東京大学医科学研究所

  1. ホーム
  2. 研究室紹介■感染・免疫部門

感染・免疫部門

部門長:三宅 健介 組織・研究者一覧

本研究部門では、感染とその発症の分子機構、免疫における自己・非自己の分子 識別および生体防御調節機構の解明を行い、それらを感染と免疫に関連する 疾患の制御ならびに予防に応用することを目指している。現在は、宿主寄生体学、ウイルス感染、感染遺伝学、炎症免疫学、ウイルス病態制御の5つの分野と、さらに、感染症国際研究センター、国際粘膜ワクチン開発研究センター、社会連携研究部門 (細菌感染生物学)の連携分野を加えたグループから構成されている。これらの研究グループでは病原体と宿主の一方にのみ片寄ることなく、分子、細胞から 固体レベルまでを包含した幅広い研究を展開していることが特徴である。 また本研究部門では、国内外の大学および国立研究機関と積極的な共同研究を行ない多くの 学術的成果をあげてきたが、一方で、それらの知見を感染症や免疫病の予防や治療へ応用 するための新技術あるいは創薬の開発を目指して、医薬品関連企業や臨床医等との共同 研究も積極的に推進している。近年の新興・再興感染症の出現により病原微生物、感染 免疫、感染遺伝学およびゲノム創薬の研究の重要性が再認識されているが、この方面の 研究者は我が国では少ない。そこで本研究部門は、感染・免疫学の我が国の中核として研究交流活動を推進するとともに、次世代の優秀な研究・教育者を育成することも重要な使命の一つとしている。

宿主寄生体学分野


分野長の伊庭英夫教授は退職されました。

宿主寄生体学分野ホームページ

このページ先頭へ

ウイルス感染分野

分野長:河岡 義裕|総合研究棟3階


私達は、ウイルスが疾病を引き起こす機構を解明するために、インフルエンザとエボラウイルスをモデルとして、ウイルスと宿主間のダイナミックな生命現象を、分子、細胞、個体、そして集団レベルで研究している。

教授

河岡 義裕

03-5449-5310

特任教授 山下 誠

03-6409-2207

客員教授 野田 岳志  
准教授 今井 正樹

03-5449-5281

特任准教授 渡邉 登喜子

03-6409-2207

特任准教授 福山 聡

03-6409-2207

特任准教授 山吉 誠也

03-5449-5502

助教 岩附 研子

03-5449-5502

助教 山田 晋弥

03-5449-5281

特任助教 木曽 真紀

03-5449-5502

助手 坂井(田川) 優子

03-5449-5281

ウイルス感染分野ホームページ

このページ先頭へ

感染遺伝学分野

分野長:三宅 健介


感染遺伝学分野は、病原体に対する宿主応答について、宿主側から研究を進めています。病原体センサーであるToll-like receptorによる病原体認識機構の分子レベルでの解明を目指しています。

教授

三宅 健介

03-5449-5290

助教 齋藤 伸一郎

03-5449-5378

助教 福井 竜太郎

03-5449-5378

助教 柴田 琢磨  

感染遺伝学分野ホームページ

このページ先頭へ

炎症免疫学分野

分野長:清野 宏|総合研究棟4階東側


本研究分野では次世代型ワクチンである粘膜ワクチンや食物アレルギーなどの粘膜免疫疾患に対する免疫療法の開発を目標に、粘膜免疫システムが有する精密かつダイナミックな免疫制御メカニズムの解明を行っている。

教授

清野 宏

03-5449-5271

助教 倉島 洋介  
特任助教 朴 恩正  
助教 中橋 理佳  

炎症免疫学分野ホームページ

このページ先頭へ

ウイルス病態制御分野

分野長:川口 寧|総合研究棟3階


私達の研究室では、ウイルスの増殖・病態発現機構を分子から個体レベルで解明し、それを基盤にウイルス感染症の新しい制御法を開発することを目指して戦略的な基礎研究を推進しています。

教授

川口 寧

03-6409-2070

助教 加藤 哲久

03-6409-2071

助教 有井 潤

03-6409-2071

ウイルス病態制御分野ホームページ

このページ先頭へ

感染・免疫大部門連携分野

感染症国際研究センター

国際粘膜ワクチン開発研究センター

社会連携研究部門(細菌生物学)

このページ先頭へ