東京大学医科学研究所

  1. ホーム
  2. イベント情報■学友会セミナー

学友会セミナー

学友会セミナー:2018年5月15日

開催日時: 2018年5月15日 18:00 ~ 19:30
開催場所: 附属病院 大会議室(北)
講師: 石井 健
所属: 国立研究開発法人 医薬基盤健康栄養研究所・センター長
大阪大学 免疫学フロンティア研究センターワクチン学・特任教授
演題: ワクチンアジュバント開発と急がば廻れの基礎研究
概要:

ワクチンといえば予防接種、小児科や感染症の専門領域、という認識は既に過去のものになりつつある。ワクチンは既に医薬品開発において温故知新のモダリティーとして知られ、将来はがんやアレルギー、各種免疫「関連」疾患に対する先制医療の一翼を担うと考えられている。過去20年にわたる自然免疫、樹状細胞に関する基礎研究成果が、感染症のみならず、生活習慣病やがん、アレルギーなどの発症メカニズムの解明や、ワクチン、免疫療法などの臨床応用研究へ広がりを見せているためである。
基礎免疫研究分野でも新たな潮流の変化が見られている。病原体の認識機構の研究で勃興した自然免疫の領域では、宿主細胞自体の感染などのストレス、ダメージ、細胞死によって放出される宿主成分が、病原体に対する免疫反応やワクチンのアジュバントの作用機序の一端を担っていることが明らかになりつつある。
本セミナーでは新規のワクチン、アジュバントの開発研究の成果、安全性の研究にも通じるトランスクリプトーム解析によるアジュバントデータベース、細胞死による核内サイトカイン、細胞外核酸の免疫学的意義に関する我々の研究室の新たな知見を発表したい。
http://www.nibiohn.go.jp/adjuvant/index.html

世話人: 〇三宅 健介 (感染遺伝学分野)
 武川 睦寛 (分子シグナル制御分野)