東京大学医科学研究所

  1. ホーム
  2. イベント情報■学友会セミナー

学友会セミナー

学友会セミナー:2018年7月23日

開催日時: 2018年7月23日 16:00 ~ 17:00
開催場所: 2号館小講義室
講師: 米原 圭祐
所属: オーフス大学ダンドライト研究所 准教授
演題: 視覚運動を検出するマウス神経回路の構造、機能、発達と疾患
概要:

視覚運動の方向や速度の検出は視覚系の重要な機能の一つであり、動物の生存にとって重要である。特定の方向の視覚運動に選択的に応答する神経細胞を方向選択性細胞と呼び、マウスやウサギを用いた研究から大脳視覚皮質のみならず 網膜にも方向選択性細胞が存在することが知られている。演者はこれまでマウス網膜をモデルとして方向選択性細胞の構造(文献1)や機能(文献2)、発達(文献3)を研究することにより、異なるタイプの神経細胞同士の相互作用がどのようにして感覚情報を処理するのかを明らかにしようとしてきた。最近では、網膜の方向選択性細胞の機能異常が先天性眼振という眼球運動の疾患に関連していることも明らかにした(文献4)。また、2015年からはデンマークで研究室を主宰し、2光子イメージング、電気生理、ウイルスベクターによる神経回路標識、分子生物学、マウス遺伝学などを組み合わせ、網膜で処理された視覚情報が下流の神経中枢においてさらにどのように処理されるのか(文献5、6)などを明らかにするべく研究を展開している。本セミナーでは、近年の我々の一連の取り組みを紹介し、また将来の展望を議論する。

世話人: 〇渡辺 すみ子 (再生基礎医科学)
 真鍋 俊也 (神経ネットワーク)