげることを目的としています。

 そのため、医科学研究所附属病院を受診された患者さんには、診療開始後の適切な時期に、検査の目的で採取された試料等の残余または少し多めに頂いた試料等を、医科学研究所で実施される様々な研究に使用してよいかどうか、お尋ねすることがあります。もしご同意いただいた場合、将来、具体的な研究計画が立案されるごとに、医科学研究所の倫理審査委員会またはヒトゲノム倫理審査委員会の承認を得た上で、試料等を研究に使用させていただきます。(そのつどご連絡を差し上げることはありません)

 また、上のようなご説明を患者さんにすることを原則といたしますが、その機会が得られないまま、検査の目的で採取された試料等の残余を研究所附属病院で保管している場合もあります。これらの試料等のうち、ある特定の研究計画に使わせていただく必要性が高く、かつ、非来院や転居などの理由により、試料等の研究利用について、患者さんご本人等のご意向を伺うことが困難な場合には政府によって示された指針に基づき、医科学研究所の倫理審査委員会またはヒトゲノム倫理審査委員会の承認を得た上で、研究に使用させていただく場合があります。このような場合、審査委員会では、その研究計画の科学的な意義や倫理的な妥当性はもちろんのこと、試料等を利用することによる患者さんご本人やご家族に与える影響の有無、直接ご意向を伺う方策の種類と実行可能性、研究計画を広く社会に知っていただくための方策などを総合的に判断して、慎重に使用の可否を検討いたします。

 上に述べたような手続きによって試料等を利用させていただいている研究はこちらです。(一覧表)


*「試料等」とは:血液、組織、細胞、体液、排泄物及びこれらから抽出したDNA等の人の体の一部並びに被験者の診療情報(死者に係わるものも含む。)をいう。
(厚生労働省「臨床研究に関する倫理指針」)



進行中の研究でも、「私の試料を使わないで」というお気持ちに沿って、試料等を廃棄することができます

 
 研究計画によっては、拒否の意思を表明して頂くことにより、特定の患者さんの試料等を廃棄したり、データを削除したりすることが可能です。研究協力に拒否をされても、患者さんの診療にはまったく影響はありませんので、ご安心ください。ただし、個人情報を保護する目的で名簿を廃棄するなどの方法により、どの方の試料等かわからなくしてしまった場合(連結不可能匿名化といいます)や、解析終了後または学会・論文での発表後には、特定の患者さんの試料等を廃棄したり、データを削除したりできないことがあります。

 ご自身の試料等が医科学研究所での研究に利用されることについて拒否を希望される方は、お手数ですが、研究倫理支援室にご相談ください。

 なお、医科学研究所の倫理審査委員会の運用や人の試料等の取扱いに関する詳しいルールにご関心がある方は、内規や手順書をご覧ください。

 

承認番号 課題名 主任研究者名
18-11-1003
(変更)
ヒト免疫不全ウイルス感染症における包括的な疫学調査
(旧課題名:感染症に関する包括的な疫学調査)
岩本愛吉
21-24-0804 細胞内活性化シグナルの非侵襲的検出法の応用研究 小林誠一郎
20-60-210403
(変更)
重症筋無力症に関連する自己抗体の探索 樋口理
20-31-1120 HIV感染者におけるHIVに関する研究 岩本愛吉
20-47-210521 HIV感染症における免疫応答の研究 岩本愛吉
21-59-0212 倍数希釈法および自動化法による梅毒血清反応検査についての検討 岩本愛吉