朝日新聞「臨床試験中のがん治療ワクチン」記事について

 

         20101020日 東京大学医科学研究所所長 清木元治

 

国民の2人に1人が、がんになる時代となり、有効な予防法や治療法の確立は、研究者や医療者にとって、ますます重要な任務になっている。また、治療法の開発に欠かせない臨床試験や治験は、がん患者様の尊い意思と医療者への信頼があってこそ、はじめて成り立つものであり、東京大学医科学研究所では、基礎研究の成果を新たな治療法の開発につなげるために、日夜、研究者や医療者が努力している。

20101015日付朝日新聞の1面では、当研究所で開発した「がんワクチン」に関して附属病院で行った臨床試験中、2008年、膵臓がんの患者様に起きた消化管出血について、「『重篤な有害事象』と院内で報告されたのに、医科研が同種のペプチドを提供する他の病院に知らせていなかった」と報じられ、臨床試験の実施体制やその背景に様々な疑問を抱かせる記事となっている。

しかしながら、この記事には、多数の誤りが見られる。まず、この消化管出血は、すい臓がんの進行によるものと判断されており、適切な治療を受けて消化管出血は治癒している。また、附属病院で実施された臨床試験は、単施設で実施したものであり、他の大学病院等の臨床研究とは、ワクチンの種類、投与回数が異なっている。さらに、最も基本的な、ワクチン開発者の名称が異なっている。より詳しくは、『臨床試験中のがん治療ワクチン」に関する記事について(患者様へのご説明)』をご覧いただきたい。

この記事が出されて以降、本学には「がんワクチンで消化管出血するのでしょうか?」という問い合わせが相次いでいる。また、標準治療を断念せざるを得なくなった患者様からは、「これで臨床試験が停止するのではないか」という心配の声も頂いている。このような記事を目にして不安を抱かれた、全国の患者様の動揺を心から憂える。

そして、この記事は、日本の医療の発展のために、これまで真摯に臨床試験に取り組んできた、全国の医師、看護師、臨床試験コーディネーターらを大いに落胆させていることも気がかりである。この記事は、先端医療の発展を踏みにじるものである。

医科学研究所は20102月の取材依頼以降、副所長名で1度、所長名で2度、質問に対する真摯な回答を適宜行ってきた。その取材過程のなかで、記事のなかで述べられている誤りについても、既に根拠を示して回答してきている。にもかかわらず、このような記事を、社内でいくつものチェックをすり抜けてトップニュースとして掲載する朝日新聞社の見識には、大いに不信を抱かざるを得ない。

 

果たして、この記事はいったいどのような目的で書かれたものであろうか? 

 

朝日新聞社は、このような記事を掲載するに至った経緯や責任を明らかにするべきだと考える。

 

なお、この衝撃的な朝日新聞記事に対する個人的な所感は、こちらをご覧ください。

以上