東京大学医科学研究所

  1. ホーム
  2. イベント情報■学友会セミナー

学友会セミナー

学友会セミナー:2019年3月14日

開催日時: 2019年3月14日 9:00 〜 10:00
開催場所: 1号館2階 2-1会議室
講師: 磯部 優理
所属: 東京大学医科学研究所附属病院 血液腫瘍内科 医員
演題: 新規ペア型免疫受容体LMIR6/CD300eの機能解析
概要:

免疫担当細胞の表面受容体は多岐に渡り、生体内外の環境を捉えることで免疫応答を制御する重要な役割を担っている。特にペア型受容体と呼ばれる一群は、相同性の高い活性型受容体と抑制型受容体の対を有する特徴を持ち、リガンドの僅かな違いを元に緻密な免疫制御を司るものとして注目されてきた。我々がマウス骨髄由来マスト細胞cDNAからクローニングしたCD300/leukocyte mono-immunoglobulin-like receptor (LMIR)ファミリーについては、マウスに6種類の活性型受容体と2種類の抑制型受容体を有すること、骨髄系細胞に発現が認められること、生理的リガンドとして脂質を認識すること、ヒトにいくつかの相同体を有することなどを明らかとしてきた。今回着目したCD300e/LMIR6は活性型受容体のひとつである。我々は抗CD300e/LMIR6抗体を作成することにより、CD300e/LMIR6がマウスでは末梢血単球の一部にのみ発現すること、活性化シグナルをアダプター分子FcRγやDAP12に依存すること、ヒトに相同体を有することなどを明らかとした。また、レポーターアッセイによりリガンドとしてスフィンゴミエリンを同定し、固相化したスフィンゴミエリンでヒト末梢血単球各分画を刺激した場合、CD300e/LMIR6依存的なTNFα産生を認めることを明らかとした。これらの結果は、CD300e/LMIR6によって単球における自然免疫応答が正に制御されていること、また、これまで生体構成成分の一部と考えられていたスフィンゴミエリンが何らかの形で免疫応答に関与している可能性を示唆するものであった。

世話人: 〇北村 俊雄 (細胞療法分野)
 東條 有伸(分子療法分野)