東京大学医科学研究所

  1. ホーム
  2. イベント情報■学友会セミナー

学友会セミナー

学友会セミナー:2019年8月6日

開催日時: 2019年8月6日 17:00 〜 18:00
開催場所: 病院棟8階 小会議室
講師: 齋藤 真
所属: Centre for Tropical Medicine and Global Health, Nuffield Department of Medicine, University of Oxford, UK
演題: 妊婦における熱帯熱マラリアの治療
概要:

マラリアは熱帯地域における主要な致死的感染症である。妊娠中はマラリアに対する脆弱性が高まり、また、胎児に対しても蓄積的に悪影響を及ぼすことが報告されている。妊娠による免疫調整や生理的薬物動態変化に加え、熱帯熱マラリアではマラリア原虫が胎盤に感染するという特徴的な病理があるため、妊婦に対する治療を非妊婦への治療の単純な延長線上に捉えることは必ずしも適切とは限らない。一方で、一般的に妊婦は臨床試験から除外されることが多いため、病態の理解やエビデンスの蓄積がさらに困難となっている。メタ解析は医学において最も高いレベルのエビデンスであるという共通認識が形成されてきているが、いわゆるコクラン型のメタ解析はランダム化比較臨床試験のみしか解析に含めることができないという限界を有している。本セミナーでは個々の臨床試験参加者のデータを用いたメタ解析(individual patient/ participant data meta-analysis)の手法を用いて、妊娠中の熱帯熱マラリアへの治療に関するエビデンスの集積を行った研究結果及びその手法について紹介する。

世話人: 〇北村 俊雄 (細胞療法分野)
 東條 有伸 (分子療法分野)