東京大学医科学研究所

  1. ホーム
  2. 最新研究成果■受賞

受賞

濡木 理教授、持田記念学術賞を受賞

 

このたび本研究所 濡木 理(ぬれき おさむ)教授(染色体制御分野)が、持田記念医学薬学振興財団から「持田記念学術賞」を受賞されました。これは遺伝暗号翻訳の普遍的機構の解明と遺伝暗号翻訳を触媒するアミノアシル トランスファーRNA合成酵素が哺乳類ではアポトーシスの制御や組織の発生・再生など生体の恒常性維持にも働く事を見出し、そのメカニズムの解明を行なったことによるものです。
なお、授賞式は10月23日(金)に行われました。

写真:
授賞式の様子(1) 授賞式の様子(2)