東京大学医科学研究所

  1. ホーム
  2. 最新研究成果■発表論文解説

発表論文解説

インターロイキン17Bはインターロイキン25誘発性炎症を拮抗的に抑制する

Immunity 2015 Apr 21;42(4):692-703
Joseph M. Reynolds1 Young-Hee Lee1 Yun Shi2 Xiaohu Wang3 Pornpimon Angkasekwinai4 Kalyan C. Nallaparaju2 Stephanie Flaherty1 Seon Hee Chang2 Hiroshi Watarai5,6 and Chen Dong3
1. Department of Microbiology and Immunology, Chicago Medical School, Rosalind Franklin University of Medicine and Science, North Chicago, IL 60064, USA 2. Department of Immunology and Center for Inflammation and Cancer, MD Anderson Cancer Center, Houston, TX 77054, USA 3. Institute for Immunology, Tsinghua University, Beijing 100084, China 4. Department of Medical Technology, Faculty of Allied Health Sciences, Thammasat University, Pathumthani 12120, Thailand 5. Center for Stem Cell Biology and Regenerative Medicine, The Institute of Medical Science, The University of Tokyo, 4-6-1, Shirokanedai, Minato-ku, Tokyo 108-8639, Japan 6. Precursory Research for Embryonic Science and Technology (PRESTO), Japan Science and Technology Agency (JST), 7, Gobancho, Chiyoda-ku, Tokyo 102-0076, Japan
Interleukin-17B Antagonizes Interleukin-25-Mediated Mucosal Inflammation

インターロイキン(IL)-17ファミリーに属するIL-25は寄生虫感染に対する生体防御反応の中心を担うサイトカインとして知られる一方、アレルギー炎症の誘発に寄与することが明らかにされている。しかしながら、IL-25誘導性炎症の抑制機構については不明な点が多かった。本研究では同じIL-17ファミリーに属するIL-17BがIL-25と同じ受容体であるIL-17受容体Bに拮抗的に結合し、IL-25によってもたらされる炎症性サイトカイン(腸:IL-6など、肺:IL-13、IL-5など)の産生を抑制する働きを有することを見出した。両サイトカインを生体内で個々に阻害する条件において、ヒト潰瘍性大腸炎のモデルとして知られるデキストラン誘導性腸炎マウスモデル、病原性大腸菌のマウスにおけるモデルであるCitrobacter rodentium感染、卵白アルブミンを用いたアレルギー気道炎症モデルいずれにおいてもIL-17Bが炎症に対して抑制的に、IL-25が促進的に働くことを明らかにした。
 本研究により新しく明らかとなったIL-25/IL-17Bによる炎症制御メカニズムを応用することにより、感染症や炎症性腸疾患、アレルギー気道炎症(喘息)などに対する新たな予防や診断、治療法の開発につながることが期待される。