東京大学医科学研究所

  1. ホーム
  2. 最新研究成果■発表論文解説

発表論文解説

ヒトの細胞を含むキメラ動物を使った研究に関する意識調査

Cell Stem Cell DOI: http://dx.doi.org/10.1016/j.stem.2016.07.011
井上悠輔1 標葉隆馬2、八代嘉美3
1.東京大学医科学研究所・公共政策研究分野、2.成城大学・文芸学部、3.京都大学・iPS細胞研究所
Current public support for human-animal chimera research in Japan is limited despite high levels of scientific approval

八代嘉美 准教授(京都大学iPS細胞研究所)を代表とする、井上悠輔 准教授(東京大学医科学研究所)、標葉隆馬 専任講師(成城大学文芸学部)らの研究グループが、ヒトの細胞を含むキメラ動物を使った研究に関して、一般の方と研究者を対象にアンケート調査を行い、研究者と一般の方との間に許容度の差がある事を明らかにしました。
 動物とヒトの細胞が混ざった動物、いわゆるキメラ動物を使った研究は、再生医療用のヒトの臓器を動物の体内で準備したり、ヒトの臓器の出来方を調べたり、様々な科学研究に役立つことが期待されています。日本ではヒトに関するクローン技術等の規制に関する法律によりそうしたキメラ動物を作ることは認められておらず、人又は動物の胎内に移植することを禁止したうえで、基礎研究に限って受精から14日までの胚であれば研究に利用しても良いとされていました。技術の進歩に伴って、もう少し進んだ研究まで認める方向で、ガイドラインの見直しが進められています。
 こうした状況で、上記三氏は、一般の方々がキメラ動物を使った研究についてどのように考えているのか、研究者と比較するアンケート調査を行いました。すると、研究者と比較して一般の方々のキメラ動物研究に対する許容度は低く、また過去3年間を通じて変化していないことが明らかになりました。
 この様な一般の方々と研究者との認識の違いを埋めるためには、過度な期待をかきたてたり不安を煽ったりするようなことがおこらないよう、研究者が継続的な情報発信や社会との議論を行いながら、最新の研究状況について一般市民と共有し、理解を得るとともに一般の考えを理解することが必要です。  この研究成果は2016年8月4日(米国東部時間)に「Cell Stem Cell」で公開されました。