東京大学医科学研究所

  1. ホーム
  2. イベント■学友会セミナー

学友会セミナー

最新の学友会セミナー

開催日時: 2017年1月24日 14:00 ~ 15:00
開催場所: 総合研究棟 4階会議室
講師: 水谷 壮利
所属: 公益財団法人 微生物化学研究 会 微生物化学研究所 博士研究員
演題: HIV-1残存感染細胞の活性を測ることの意義
概要:

抗HIV療法の効果により血漿中のHIV RNA量が検出限界未満に抑えられている患者においても、体内では種々のリンパ組織を中心に感染細胞が残存し、低レベルでのウイルス複製が繰り返されている。
我々は、末梢血中の感染細胞では伸長が中途停止したウイルス由来の60-70塩基の短鎖RNA (short transcript, ST) が高頻度に産生されるという知見に着目し、STを指標として末梢血単核球(PBMC)から効率的に感染細胞の活性を評価する系の構築を行った。これまでの解析から、治療により血漿中のHIV RNA量が良好に抑制された状況下であっても、STが高レベルで検出される患者では免疫力の指標であるCD4数の回復が悪く慢性的なT細胞の活性化状態が続いていることを明らかにした。
本セミナーでは、血中ウイルス量の制御とT細胞の活性化状態の沈静化は必ずしも同義ではないことを示すと共に、体内に残存する感染細胞の転写活性を測定することが患者の予後を判断するバイオマーカーになりうる可能性を議論する。

世話人: ○三宅 健介 (感染遺伝学分野)
 清野 宏   (炎症免疫学分野)
開催日時: 2017年2月3日 18:00 ~ 19:00
開催場所: 病院棟8階 南(小)会議室
講師: 臼井 嘉彦
所属: 東京医科大学臨床医学系眼科学分野 講師
演題: アマクリン細胞とマイクログリアが制御するNeurovascular unitによる網膜微小循環の調節とその破綻
概要:

血液―網膜関門に代表される網膜の血管構造は神経系と血管系組織が機能的に相互補助関係にあるneurovascular unit(NVU)を基盤に構築されています。もともと中間ニューロンとして働く網膜のアマクリン細胞は視覚経路で修飾的に働き、時間的・空間的な特徴抽出を行っていると考えられてきました。しかし、アマクリン細胞と網膜マイクログリアが網膜内層の毛細血管形成を制御することでNVUを形成し、低酸素誘導因子の機能を介し、低酸素センサ-そのものとして働くことがわかりました。また、アマクリン細胞が障害されることで内側血液―網膜関門(inner BRB)を構成する網膜中層の毛細血管も障害され、糖尿病網膜症の視力低下の主な原因となっている黄斑浮腫をきたす。網膜は唯一直接可視化できる中枢神経系の臓器であり、NVUの概念より網膜疾患に限らず、様々な中枢神経疾患においての理解が深まることが期待されます。

世話人: ○渡辺 すみ子 (再生基礎医科学)
 中内 啓光 (幹細胞治療分野)
開催日時: 2017年1月16日 13:00 ~ 14:00
開催場所: 総合研究棟 2階共用会議室
講師: 笹沼 寛樹
所属: 東京大学医科学研究所 発生工学研究分野 特任研究員
演題: B細胞の分化・機能におけるPtbp1の役割
概要:

選択的スプライシングをはじめとする遺伝子の転写後制御は、遺伝子の正確な発現を担保するだけでなく、細胞の分化・生存・機能・活性化などの面からも極めて重要である。例えば、B細胞が産生する抗体はIg重鎖遺伝子から膜型(B細胞受容体)として転写されたmRNA前駆体が、選択的スプライシングにより分泌型(抗体)へと変化した物であることがよく知られている。このような転写後制御機構はRNA結合タンパク質を介して厳密に制御されているが、標的RNAの制御方法や細胞の生理機能との関連については不明な点が多い。Ptbp1はhnRNPファミリーに属するRNA結合タンパク質の一つで、標的RNAのピリミジン塩基に富む配列に結合する。これまでに我々は、Ptbp1がES細胞や神経幹細胞の分化に必須であることを明らかにしてきた。最近、我々はPtbp1がリンパ球系において高発現していることを見出し、これらの細胞の分化や機能に関与する可能性が高いと予想した。本セミナーでは、これまでの我々のB細胞特異的Ptbp1欠損マウスを用いた解析結果を中心に、最新の研究結果を紹介していきたい。

世話人: ○甲斐 千恵子 (実験動物研究施設)
 中江 進 (システムズバイオロジー研究分野)
開催日時: 2017年1月11日 11:00~12:00
開催場所: 2号館 大講義室
講師: 相良 洋
所属: 東京大学医科学研究所 疾患プロテオミクラボラトリー 助教
演題: 連続超薄切片走査型電子顕微鏡観察法による網膜神経回路解析の試み
概要:

網膜の光受容細胞で受容された光刺激は網膜の層構造を構成する神経細胞により情報統合され、統合された情報が視神経を通して脳へ送られる。網膜神経細胞による情報統合は神経細胞間のシナプス結合における情報伝達を介して行われるが、その形態学的解析は技術的に困難であった。私は様々な手法を用いて網膜神経回路の形態学的解析を試みているが、近年、連続超薄切片を走査型電子顕微鏡で観察する方法によりその可能性を見出したので紹介する。

世話人: ○山梨 裕司 (癌細胞増殖部門)
 井上 純一郎 (分子発癌分野)
開催日時: 2017年1月16日 18:00 ~ 19:00
開催場所: 2号館2階 小講義室
講師: 日野 信次朗
所属: 熊本大学発生医学研究所 細胞医学分野・助教
演題: ヒストン脱メチル化酵素LSD1による環境応答と代謝制御
概要:

栄養や酸素供給等の環境に応じた代謝表現型の構築は、生物の長期的生存戦略や体質形成において重要であるだけでなく、様々な疾患リスクとも密接に関わっている。このようなエネルギー代謝転換には、環境応答性エピゲノム変換を介した細胞記憶の形成が必須であると考えられるが、その仕組みはほとんどわかっていない。
ヒストン脱メチル化酵素であるLSD1は、メチル化されたヒストンH3リジン4(H3K4)を脱メチル化する酵素であり、転写抑制や抑制型クロマチン形成に寄与する。我々はこれまでに、LSD1がさまざまな環境に応じたエネルギー代謝転換において必須の役割を果たすことを明らかにしてきた。また、LSD1はFAD(フラビンアミンジヌクレオチド)依存性酵素であり、リボフラビン代謝による細胞内FAD合成が、LSD1による代謝遺伝子発現の調節に必須であることを明らかにしている。
最近、LSD1がグルココルチコイドやインスリンなどの代謝ホルモンと連携して筋分化過程における代謝転換を誘導することを見いだした。本セミナーでは、LSD1の分子機能について紹介しつつ、生物の環境適応を支えるエピゲノム形成機構とその意義について議論したい。

世話人: ○田中 廣壽 (免疫病治療学分野)
 武川 睦寛 (分子シグナル制御分野)
開催日時: 2016年12月21日 16:00 ~ 17:00
開催場所: 総合研究棟2階 共用会議室
講師: 佐藤 宏樹
所属: 実験動物研究施設・助教
演題: モービリウイルス感染後の宿主転写変動機構の解明
概要:

モービリウイルス属は、人のはしかの原因となる麻疹ウイルスをはじめ牛疫ウイルスやイヌジステンパーウイルスなどを含み、それぞれの自然宿主に対して非常に高い感染力と一過性の激しい免疫抑制など共通の特徴的な強い病原性を示す。 in vitroにおいては細胞種によって感染後に異なる反応を引き起こすことが古くから報告されており、特に上皮系細胞で誘導される応答が血球系細胞では抑制されることが知られていたが、その全体像は不明であった。
 そこで発表者らはこれら2種の細胞株でモービリウイルス感染後のマイクロアレイ解析を行い、上皮系細胞では抗ウイルス応答をはじめとする遺伝子発現上昇に加え、ハウスキーピング遺伝子群の発現が一気に低下する現象を見いだした。加えて血球系細胞ではこれら変動がほぼ抑制されることも明らかにした。このことは、定常状態の細胞においてハウスキーピング遺伝子群の発現を維持する機構が上皮系細胞ではウイルス感染により抑制されることにより、広範な遺伝子発現低下を引き起こすことを示唆する。そこで感染後の宿主因子の翻訳後修飾の変化を指標に遡って検索し、脱リン酸化酵素の一つがハウスキーピング遺伝子群の発現を誘導する一連のカスケードを解明した。さらにウイルスゲノムが複製してヌクレオカプシドが細胞内に蓄積することでこの脱リン酸化酵素の不活化が起こり、下流の2種の転写因子の活性低下とそれに伴う遺伝子発現低下が起こることを明らかにした。
 本セミナーではこの現象を中心に紹介するとともに、血球系細胞においてこの発現変動が抑制される現象とウイルスアクセサリー蛋白の関与、さらに感染後の転写因子ネットワーク全容の解明など最新の結果についても紹介する。

世話人: ○吉田 進昭(発生工学研究分野)
 甲斐 知恵子(実験動物研究施設)
開催日時: 2016年12月20日 16:00 ~ 17:00
開催場所: 総合研究棟2階 共用会議室
講師: 市瀬 多恵子
所属: 発生工学研究分野・助教
演題: 表皮形成におけるRas下流シグナル経路の機能分担とCBP/p300の役割
概要:

生体と外界のインターフェースである表皮は、基底膜上の未分化な基底細胞が増殖して表皮シートを維持する一方、基底膜から解離した基底細胞が外表方向に分化して多層構造を形成することで維持される。この表皮は、生体に必須な組織として重要な研究対象であると同時に、増殖、分化、癌化などに関わる分子メカニズムの理解や探索に適した研究ツールでもある。本セミナーでは、特定の下流シグナルのみを活性化するRasエフェクター変異体を表皮特異的に発現する遺伝子導入マウスにおいて、Ras変異体の種類に特徴的な表現型異常を見出したので報告したい。また、Ras/Erk MAPキナーゼ経路の活性化に依存したマウス表皮の表現型異常において、リジン残基アセチル基転移酵素CBP/p300の遺伝子がgenetic modifierとして寄与する知見を得たので、合わせて報告したい。

世話人: ○甲斐 知恵子(実験動物研究施設)
 吉田 進昭(発生工学研究分野)
開催日時: 2017年1月13日 14:00~15:30
開催場所: 4号館3階 国際粘膜ワクチン開発研究センター
講師: 藤本 康介
所属: 大阪大学大学院医学系研究科 呼吸器・免疫アレルギー内科学・大学院生
演題: 粘膜免疫を制御する因子の解析
概要:

自己免疫疾患の発症には遺伝的な背景に加え、さまざまな環境要因が必要とされる。近年、次世代シーケンサーの台頭によって、大規模な解析が身近に行われるようになり、疾患感受性遺伝子の同定や環境要因の一つとして重要な腸内細菌などの微生物叢の解析が急速に進んできた。慢性的な腸管炎症をきたす炎症性腸疾患では、腸管バリア機能の破綻が数多く報告されていることから、特に外来抗原や微生物と私たち宿主とを分け隔てる腸管上皮細胞に着目し、ゲノムワイド関連解析から得られた疾患感受性遺伝子とリンクさせることで、腸管恒常性に寄与する新規遺伝子を探索してきた。本発表では、私たちの研究グループが最近報告した潰瘍性大腸炎関連遺伝子Ring finger protein 186と腸管炎症の関連を紹介すると共に、最近少しずつ明らかとなってきた常在真菌叢と疾患との関連についても紹介する。

世話人: ○三宅 健介(感染遺伝学分野)
 植松 智 (自然免疫制御分野)
開催日時: 2016年12月14日 14:00〜15:00
開催場所: 総合研究棟4階 共用会議室
講師: 神里 彩子
所属: 研究倫理支援室・特任准教授
演題: 「倫理審査」及び「研究倫理支援」の今後の在り方についての考察
概要:

近年、研究倫理の重要性への研究者の認識は一段と高まり、また、厚労省による倫理審査委員会認定制度の導入や「臨床研究法案」における臨床研究審査委員会認定制度の提案等にみられるように、国からの「倫理審査の質の向上」の要請も強まっている。そのような中、研究者や倫理審査委員会等を倫理面でサポートする「研究倫理支援」業務に携わる人-研究倫理支援者-も増えている。しかし、「研究倫理支援」の範囲や方法は機関によって異なっており、その概念整理からはじめる必要がある。本セミナーでは、我々が実施した研究倫理支援の実態調査を紹介し、そこから研究倫理支援の実施体制を「臨床研究支援部門型」、「事務部門型」、そして医科学研究所研究倫理支援室のような「研究倫理支援部門型」の3つに類型化できることを考察する。
 その上で、医科学研究所研究倫理支援室のこれまでの支援についても類型的に整理し、その一類型である「新規性のある倫理的課題についての支援」に該当する「動物性集合胚研究」への倫理支援、及び、その後の政府における議論についても紹介する。
 最後に、以上を踏まえつつ、医科学研究所の倫理審査、及び、研究倫理支援の今後の方向性について検討したい。

世話人: ○長村 文孝(先端医療開発推進分野)
 東條 有伸(分子療法分野)
開催日時: 2016年12月13日 16:00〜17:00
開催場所: 総合研究棟4階 共用会議室
講師: 堤 武也
所属: 東京大学大学院医学系研究科(感染症内科)・助教
演題: C型肝炎ウイルスによる肝発癌機構の解明
概要:

C型肝炎ウイルス(HCV)感染は慢性肝炎、肝硬変に進展し、高率に肝発癌を引き起こす。HCVの研究はここ10年で飛躍的に進歩し、HCVをターゲットとした治療薬(DAA製剤)が開発され、臨床的に顕著な効果が認められている。一方で、HCV感染に伴う肝発癌の機序は未だはっきりとは解明されておらず、臨床的にはウイルス排除後の発癌も見られ、問題となっている。我々のグループはHCVのコア蛋白を発現するトランスジェニックマウスを作製し、肝脂肪化を経て肝発癌が認められることを以前に報告した。発癌の機序を解明するため、このマウスの肝臓を遺伝子解析し、発現変化した遺伝子を同定、その変化の機序と発癌への寄与について検討を行い、TNF-やIL-1といったサイトカイン発現の増加とその下流のシグナル伝達の増強、ならびに細胞増殖や脂質代謝に関与する転写因子であるRXR-とコア蛋白との結合とその影響を見いだした。また、このマウスの肝細胞内のミトコンドリアに形態学的異常が認められること、ならびに肝臓内の酸化ストレスが増強していることに着目し、ミトコンドリアのプロテオーム解析を行い、発現が変化した蛋白を同定し、コア蛋白との関わりとその影響を解明した。また最近では、この異常ミトコンドリア蓄積に着目し、コア蛋白によるマイトファジー抑制機構について検討を行っている。本セミナーでは私たちの研究を今後の展望も含めて紹介したい。

世話人: ○東條 有伸(分子療法分野)
 四柳 宏 (感染症分野)