東京大学医科学研究所

  1. ホーム
  2. 最新研究成果■発表論文解説

発表論文解説

病原細菌の巧妙なオートファジー回避機構の発見

Nature Cell Biology DOI 10.1038/ncb1967 (2009)
吉川悠子1、小川道永1、Torsten Hain2、吉田光孝3、福松真1, 金玟秀4、三室仁美1、中川一路4、柳川徹5、石井哲郎5、垣塚彰6,7、Elizabeth Sztul8、Trinad Chakraborty2、笹川千尋1,4
1. 東京大学医科学研究所・細菌感染分野、2. Institute of Medical Microbiology, Justus-Liebig University Giessen, Germany、3. 順天堂大学大学院医学研究科・超微形態研究部門、4. 東京大学医科学研究所・感染症国際研究センター、5. 筑波大学大学院人間総合科学研究科・環境分子生物学、6. 京都大学生命科学研究科・高次生体統御学、7. Department of Cell Biology, University of Alabama at Birmingham, USA
金玟秀1,5、小川道永2,5、藤田幸裕2,5、吉川悠子2,5、永井武2,5、小山智洋3、長井伸也3、Anika Lange4、Reinhard Fässler4、笹川千尋1,2,5
1東京大学医科学研究所・感染症国際研究センター、2感染免疫部門・細菌感染分野、3日本生物科学研究所、4Max-Planck Institute of Biochemistry、5CREST・JST
井上茜1、瀬戸口喜代子2、松原陽介2、岡田久未子2、佐藤希3、岩倉洋一郎3、樋口理1、山梨裕司1
1. 東京大学医科学研究所・腫瘍抑制分野
2. 東京医科歯科大学難治疾患研究所・細胞制御学分野
3. 東京大学医科学研究所・ヒト疾患モデル研究センター・細胞機能研究分野
鈴木仁人1、三室仁美1、氣駕恒太朗1、福松真1、石嶋希1、森川華子1、永井重徳3、小安重夫3、Robert Gilman4、Dangeruta Kersulyte5、Douglas Berg5、笹川千尋1,2、6
1. 東京大学医科学研究所・細菌感染分野
2. 東京大学医科学研究所・感染症国際研究センター・感染制御部門
3. 慶應義塾大学医学部・微生物免疫学教室
4. Department of Microbiology, Facultad de Medecina, Universidad Peruana Cayetano Heredia, Peru
5. Department of Molecular Microbiology, Washington University School of Medicine, USA
6. CREST・JST
石亀晴道1、角田茂1、永井武2、角木基彦1、南部あや1、小宮山寛1、藤門範行1、棚橋侑子1、秋津葵1、小瀧逸人1、須藤カツ子1,3、中江進1,4、笹川千尋2、岩倉洋一郎1
1: 東京大学医科学研究所・ヒト疾患モデル研究センター・細胞機能研究分野
2: 東京大学医科学研究所・感染免疫部門・細菌感染分野
3: 東京医科大学・動物実験センター
4: 東京大学医科学研究所・フロンティア研究拠点
野澤佳代1,Patrick O'Donoghue2,Sarath Gundllapalli2,荒磯裕平1,石谷隆一郎1,梅原拓也2,Dieter Soll2,濡木理1
1: 東京大学医科学研究所・基礎医科学部門・染色体制御分野,2: エール大学・分子生物物化学専攻
塚崎智也1,森博幸2,深井周也3,石谷隆一郎1,森貴治4,堂前直5,Anna Perederina6,杉田有治4,Dmitry G. Vassylyev6,伊藤維昭2,濡木理1
1: 東京大学医科学研究所・基礎医科学部門・染色体制御分野,2: 京都大学ウイルス研究所・がんウイルス研究部門・がん遺伝子研究分野,3: 東京大学・放射光連携研究機構・生命科学部門,4: 理化学研究所・基幹研究所・杉田理論生物化学研究室,5: 理化学研究所・ 基幹研究所先端・技術基盤部門,6: アラバマ大学・医学歯学・生化学分子遺伝学
秋山泰身、下茂佑輔、箭内洋見、秦俊文、大島大輔、丸山祐哉、浅海由起子、北澤樹里、高柳広、Joseph Penninger、新田剛、高浜洋介、井上純一郎
リンフイ・ハオ1,2,10、櫻井陽3,10,11、渡辺登喜子3、エリカ・ソレンソン1、チャイルル・ ニドム5,6、マイケル・ニュートン4、ポール・アルクィスト1,2、河岡義裕3,7,8,9
1: ウィスコンシン大学マディソン校・分子ウイルス学研究所、 2: ウィスコンシン大学マディソン校・ハワード・ヒューズ医学研究所、 3: ウィスコンシン大学マディソン校・病理生物科学研究部、 4: ウィスコンシン大学マディソン校・統計学・生物統計学・医学情報科学部、 5: アイルランガ大学・獣医学部、 6: アイルランガ大学・新興・再興感染症共同研究センター・熱帯病センター、 7: 東京大学医科学研究所・感染・免疫部門・ウイルス感染分野、 8: 東京大学医科学研究所・感染症国際研究センター、 9: 神戸大学・大学院医学研究科・微生物感染症学講座・人獣共通感染症学分野、 10: These authors contributed equally to this work. 11: 科学警察研究所・法科学第一部
大杉美穂1、足立健次郎2, 4、宝来玲子2, 5、角田茂2、須藤カツ子2, 6、小瀧逸人2、渡海-西住紀子1、相良洋3、岩倉洋一郎2、山本雅1
1. 東京大学医科学研究所癌細胞シグナル分野 2. 東京大学医科学研究所ヒト疾患モデル研究センター 3. 東京大学医科学研究所疾患プロテオミクスラボラトリー 4. 理化学研究所神戸研究所 5. NIH, National Eye Institute 6. 日本医科大学