東京大学医科学研究所

  1. ホーム
  2. 最新研究成果■発表論文解説

発表論文解説

今井 正樹1, 渡邉 登喜子1, 木曽 真紀1, 中島 典子2, 山吉 誠也1, 岩附(堀本) 研子1, 八田 正人3, 山田 晋弥1, 伊藤 睦美1, 坂井(田川) 優子1, 白倉 雅之4, 高下 恵美4, 藤崎 誠一郎4, Ryan McBride5, Andrew J. Thompson5, 高橋 健太i2, 前村 忠1, 三竹 博道1, 千葉 志穂3, Gongxun Zhong3, Shufang Fan3, 大石 康平1, 安原 敦洋1, 高田 光輔1, 仲尾 朋美1, 福山 聡1, 山下 誠1, Tiago J. S. Lopes1,3, Gabriele Neumann3, 小田切 孝人4, 渡邉 真治4, Yuelong Shu6, James C. Paulson5, 長谷川 秀樹2, 河岡 義裕1,3
1.東京大学医科学研究所・ウイルス感染分野、2.国立感染症研究所・感染病理部、3.米国ウィスコンシン大学、4.国立感染症研究所・インフルエンザウイルス研究センター、5.米国スクリプス研究所、6.中国疾病管理予防センター

ヘルペス脳炎の発症機構を解明 —ヘルペス脳炎の新規治療法の開発に期待—

Journal of Clinical Investigation(9月11日オンライン掲載予定)DOI番号:10.1172/JCI92931
小栁直人1,2、今井孝彦1,2、神道慶子1,2、佐藤あゆ子3、藤井渉4、一戸猛志2、武村直紀5,6、角田茂7、植松智5,6、清野宏3,5,8、丸鶴雄平1,2、有井潤1,2、加藤哲久1,2、川口 寧1,2
1. 東京大学医科学研究所・感染・免疫部門・ウイルス病態制御分野、2. 東京大学医科学研究所・感染症国際研究センター・感染制御系、3. 東京大学医科学研究所・感染・免疫部門・炎症免疫学分野、4. 東京大学農学部・応用遺伝学、5. 東京大学医科学研究所・国際粘膜ワクチン開発研究センター・自然免疫制御分野、6. 千葉大学医学部・粘膜免疫学、7.東京大学農学部・実験動物学、8.CREST・JST

精子運動能の制御に関わる分子を同定

Proc Natl Acad Sci USA 2017 Jun 19. pii: 201621279. doi: 10.1073/pnas.1621279114.
Julio M. Castaneda*, Rong Huac*, Haruhiko Miyata, Asami Oji, Yueshuai Guo, Yiwei Cheng, Tao Zhou, Xuejiang Guo, Yiqiang Cui, Bin Shen, Zibin Wang, Zhibin Hu, Zuomin Zhou, Jiahao Sha, Renata Prunskaite-Hyyrylainena, Zhifeng Yu, Ramiro Ramirez-Solis, Masahito Ikawa#, Martin M. Matzuka#, and Mingxi Liu#
* contributed equally to this work.
# to whom correspondence may be addressed.
Ayuna Hattori, Makoto Tsunoda, Takaaki Konuma, Masayuki Kobayashi, Tamas Nagy, John Glushka, Fariba Tayyari, Daniel McSkimming, Natarajan Kannan, Arinobu Tojo, Arthur S. Edison, Takahiro Ito*

炎症細胞によるがん転移性ニッチ形成メカニズムを解明

PNAS (Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 5 月15 日オンライン版) doi: 10.1073/pnas.1703171114
Toshiro Hara, Hiroki J. Nakaoka, Tetsuro Hayashi, Kouhei Mimura, Daisuke Hoshino, Masahiro Inoue, Fumitaka Nagamura, Yoshinori Murakami, Motoharu Seiki, and Takeharu Sakamoto*

筋萎縮性側索硬化症(ALS)に対する新たな治療概念の実証―神経筋接合部の形成増強によるALSモデルマウスの病態改善と延命―

EMBO Molecular Medicine (2017 年5月10日オンライン掲載予定) DOI 番号:10.15252/emmm.201607298
Sadanori Miyoshi, Tohru Tezuka, Sumimasa Arimura, Taro Tomono, Takashi Okada and Yuji Yamanashi
岸川 咲吏、佐藤 慎太郎*、金戸 聡、内野 茂夫、高坂 新一、中村 誠司、清野 宏*

異種キメラ動物体内に作った膵臓で、糖尿病マウスの治療に成功

Nature 1月25日付(日本時間1月26日)オンライン版 DOI番号:10.1038/nature21070
Tomoyuki Yamaguchi, Hideyuki Sato, Megumi Kato-Itoh, Teppei Goto, Hiromasa Hara, Makoto Sanbo, Naoaki Mizuno, Toshihiro Kobayashi, Ayaka Yanagida, Ayumi Umino, Yasunori Ota, Sanae Hamanaka, Hideki Masaki, Sheikh Tamir Rashid, Masumi Hirabayashi, Hiromitsu Nakauchi*
Jihui Ping, Tiago J. S. Lopes, Gabriele Neumann, and Yoshihiro Kawaoka