東京大学医科学研究所

  1. ホーム
  2. 最新研究成果■受賞

受賞

坂本毅治准教授、日本医療研究開発大賞・AMED理事長賞を受賞

2018年12月27日
 

癌・細胞増殖部門 分子発癌分野の坂本毅治准教授が日本医療研究開発大賞・AMED理事長賞を受賞しました。
「酸素センシング機構を標的とした安全性の高いがんの抗転移薬の開発」研究について、「がんの転移や再発に関する微小環境の病態解明に貢献。新たな治療戦略として抗転移薬の開発に期待。」との評価を受けての受賞になります。
2018年12月27日、総理官邸において授賞式が行われました。

日本医療研究開発大賞は、我が国のみならず世界の医療の発展に向けて、医療分野の研究開発の推進に多大な貢献をした事例に関して、功績を称えることにより、国民の関心と理解を深めるとともに、研究者等のインセンティブを高めることを趣旨としており、AMED理事長賞は若手研究者(45歳未満を目安)を奨励する観点から顕著な功績があったと認められる事例に授与されます。

詳しくは以下のリンク先をご覧ください。
健康・医療戦略推進本部 HP
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/kenkouiryou/suisin/amed/dai2/index.html
AMED HP
https://www.amed.go.jp/news/release_20181227.html