東京大学医科学研究所

  1. ホーム
  2. 最新研究成果■受賞

受賞

清木元治名誉教授、日本癌学会吉田賞を受賞

 

日本癌学会は吉田富三顕彰会(福島県浅川町)とともに、偉大ながん研究者 吉田富三博士を記念して、吉田富三賞(吉田賞)を設け、基礎医学分野において優れた業績を挙げ、日本癌学会の発展に貢献した研究者の功績を讃えています。東京大学・清木元治名誉教授は平成25年度の吉田賞を受賞しました。受賞式は平成25年10月5日、第72回日本癌学会学術総会(パシフィコ横浜)にて行われました。受賞課題は、「膜型マトリックスメタロプロテアーゼ(MT1-MMP)の発見とがん研究への展開」であります。清木名誉教授は、膜型マトリックスメタロプロテアーゼ(MT1-MMP)の発見により、がん細胞の増殖、浸潤・転移を制御するプロテアーゼの役割の理解を大きく前進させ、がん細胞制御におけるMT1-MMPによる"pericellular proteolysis"の重要性を明らかとしました。

詳しくは以下のリンク先をご覧下さい。

http://www.jca.gr.jp/researcher/award/yoshida.html