東京大学医科学研究所

  1. ホーム
  2. イベント情報■学友会セミナー

学友会セミナー

学友会セミナー:2012年7月17日

開催日時: 2012年7月17日 16:00-17:00
開催場所: 2号館2階大講義室
講師: 山本正人(部長、教授)
所属: ミネソタ大学、外科 基礎・トランスレーショナル研究部-Division of Basic and Translational Research, Department of Surgery, University of Minnesota-
演題: "アデノウィルス・ライブラリーと癌ターゲティングへの応用-Adenovirus Library and Its Application to Cancer-Targeted Oncolytic Adenovirus-"GCOE特別セミナー(医科学教育セミナー)
概要:

増殖型アデノウィルスは、現在までの癌の遺伝子治療の問題点を解決する可能性のあるベクターの一つである。現在まで、標的細胞選択的リガンドをアデノウイルスに導入する試みはほとんど成功しておらず、標的細胞選択的に感染する増殖型アデノヴィルスを作成することは困難であった。我々は、新たに開発した高多様性アデノウイルス・ライブラリーを標的細胞でハイスループット・スクリーニングすることで、新たなターゲティング・リガンドを同定する系を確立した。得られたリガンド配列は、そのままアデノウィルスに組み込み可能で、そのモチーフを持つ増殖型アデノウイルスは、標的蛋白を発現する細胞で、選択的な感染・増殖を示し、in vivoでも、標的腫瘍への高い選択性と、抗腫瘍効果の増強を実現した。
講演では、この話を中心に、現在までのアデノウィルス改変の歩みと、今後の方向性について述べたい。

Oncolytic Adenovirus is one of the vector systems which have potential to overcome current multiple hurdles of cancer gene therapy. Although oncolytic adenovirus selectivity target cancer cells at the step of infection may enable systemic treatment of advanced cancer, development of such vector is still an unmet goal. The mail reason of failure is extreme difficulty to genetically incorporate target cell-specific ligands to adenovirus without sacrificing potent infectivity. We recently established a method to identify a novel adenovirus targeting ligands via high-throughput screening of newly developed high-diversity adenovirus ligand library. The identified ligands were easily incorporated to adenoviruses. The oncolytic adenovirus equipped with the specific ligand showed selective infection and replication in the ligand-expressing cell lines. Furthermore, the virus achieved augmented and extremely selective antitumor effect in the xenograft of target expressing cells, compared to non-targeted virus.
In this seminar, the track record and future direction of adenovirus modification will be presented and discussed with special emphasis to the aforementioned infectivity-selective oncolytic adenovirus.

世話人: ○北村俊雄 (細胞療法/幹細胞シグナル制御)
齋藤泉  (遺伝子解析施設)