東京大学医科学研究所

  1. ホーム
  2. 研究室紹介■国際粘膜ワクチン開発研究センター

国際粘膜ワクチン開発研究センター

センター長:石井 健 組織・研究者一覧

結核、マラリア、HIVや新型インフルエンザやエボラ出血熱、MERSなどに代表される新興・再興感染症に対するワクチン開発は世界的重要課題の一つである。同様に、花粉症や食物アレルギーといったアレルギー疾患や癌も先進国を中心に深刻な問題となっている。感染症・アレルギー・癌の主要発症部位となっているのは、呼吸器や消化器などの粘膜組織であり、旧来の薬物投与方法の改善の必要性を鑑みると、粘膜組織およびその免疫システムをターゲットとする「粘膜ワクチン」の研究開発は急務である。世界の免疫研究の推進において先導的役割を担っている我が国が次世代を担う病気の予防・治療戦略として「粘膜ワクチン」の開発を率先して行うことは、国際社会の中で貢献すべき重要な役割の一つと言える。このような機運の高まりを受け、医科学研究所では現在まで培ってきた免疫学、感染症学、癌生物学、ゲノム医科学の知的技術基盤を横断的に融合する国際連携研究を推進するため、平成23年に国際粘膜ワクチン開発研究センターが設置された。当センターでは粘膜ワクチンに関する基礎研究および医療応用を推進することで、新学術領域としての「粘膜ワクチン学」を創成し、当研究領域において次世代を担う研究者育成の拠点となることを目指している。

粘膜バリア学分野

分野長:チョバン・ジェヴァイア


粘膜バリア学分野では、生命維持に欠かせない役割を果たす上皮バリアと、粘膜免疫系を統合的に解析する粘膜バリア学(Mucosal Barriology)研究を推進しています。その成果を駆使して、上皮バリアを超えて免疫系に抗原を送達する次世代粘膜ワクチンの開発に貢献します。

教授(兼務)

チョバン・ジェヴァイア

教授(兼務) 石井 健
客員教授 長谷 耕二
特任准教授 根岸 貴子
客員准教授 佐藤 慎太郎
特任助教 水谷 壮利

粘膜バリア学分野ホームページ

このページ先頭へ

自然免疫制御分野

分野長:植松 智|4号館3階


自然免疫制御分野では、腸管に存在する自然免疫細胞群の機能解析、次世代粘膜ワクチン開発、腸管微生物叢の解析を行っています。腸管自然免疫細胞を標的とした免疫制御法の開発や微生物叢を標的としたdysbiosis関連疾患の新規治療法の創出を行います。

特任教授

植松 智

03-6409-2161

特任助教 藤本 康介

自然免疫制御分野ホームページ

このページ先頭へ

臨床ワクチン学分野

分野長:藤橋 浩太郎|4号館3階


臨床ワクチン学分野では、粘膜免疫機構のユニーク性を駆使した経口ワクチン(例:コメ型経口ワクチン、MucoRiceTM )や経鼻ワクチン(例:カチオン化ナノゲル経鼻ワクチン)の技術を開発し、その臨床応用に向けたTR型研究と新規粘膜ワクチン・アジュバント開発につながる探索型基礎研究を展開しています。

特任教授

藤橋 浩太郎

03-6409-2162

特任准教授 倉島 洋介

03-5449-5274

臨床ワクチン学分野ホームページ

このページ先頭へ

粘膜ワクチン学分野

分野長:石井 健|4号館3階


粘膜ワクチン学分野では、消化管や呼吸器、生殖器といった粘膜組織に特徴的な免疫制御機構に着目し、環境成分、食品、微生物成分をワクチンアジュバントやデリバリーへと応用することで、感染症やアレルギー、免疫疾患に対する新規粘膜ワクチンの開発を進めています。

教授(兼務)

石井 健

03-5449-5314

客員教授 國澤 純
客員准教授 野地 智法
特任講師 中橋 理佳

粘膜ワクチン学分野ホームページ

このページ先頭へ

粘膜共生学分野

分野長:後藤 義幸|4号館3階


腸管に常在している微生物と宿主上皮・免疫細胞の相互作用を明らかにし、感染症や炎症性腸疾患、代謝疾患、ガン、神経疾患などに対する新たな治療法の開発に取り組んでいる。さらに、宿主免疫の賦活化に寄与する腸内微生物の同定と賦活化メカニズムを明らかにすることで、ワクチン効果を最適化する技術の開発を目指している。

特任准教授

後藤 義幸

03-6409-2163

教授(委嘱) 俣野 哲朗

03-5449-5272

粘膜共生学分野ホームページ

このページ先頭へ