東京大学医科学研究所

  1. ホーム
  2. 最新研究成果■発表論文解説

発表論文解説

ピロリ菌の病原因子による胃がん発症の新規メカニズムを発見 - CagAのリン酸化非依存的な細胞増殖および炎症促進作用 -

Cell Host Microbe 5(1): 23-34, 2009
鈴木仁人1、三室仁美1、氣駕恒太朗1、福松真1、石嶋希1、森川華子1、永井重徳3、小安重夫3、Robert Gilman4、Dangeruta Kersulyte5、Douglas Berg5、笹川千尋1,2、6
1. 東京大学医科学研究所・細菌感染分野
2. 東京大学医科学研究所・感染症国際研究センター・感染制御部門
3. 慶應義塾大学医学部・微生物免疫学教室
4. Department of Microbiology, Facultad de Medecina, Universidad Peruana Cayetano Heredia, Peru
5. Department of Molecular Microbiology, Washington University School of Medicine, USA
6. CREST・JST
Helicobacter pylori CagA Phosphorylation-Independent Function in Epithelial Proliferation and Inflammation. Masato Suzuki, Hitomi Mimuro, Kotaro Kiga, Makoto Fukumatsu, Nozomi Ishijima, Hanako Morikawa, Shigenori Nagai, Shigeo Koyasu, Robert H. Gilman, Dangeruta Kersulyte, Douglas E. Berg, and Chihiro Sasakawa. Cell Host Microbe 5(1): 23-34, 2009

ピロリ菌の胃粘膜への持続感染は、胃・十二指腸潰瘍、胃がんなどの胃関連疾病との疫学的関連性が指摘されている。日本は世界でも有数の胃がん大国であるが、その原因としてピロリ菌の感染率の高いことが挙げられている。ピロリ菌感染による疾病発症の危険因子として、ピロリ菌が分泌するCagAたんぱく質が最も重要であると考えられている。CagAは胃上皮細胞内でチロシンリン酸化を受け、そのリン酸化されたCagAは細胞増殖や細胞運動、細胞死抑制など多様な細胞応答を引き起こすことが報告されている。しかしながら、非リン酸化状態のCagAが持つ生物活性および菌感染における役割についてはこれまで不明であった。 090122-4.jpg 本研究では、CagAはリン酸化とは関係なく肝細胞増殖因子受容体Metと結合し、PI3K/Akt経路を活性化することにより、beta-カテニンおよびNF-kappaBの活性化など胃がん発症に関わる細胞増殖と炎症促進のシグナルを引き起こすことを明らかにした。このCagAのリン酸化非依存的な活性に関わるアミノ酸配列(活性部位)に変異を導入したピロリ菌は、スナネズミの胃粘膜に対する定着能と炎症誘導能が低下した。また、CagAの同活性部位に由来する合成ペプチドを細胞内に導入すると、CagAによる発がんシグナルが著しく抑制された。このことから、非リン酸化状態のCagAは宿主のシグナル伝達系を撹乱することで、胃粘膜でのピロリ菌の持続感染を促進し、胃がん発症に関わる細胞増殖と炎症反応を異常促進することが判明した。本成果はピロリ菌感染症に対する新たな治療薬やワクチン開発につながるものと期待される。