東京大学医科学研究所

  1. ホーム
  2. イベント情報■学友会セミナー

学友会セミナー

学友会セミナー:2017年7月25日

開催日時: 2017年7月25日 17:00 ~ 18:00
開催場所: 病院棟8階北(大)
講師: 岩間 厚志
所属: 千葉大学大学院医学研究院細胞分子医学・教授
演題: 造血幹細胞機能のエピジェネティック制御
概要:

幹細胞特有な細胞特性がエピジェネティックな観点から解明されつつある。幹細胞ではがん抑制遺伝子や分化制御遺伝子の発現が抑制されているが、細胞分化に伴いいつでも活性化され得る可逆的な発現抑制状態を維持している。この可逆的な発現抑制状態が幹細胞の自己複製能や多能性を決定付ける要因の一つである。我々はヒストン修飾を介した造血幹細胞の機能制御の解析を進めている。
ポリコーム群複合体は、polycomb repressive complex (PRC) 1とPRC2に大別され、それぞれH2AK119のモノユビキチン化 (H2AK119ub1) とH3K27のトリメチル化 (H3K27me3) を介して遺伝子発現を抑制的に制御する。我々は、造血幹細胞において、ポリコーム群複合体ががん抑制遺伝子や分化関連遺伝子の可逆的な発現抑制を介して、幹細胞の自己複製能・未分化性を維持することを明らかにしてきた。また、胎児(胎児肝)型遺伝子発現プログラムの成体(骨髄)型へのリプログラミングにも関与する。その活性の操作は幹細胞活性の維持・増強にもつながる。一方で、加齢に伴いPRC2機能は軽度に抑制され、加齢幹細胞の特性変化の一因となること、加齢に伴い増加する骨髄球系造血器腫瘍発症のエピゲノム要因となりうることが明らかになりつつある。本セミナーではポリコーム群複合体による造血幹細胞制御の多様な機能について議論したい。

世話人: 〇北村 俊雄 (細胞療法分野)
  武川 睦寛 (分子シグナル制御分野)