東京大学医科学研究所

試料・情報を用いた研究に関する情報公開(令和元年度)

政府の倫理指針は、一定の場合、研究対象となる方やその代理人からインフォームド・コンセントを受けずに試料や情報を研究に利用することを認めています。
東京大学医科学研究所では、以下の研究において、このような方法で試料・情報を利用させていただいております。
試料・情報を研究に利用して欲しくないとお考えの場合、研究対象から除外できる場合がありますので、ご遠慮なく各研究窓口にお問い合わせ下さい。

平成30年度研究課題
平成29年度研究課題

承認番号主任研究者研究課題名
30-93-B20190402堤 武也感染症を合併した患者における微生物の解析
30-94-B20190402堤 武也肝疾患患者の病態や予後に関与するゲノム変異の解析
30-101-A0320釣田 義一郎一般社団法人National Clinical Database(日本臨床データベース機構)への手術・治療情報登録に基づく研究
30-106-B20190507古賀 道子HIV感染者もしくはHBV感染者におけるテノフォビルアラフェナミド(TAF)治療薬に関する研究
30-108-B20190402松原 康朗成人ランゲルハンス細胞組織球症の消化管病変に関する研究
30-109-B20190402古賀 道子HIV/肝炎ウイルス重複感染者およびHIV単独感染者の臨床学的相違
30-110-B20190404古賀 道子HIV関連神経認知障害に関する研究
30-111-B20190423磯部 優理成人臍帯血移植後のリンパ増殖性疾患の特徴
2019-1-0426松原 康朗HIV感染者の栄養食事指導におけるアプローチに関する検討
2019-22-0701安達 英輔抗HIV薬の処方状況や検査データの解析