東京大学医科学研究所

  1. ホーム
  2. 最新研究成果■発表論文解説

発表論文解説

清水宣明1、丸山崇子1、吉川賢忠1、松宮遼1、馬艶霞1、伊藤尚基2、田坂有希1、栗原(宗田)明子1、宮田敬士3、尾池雄一3、ステファン・バーガー4、ギュンター・シュッツ4、武田伸一2、田中廣壽5
1,東京大学医科学研究所附属病院アレルギー免疫科 2,国立精神・神経医療研究センター遺伝子疾患治療研究部 3,熊本大学大学院生命科学研究部分子遺伝学分野 4,ドイツがん研究センター 5,東京大学医科学研究所附属病院抗体・ワクチンセンター免疫病治療学分野
Joseph M. Reynolds1 Young-Hee Lee1 Yun Shi2 Xiaohu Wang3 Pornpimon Angkasekwinai4 Kalyan C. Nallaparaju2 Stephanie Flaherty1 Seon Hee Chang2 Hiroshi Watarai5,6 and Chen Dong3
1. Department of Microbiology and Immunology, Chicago Medical School, Rosalind Franklin University of Medicine and Science, North Chicago, IL 60064, USA 2. Department of Immunology and Center for Inflammation and Cancer, MD Anderson Cancer Center, Houston, TX 77054, USA 3. Institute for Immunology, Tsinghua University, Beijing 100084, China 4. Department of Medical Technology, Faculty of Allied Health Sciences, Thammasat University, Pathumthani 12120, Thailand 5. Center for Stem Cell Biology and Regenerative Medicine, The Institute of Medical Science, The University of Tokyo, 4-6-1, Shirokanedai, Minato-ku, Tokyo 108-8639, Japan 6. Precursory Research for Embryonic Science and Technology (PRESTO), Japan Science and Technology Agency (JST), 7, Gobancho, Chiyoda-ku, Tokyo 102-0076, Japan
舘林 和夫1、2、山本 勝良1、奈古屋 美穂1、高山 知美1、2、西村 晶子1、2、櫻井 愛美1、2、門間 貴史1、斎藤 春雄1、2
1.東京大学医科学研究所・分子細胞情報分野、2.東京大学・理学系研究科・生物科学専攻
Andrea Marzi, Peter Halfmann, Lindsay Hill-Batorski, Frederike Feldmann, W. Lesley Shupert, Gabriele Neumann, Heinz Feldmann and Yoshihiro Kawaoka

抗TLR7抗体による炎症性疾患への治療介入

Nature Communications 6:Article number: 6119 doi:10.1038/ncomms7119
菅野敦夫1,2、谷村奈津子1,3、石崎雅之4、大湖健太郎5、本井祐二1、恩地正浩6、福井竜太郎1、下里隆一4、山本和秀6、柴田琢磨1,7、佐野栄紀5、飛内章子8、高井俊行8、大戸梅治9、清水敏之9、齊藤伸一郎1、三宅健介1,2
1.東京大学医科学研究所感染遺伝学分野、2,システム疾患モデル研究センター自然免疫研究分野、3.日本学術振興会、4.第一三共株式会社 品川研究開発センター、5.高知大学医学部皮膚科学講座、6.岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器・肝臓内科学、7.CREST 、8.東北大学加齢医学研究所遺伝子導入研究分野 9.東京大学大学院薬学系研究科 蛋白構造生物学教室
Mei Po Chan1、恩地正浩1, 3、福井竜太郎1、川根公樹4、柴田琢磨1,2、齋藤伸一郎1、大戸梅治5、清水敏之5、Glen N. Barber6, 三宅健介1,2
1.東京大学医科学研究所感染遺伝学分野、2,システム疾患モデル研究センター自然免疫研究分野、3.岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器・肝臓内科学、4. 京都産業大学総合生命科学部、5.東京大学大学院薬学系研究科 蛋白構造生物学教室、6. Department of Cell Biology and Sylvester Comprehensive Cancer Center, University of Miami Miller School of Medicine

プライム型多能性幹細胞からナイーブ型多能性幹細胞の新規変換法を開発

Stem Cell Reports Vol. 4, 1-11, January 13, 2015 DOI: 10.1016/j.stemcr.2014.12.003
村山 秀之1、正木 英樹1、佐藤 秀征1、葉山 智工1、山口 智之1、中内 啓光1
1.東京大学医科学研究所・幹細胞治療分野
渡辺登喜子1、2、川上英良2、 Jason E. Shoemaker1、2, Tiago J.S. Lopes2, 松岡由希子2, 冨田有里子1、2, 秦裕子3, 五来武郎1, 桑原朋子1, 武田 瑛司1, 永田 篤史1, 高野量1, 木曽真紀1, 山下誠1, 坂井優子1, 桂廣亮1, 野中 尚輝1, 藤井裕子1, 藤井健2, 杉田 征彦1, 野田岳志1, 五藤秀男1, 福山聡1、2, 渡辺真治2、4, Gabriele Neumann5, 尾山大明3, 北野宏明2, 河岡義裕1、2
(1 東京大学医科学研究所感染免疫部門ウイルス感染分野、2 JST ERATO河岡プロジェクト、3 東京大学医科学研究所疾患プロテオミクスラボラトリー、4 宮崎大学農学部、5 米国ウイスコンシン大学)
秋山 伸子1、新澤 未穂1、宮内 真紀1、箭内 洋見1、立石 涼介1、下茂 佑輔1、大島 大輔1、松尾 光一2、佐々木 泉3、星野 克明4、Guoying Wu5, 八木 慎太郎5, 井上 純一郎1、改正 恒康6、秋山 泰身1
1. 東京大学 医科学研究所 分子発癌分野、2. 慶應義塾大学 医学部 細胞組織学研究、3. 大阪大学、免疫学フロンティア研究センター、4. 香川大学 医学部、5. 東京大学 農学生命科学研究科、6. 和歌山県立医科大学 先端医学研究所

生まれた後の神経と筋肉のつなぎ目を守る新たな仕組み

Proc. Natl. Acd. Sci. USA doi:10.1073/pnas.1408409111
手塚 徹1、井上 茜1、星 太輔1、Scott D. Weatherbee2、Robert W. Burgess3、植田亮1、山梨裕司1
1.東京大学医科学研究所・腫瘍抑制分野、2.Yale大学・Department of Genetics、3.Jackson Laboratory