東京大学医科学研究所

  1. ホーム
  2. 最新研究成果■発表論文解説

発表論文解説

ピロリ菌感染による胃がん発症の鍵となる小さなRNAの発見

Nature Communications 5, Article number: 4497 doi:10.1038/ncomms5497
氣駕 恒太朗1,2*、三室 仁美1*、鈴木 仁人3、牛久 綾4、小林 泰良1、真田 貴人1、金 玟秀5、小川 道永3、岩崎 由香2、嘉陽 啓之2、湯澤 陽子2、八代 正和6、深山 正久4、深尾 太郎2、笹川 千尋3,5,7,8
1 Division of Bacteriology, Department of Infectious Diseases Control, International Research Center for Infectious Diseases, The Institute of Medical Science, The University of Tokyo, 4-6-1 Shirokanedai, Minato-ku, Tokyo 108-8639, Japan. 2 Max-Planck-Institute of Immunobiology and Epigenetics, Stübeweg 51, 79108 Freiburg, Germany. 3 Department of Microbiology and Immunology, Institute of Medical Science, The University of Tokyo, 4-6-1 Shirokanedai, Minato-ku, Tokyo 108-8639, Japan. 4 Department of Pathology, Graduate School of Medicine, The University of Tokyo, Hongo 7-3-1, Bunkyo-ku, Tokyo 113-0033, Japan. 5 Division of Bacterial Infection Biology, Institute of Medical Science, The University of Tokyo, Tokyo 108-8639, Japan. 6 Department of Surgical Oncology, Osaka City University Graduate School of Medicine, 1-4-3, Asahi-machi, Abeno-ku, Osaka 545-8585, Japan. 7 Nippon Institute for Biological Science, 9-2221-1 Shinmachi, Ome, Tokyo 198-0024, Japan. 8 Medical Mycology Research Center, Chiba University, Chiba 260-8673, Japan. * These authors contributed equally to this work.
Epigenetic silencing of miR-210 increases the proliferation of gastric epithelium during chronic Helicobacter pylori infection

ヒトの胃に慢性的に定着する細菌であるヘリコバクターピロリ(ピロリ菌)は、胃に炎症を起こし、胃炎、胃潰瘍、胃がんの原因となることが知られています。これまでの臨床的な知見から、ピロリ菌と胃がん発症との関係が明らかになってはいますが、ピロリ菌の感染が、がん化に重要と考えられている異常な細胞増殖をどのように誘導するのか、その詳細な機構はほとんど分かっていませんでした。
東京大学医科学研究所の氣駕恒太朗特任研究員、三室仁美准教授と千葉大学真菌医学研究センターの笹川千尋特任教授らの研究グループは、マイクロRNAという小さな核酸物質の一種「microRNA-210」の発現が、ピロリ菌の感染した胃で顕著に抑制されていることを発見しました。これは、ピロリ菌の慢性感染によって、ゲノムDNA にメチル化修飾が起きるためであることを明らかにしました。さらに、ピロリ菌の感染によって、microRNA-210 の発現が抑制されることで、STMN1(Stathmin 1)というがん遺伝子の発現が上がり、胃の細胞が異常に増殖することを示しました(図1および図2)。
胃の病態形成に関わる理解を大きく深めた本研究成果は、ピロリ菌による胃がん発症の原因解明に役立つと期待されます。