東京大学医科学研究所

  1. ホーム
  2. 研究室紹介■癌・細胞増殖部門

癌・細胞増殖部門

部門長:山梨 裕司 組織・研究者一覧

細胞が癌化し、悪性化する過程には複数の癌関連遺伝子の変異、発現変化が関わっている。癌遺伝子や癌抑制遺伝子等の癌関連遺伝子の機能解析をベースに癌の発症・進展に関する分子機構の解明を目指す。特に、細胞周期制御や細胞運動・接着の制御を視野におき、細胞の増殖、分化に関わる細胞内情報伝達を解析する。また癌の進展に関わる血管新生の分子機構や、癌細胞の浸潤、転移の仕組みについての、遺伝子並びに蛋白質レベルの研究を推進する。具体的な研究テーマは以下の通りである。

  • (1) 癌遺伝子/癌抑制遺伝子の機能解析
  • (2) 癌細胞の増殖・分化に関わるシグナル伝達機構および遺伝子発現制御機構の解明
  • (3) 腫瘍血管新生や癌細胞の浸潤、転移等の癌の悪性化の分子機構の解明
  • (4) 癌細胞の運動を制御する分子機構の解明
  • (5) ゲノム解析に基づく発癌の分子機構の解析

分子発癌分野

分野長:井上 純一郎|総合研究棟1階


癌関連転写因子NF-κBの活性化シグナルを伝達するTRAFタンパク質の機能と疾患との関連 、NF-κB活性化シグナルの発癌と癌悪性化における役割について、分子、細胞、個体レベルの研究を推進する。

教授

井上 純一郎

03-5449-5275

准教授 秋山 泰身

03-5449-5276

助教 田口 祐

03-5449-5277

助教 柴田 佑里

03-5449-5278

分子発癌分野ホームページ

このページ先頭へ

人癌病因遺伝子分野

分野長:村上 善則


当分野は平成19年4月にスタートした新しい研究室である。癌化と進展の分子機構を解明し、予防、診断、治療へ応用する目的で、細胞接着分子に属する癌抑制遺伝子群の機能解析やゲノムの機能解析を行なっている。

教授

村上 善則

客員教授 越川 直彦  
客員准教授 松原 大祐  
助教 坂本 毅治  
助教 伊東 剛  

人癌病因遺伝子分野ホームページ

このページ先頭へ

腫瘍抑制分野

分野長:山梨 裕司|3号館3階


腫瘍抑制分野は悪性腫瘍やその他の難治性疾患を克服する為に、細胞機能の制御に重要なシグナル伝達機構の解析とその破綻として発症する疾病の病態生理学的な解析を進めている。

教授

山梨 裕司

03-6409-2115

助教 手塚 徹

03-6409-2118

助教 植田 亮

03-6409-2118

助教 有村 純暢

03-6409-2117

腫瘍抑制分野ホームページ

このページ先頭へ

癌防御シグナル分野

分野長:中西 真


 

教授

中西 真

03-5449-5341

講師 西山 敦哉  

助教 城村 由和  

癌防御シグナル分野ホームページ

このページ先頭へ