東京大学医科学研究所

  1. ホーム
  2. 最新研究成果■発表論文解説

発表論文解説

佐藤 亮太1、加藤 哲久2,3、千村 崇彦4、齋藤 伸一郎1、柴田 琢磨1、村上 祐輔1、福井 竜太郎1、劉 凱文1、張 韵1、有井 潤2,3、孫 戈虹5、和田 洋6、池上 恒雄7、Glen N Barber8、真鍋 俊也4、川口 寧2,3、三宅 健介1
1.東京大学医科学研究所・感染遺伝学分野、2.東京大学医科学研究所・ウイルス病態制御分野、3.東京大学医科学研究所・感染症国際研究センター感染制御系、4.東京大学医科学研究所・神経ネットワーク分野、5.同志社女子大学・生化学教室、6.大阪大学・生体分子反応科学研究分野、7.東京大学医科学研究所・臨床ゲノム腫瘍学分野、8,マイアミ大学
有井潤1, 2、渡辺瑞季1, 2、前田史雄1, 2、西住(渡海)紀子3、千原崇裕4、三浦正幸4、丸鶴雄平1, 2、小栁直人1, 2、加藤哲久1, 2、川口寧1, 2
1東京大学医科学研究所・感染免疫部門・ウイルス病態制御分野、2東京大学医科学研究所・感染症国際研究センター・感染制御系、3東京大学医科学研究所・顕微鏡コアラボラトリー、4東京大学・大学院薬学系研究科遺伝学教室
齋藤 衆子1, 2、新井田 厚司3、内 龍太郎1、平田 秀成1、小松 久晃1、﨑村 正太郎1、林 周斗4、南原 翔1、黒田 陽介1、伊藤 修平1、江口 英利1、増田 隆明1、杉町 圭史1、東保 太郎5、西田 陽登6、駄阿 勉6、千葉 健一4、白石 友一4、吉里 哲一7、兒玉 雅明2、沖本 忠義2、水上 一弘2、小川 竜2、岡本 和久2、首藤 充孝2、福田 健介2、松井 佑介8、島村 徹平8、長谷川 嵩矩9、土岐 祐一郎10、長山 聡11、山田 一隆12、加藤 護13、柴田 龍弘14, 15、森 正樹10、油谷 浩之16、村上 和成2、鈴木 穣17、小川 誠司7、宮野 悟3, 4、三森 功士1
1. 九州大学病院別府病院・外科、2. 大分大学医学部・消化器内科学講座、3. 東京大学医科学研究所ヘルスインテリジェンスセンター・健康医療計算科学分野、4. 東京大学医科学研究所 ヒトゲノム解析センターDNA情報解析分野、5. 九州大学病院別府病院・検査部、6. 大分大学医学部・診断病理学講座、7. 京都大学大学院・医学研究科腫瘍生物学講座、8. 名古屋大学大学院医学系研究科・システム生物学分野、9. 東京大学医科学研究所ヘルスインテリジェンスセンター・健康医療データサイエンス分野、10. 大阪大学大学院医学研究科・ 消化器外科学、11. 公益財団法人がん研究会有明病院・大腸外科、12. 高野病院、13. 国立研究開発法人国立がん研究センター・バイオインフォマティクス部門、14. 国立研究開発法人国立がん研究センター・がんゲノミクス研究分野、15. 東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センター・ゲノム医科学分野、16. 東京大学先端科学技術研究センター・ゲノムサイエンス部門、17. 東京大学大学院新領域創成科学研究所・メディカル情報生命専攻生命システム観測分野
大石康平、山吉誠也、秦裕子、尾山大明、河岡義裕
浅田 修平1, 合山 進1, 井上 大地1,2, 四方 紫織1, 竹田 玲奈1, 福島 剛1, 米澤 大志1, 藤野 赳至1, 林 康貴1, 川畑 公人1,3, 福山 朋房1, 田中 洋介1, 横山 明彦4, 山崎 聡5, 秦(小塚)裕子6, 尾山 正明6, 小島進也7, 河津 正人8, 間野 博行7,9, 北村 俊雄1
1東京大学医科学研究所 細胞療法分野,2Human Oncology and Pathogenesis Program, Memorial Sloan Kettering Cancer Center, 3Department of Hematology/Oncology, Weill Cornell Medical College, 4国立がん研究センター 鶴岡連携研究拠点 がんメタボロミクス研究室, 5東京大学医科学研究所 幹細胞治療分野, 6疾患蛋白質工学分野, 7東京大学大学院医学系研究科 細胞情報学講座, 8東京大学大学院医学系研究科 ゲノム医学講座, 9 国立がん研究センター
植木 紘史1、I-Hsuan Wang1、福山 聡1、桂 廣亮1、Tiago Jose da Silva Lopes1, 2、Gabriele Neumann2、河岡 義裕1,2,3
1. 東京大学医科学研究所・ウイルス感染分野、2. Wisconsin大学Madison校・Pathobiological Sciences学部、3. 東京大学医科学研究所・感染症国際研究センター・高病原性感染症系
Ce Tang,1,2, Shigeru Kakuta,2, Kenji Shimizu,1,2, Motohiko Kadoki,1,2, Tomonori Kamiya,1,2, Tomoyuki Shimazu,1, Sachiko Kubo,1,2, Shinobu Saijo, 2, Harumichi Ishigame,2, Susumu Nakae,2 and Yoichiro Iwakura,1, 2
1 Center for Animal Disease Models, Research Institute for Biomedical Sciences, Tokyo University of Science, 2 Center for Experimental Medicine and Systems Biology, Institute of Medical Science, the University of Tokyo
Hirofumi Shibata1,2, Shingo Komura1, Yosuke Yamada1,3, Nao Sankoda1, Akito Tanaka1, Tomoyo Ukai1, Mio Kabata1, Satoko Sakurai1, Bunya Kuze2, Knut Woltjen1,4, Hironori, Haga3, Yatsuji Ito2, Yoshiya Kawaguchi1, Takuya Yamamoto1,5, and Yasuhiro Yamada1,5,6
1 京都大学iPS細胞研究所(CiRA)、2 岐阜大学大学院医学系研究科、3 京都大学医学部附属病院、4 京都大学白眉センター、5 日本医療研究開発機構 AMED-CREST、6 東京大学医科学研究所
Suto H,1 Nambu A,2 Morita H,3 Yamaguchi S,2 Numata T,2 Yoshizaki T,2 Shimura E,1,2 Arae K,3,4 Asada Y,5 Motomura K,3 Kaneko M,6,7 Abe T,7 Matsuda A,5 Iwakura Y,8 Okumura K,1 Saito H,3 Matsumoto K,3 Sudo K,9 and Nakae S.2
1Atopy Research Center, Juntendo University, Tokyo, 2Laboratory of Systems Biology, Center for Experimental Medicine and Systems Biology, The Institute of Medical Science, The University of Tokyo, Tokyo, 3Department of Allergy and Clinical Immunology, National Research Institute for Child Health and Development, Tokyo, 4Department of Immunology, Faculty of Health Science, Kyorin University, Tokyo, 5Department of Ophthalmology, Juntendo University School of Medicine, Tokyo, 6Animal Resource Development Unit and 7Genetic Engineering Team, RIKEN Center for Life Science Technologies, Kobe, 8Center for Experimental Animal Models, Institute for Biomedical Sciences, Tokyo University of Science, Chiba, 9Animal Research Center, Tokyo, Medical University, Tokyo

クローン性造血のモデルマウスの樹立と解析

Journal of Experimental Medicine (4月11日オンライン版掲載予定) DOI番号:10.1084/jem.20171151
Nagase, R., *Inoue, D., Pastre, A., Fujino, T., Hou, H-A, Yamasaki,N., Goyama, S., Saika, M., Kanai, A., Sera, Y., Horikawa, S., Ota, Y., Asada, S., Hayashi, Y., Kawabata, K.C., Takeda, R., Tien, H.F., Honda, H., Abdel-Wahab, O. and *Kitamura T