東京大学医科学研究所

  1. ホーム
  2. イベント■学友会セミナー

学友会セミナー

最新の学友会セミナー

開催日時: 2016年12月14日 14:00〜15:00
開催場所: 総合研究棟4階 共用会議室
講師: 神里 彩子
所属: 研究倫理支援室・特任准教授
演題: 「倫理審査」及び「研究倫理支援」の今後の在り方についての考察
概要:

近年、研究倫理の重要性への研究者の認識は一段と高まり、また、厚労省による倫理審査委員会認定制度の導入や「臨床研究法案」における臨床研究審査委員会認定制度の提案等にみられるように、国からの「倫理審査の質の向上」の要請も強まっている。そのような中、研究者や倫理審査委員会等を倫理面でサポートする「研究倫理支援」業務に携わる人-研究倫理支援者-も増えている。しかし、「研究倫理支援」の範囲や方法は機関によって異なっており、その概念整理からはじめる必要がある。本セミナーでは、我々が実施した研究倫理支援の実態調査を紹介し、そこから研究倫理支援の実施体制を「臨床研究支援部門型」、「事務部門型」、そして医科学研究所研究倫理支援室のような「研究倫理支援部門型」の3つに類型化できることを考察する。
 その上で、医科学研究所研究倫理支援室のこれまでの支援についても類型的に整理し、その一類型である「新規性のある倫理的課題についての支援」に該当する「動物性集合胚研究」への倫理支援、及び、その後の政府における議論についても紹介する。
 最後に、以上を踏まえつつ、医科学研究所の倫理審査、及び、研究倫理支援の今後の方向性について検討したい。

世話人: ○長村 文孝(先端医療開発推進分野)
 東條 有伸(分子療法分野)
開催日時: 2016年12月13日 16:00〜17:00
開催場所: 総合研究棟4階 共用会議室
講師: 堤 武也
所属: 東京大学大学院医学系研究科(感染症内科)・助教
演題: C型肝炎ウイルスによる肝発癌機構の解明
概要:

C型肝炎ウイルス(HCV)感染は慢性肝炎、肝硬変に進展し、高率に肝発癌を引き起こす。HCVの研究はここ10年で飛躍的に進歩し、HCVをターゲットとした治療薬(DAA製剤)が開発され、臨床的に顕著な効果が認められている。一方で、HCV感染に伴う肝発癌の機序は未だはっきりとは解明されておらず、臨床的にはウイルス排除後の発癌も見られ、問題となっている。我々のグループはHCVのコア蛋白を発現するトランスジェニックマウスを作製し、肝脂肪化を経て肝発癌が認められることを以前に報告した。発癌の機序を解明するため、このマウスの肝臓を遺伝子解析し、発現変化した遺伝子を同定、その変化の機序と発癌への寄与について検討を行い、TNF-やIL-1といったサイトカイン発現の増加とその下流のシグナル伝達の増強、ならびに細胞増殖や脂質代謝に関与する転写因子であるRXR-とコア蛋白との結合とその影響を見いだした。また、このマウスの肝細胞内のミトコンドリアに形態学的異常が認められること、ならびに肝臓内の酸化ストレスが増強していることに着目し、ミトコンドリアのプロテオーム解析を行い、発現が変化した蛋白を同定し、コア蛋白との関わりとその影響を解明した。また最近では、この異常ミトコンドリア蓄積に着目し、コア蛋白によるマイトファジー抑制機構について検討を行っている。本セミナーでは私たちの研究を今後の展望も含めて紹介したい。

世話人: ○東條 有伸(分子療法分野)
 四柳 宏 (感染症分野)
開催日時: 2016年12月13日 17:45~18:45
開催場所: 2号館2階 大講義室
講師: 吉川 賢忠
所属: 附属病院アレルギー免疫科・病院講師
演題: リウマチ膠原病における難治性病態の解明と治療法開発
概要:

関節リウマチをはじめとしたリウマチ膠原病の診療において、生物学的製剤の導入などによってパラダイムシフトが訪れた。従来、関節リウマチに関しては疾患修飾性抗リウマチ薬(免疫調節薬)やステロイドを用いても治療成績は満足できるものではなく、治療薬による副作用も問題であった。しかし、最近では治療体系も大きく変化し生物学的製剤が比較的早期から積極的に導入され、治療成績が大幅に改善している。当アレルギー免疫科においても、新規関節リウマチ患者の寛解導入率は80%を超えている。しかし、その一方で、いまだに有効な治療法が存在しない難治性病態も存在することも事実である。わたしどもは、その中でも、肺高血圧症、ステロイド誘発性骨格筋萎縮(ステロイドミオパチー)に焦点をあてて研究を行ってきた。肺高血圧は混合性結合組織病、全身性硬化症に一定頻度で合併する予後不良の病態である。私どもは心筋肥大抑制作用を有するRNA結合タンパクHEXIM1の研究から、心臓の病的リモデリングを新たな治療標的とした戦略を提案するに至っている。ステロイドミオパチーはステロイド大量投与患者に高頻度に発生する副作用であり、私どもは世界に先駆けてその病態を詳細に解明したとともに、ステロイド服用中のリウマチ膠原病患者を対象として分岐鎖アミノ酸経口投与の有効性を検証する医師主導型臨床試験に展開した。かかる治療法の有効性が示唆されたものの、同時に、いくつかの問題点も確認された。本セミナーでは、肺高血圧症、ステロイドミオパチーに対する私どものこれまでの基礎的研究を概括して先の臨床試験の結果を報告するとともに、これからの展望に関して議論したい。

世話人: ○小澤 敬也(病院長)
 田中 廣壽(抗体・ワクチンセンター長)
開催日時: 2016年12月9日 18:00 ~ 19:00
開催場所: 病院A棟8階 北(大)会議室
講師: 國松 聡
所属: 東京大学大学院医学系研究科放射線医学講座・准教授
演題: 脳MRIによる画像診断:形態の奥にあるものをみる
概要:

現代の医療現場において、MRIは非侵襲的に診断を得るための有力なツールとして重要な位置を占めている。MRIにて取得される画像は形態情報を基本とするが、ほかにも様々な情報を内包している。本セミナーでは、そのような例として(1)拡散強調MRIならびに拡散テンソルMRI、および(2)医用画像のテクスチャ解析における我々の研究内容を紹介する。
 (1)生体内水分子の拡散能を反映する拡散強調MRIの臨床上の最大のインパクトは、急性期脳梗塞に対して非常に高い感度を有するというものである。一方で、中枢神経疾患のなかには画像上の形態や症状が脳梗塞ときわめて類似するにもかかわらず、虚血を本態とするものではないために根本的な治療法が異なるものが少なからず存在する。我々は、そのような疾患のうち神経ベーチェット病を対象として、拡散強調MRIを併用することで、脳梗塞との鑑別が可能であることを示している。また、拡散強調MRIの拡張である、拡散テンソルMRIを用いることで、脳の神経線維束の方向を推定し、モデル的に表示することができる。この手法は拡散テンソルトラクトグラフィーと呼ばれ、脳神経外科手術の術前マッピング手法として現在も活用されている。我々は、皮質脊髄路近傍に生じた脳梗塞症例に対して拡散テンソルトラクトグラフィーを応用し、機能予後の予測に役立つことを示している。
 (2)医用画像のテクスチャ解析は、近年の人工知能や自動化技術の発達に関連して、注目を浴びている。テクスチャ解析では、隣接画素間の相互関係により、画像の均一性や相関性、対照性などに関する定量値を得ることができ、人間の認知を補完することが期待されている。また、得られたテクスチャ指標は、特徴量として機械学習に使用することができる。我々は、造影MRIでの類似の画像所見を示すことのある2種類の脳腫瘍、膠芽腫および原発性脳悪性リンパ腫を対象とし、それぞれの典型画像から得られたテクスチャ指標を教師データとして機械学習を行ったのち、放射線科医が実際に診断に苦慮した非典型画像に対して得られた判別器による分類を行わせたところ、8割近い正答率を得ている。このように、機械学習や人工知能に関する技術は、画像診断の分野においても活躍が期待されているが、主流となりつつある深層学習には一般に数千件以上のデータが必要とされ、その場合に必然的に生じる画像の機種間差や施設間差をどう扱うかなど、まだまだ解決すべき課題がある。

世話人: ○小澤  敬也(病院長、遺伝子治療開発分野・教授)
 桐生  茂(放射線部/放射線科・准教授)
開催日時: 2016年12月9日 14:00~15:00
開催場所: 病院棟8階 北会議室
講師: Xavier Leleu
所属: Professor, Chef du Service d’hematologie, CHU de Poitiers,Poitiers University
演題: Understanding the greatest limitations to myeloma in the Era of prolonged survival
概要:

Multiple myeloma, the second most frequent hematology malignancy, derived from bone marrow plasma cell involvement has demonstrated prolonged survival in recent years with the development of new classes and novel generations of anti myeloma agents. Still, there are tremendous challenges ahead of us, including clonal evolution, potential unability of myeloma tumor cells to enter a dormant phase despite profound minimal residual disease, and systematic, at least so far, tumor derived drug mechanisms of resistance.
Furthermore, the high risk and ultra high risk myeloma appear not to benefit from the current drug developments much, possibly including most recent immunotherapy concepts. What could be the future for these patients characterized with the greatest dismal prognosis of all myeloma, and possibly we need to reinvent Myeloma therapeutic paradigm for these patients.

世話人: ○東條 有伸 (分子療法分野)
 安井 寛  (先端ゲノム医療の基盤研究寄付研究部門)
開催日時: 2016年12月15日 16:30~18:00
開催場所: 総合研究棟 4階 会議室 
講師: John David Clemens
所属: Executive Director, International Centre for Diarrhoeal Disease Research, Bangladesh/Professor of Epidemiology, UCLA
演題: Killed oral cholera vaccines: from concept to public health reality
概要:

Cholera remains a major global health problem, causing approximately 100,000 deaths annually, about half in Sub-Saharan Africa, and, increasingly, major epidemics. Although earlier generation, parenteral killed whole cell vaccines were abandoned as public health tools due to their limited protective efficacy and unacceptable reactogenicity, attention turned to the development of oral vaccines, which efficiently stimulate intestinal mucosal immunity, the basis for immune protection against cholera. Both killed and live oral vaccines have been licensed, although only killed whole cell, oral vaccines are currently manufactured and available. These licensed vaccines are currently produced in Sweden, Vietnam and India. They have been shown not only confer moderate levels of direct protection to vaccinated individuals, but also herd protection, which greatly augments the protective effect of these vaccines at the population level. The combination of direct and herd protective effects also improves the cost-effectiveness profiles of these vaccines. Demonstration projects have shown these vaccines, which do not require qualified medical personnel for their administration, to be acceptable and logistically and programmatically feasible in developing country settings, ranging from stable settings to difficult circumstances such as refugee setting and humanitarian disasters. In view of these attractive features, two killed whole cell, oral cholera vaccines have been prequalified by WHO for international use. As well, WHO has recently created a stockpile for use of these vaccines in emergency situations, and GAVI has allocated funds to support the purchase of killed whole cell, oral cholera vaccines for use in developing countries. At the same time, efforts continue to develop improved newer generation cholera vaccines using several approaches, including killed whole cell, oral vaccines; live-attenuated whole cell, oral vaccines; and parenterally administered conjugate vaccines. While cholera vaccines should not be considered in isolation from other preventive approaches, especially improved water and sanitation, they represent important tools to control both endemic and epidemic cholera.

世話人: ○清野 宏 (炎症免疫学分野)
 三宅 健介 (感染遺伝学分野)
開催日時: 2016年12月9日 16:00~17:30
開催場所: 総合研究棟 4階 会議室  
講師: Cathryn R. Nagler
所属: Professor of Pathology, Medicine, Pediatrics and the College Committee on Immunology, Bunning Food Allergy Professor, The University of Chicago
演題: Innate immune regulation of sensitization to dietary antigens by commensal bacteria
概要:

Immunoregulatory responses induced by commensal bacteria are critical to preventing intestinal inflammation. Whether the intestinal microbiota also plays a role in regulating non-responsiveness to the other major luminal constituent - food - has been poorly understood. Murine models developed in our laboratory demonstrate that sensitization to a food allergen is enhanced in mice that have been treated by neonatal antibiotic administration (Abx) or are devoid of commensal microbes (germ free). By selectively colonizing germ free mice we showed that the allergy-protective capacity is contained within the Clostridia, a class of anaerobic spore-forming Firmicutes that resides in close proximity to the intestinal epithelium. Reintroduction of a Clostridia-containing microbiota to Abx-treated mice blocks sensitization to a food allergen. Microarray analysis of intestinal epithelial cells isolated from gnotobiotic mice identified a novel innate mechanism by which Clostridia protect against sensitization to dietary antigens. Clostridia colonization induces the production of the barrier protective cytokine IL-22 by both innate lymphoid cells and T cells in the intestinal lamina propria. IL-22-mediated effector functions, including the production of mucus and anti-microbial peptides, collectively contribute to protection against sensitization by reducing the access of dietary antigen to the systemic circulation. Our mouse model work is supported by translational studies comparing the fecal microbiota of healthy infants to that of infants with cow’s milk allergy (CMA). We find that the CMA infant microbiome has the diverse community structure typical of adults. Treatment of CMA infants with a tolerance inducing formula supplemented with the probiotic Lactobacillus rhamnosus GG (LGG) is associated with changes in microbial community structure that include the expansion of butyrate-producing Clostridia and significantly higher levels of butyrate detectable in feces. Butyrate, but not other short chain fatty acids, regulates epithelial barrier function in our mouse model. Commensal bacteria produce butyrate by fermentation of insoluble dietary fiber and we also find that mice weaned onto high fiber diets exhibit reduced intestinal permeability to food antigens. Further elucidation of the mechanisms by which innate immune signals from commensal bacteria and their metabolites regulate the intestinal epithelial barrier will inform the development of novel microbiome modulating approaches to prevent or treat sensitization to food.

世話人: ○清野 宏 (炎症免疫学分野)
 三宅 健介 (感染遺伝学分野)
開催日時: 2016年11月29日 15:30 ~ 16:30
開催場所: 2号館 小講義室
講師: 服部 鮎奈
所属: University of Georgia Biochemistry & Molecular Biology Postdoctoral Research Associate
演題: アミノ酸代謝制御とがん幹細胞維持
概要:

組織幹細胞は自己複製能と多分化能を併せ持つ特殊な細胞で、常に新しい前駆・成熟細胞を供給することで恒常性の維持に貢献している。腫瘍組織にも自己複製能・分化能の異なる複数種のがん細胞が存在し、正常組織と同様の階層を為す。その頂点にあるがん幹細胞は、化学療法や放射線照射に高い抵抗性を示し、がん組織の長期的維持や転移、部分寛解後の再発に寄与することから新たな治療標的になると期待されている。これまでに我々は、慢性骨髄性白血病(CML)のがん幹細胞維持にRNA 結合因子Musashi が必須であることを明らかにしてきた。今回、Musashi の標的因子として分岐鎖アミノ酸アミノトランスフェラーゼ(ATase)を同定した。CML 細胞においてMusashi はATase mRNA に結合し、ATase タンパクの発現を制御することがわかった。また、分岐鎖アミノ酸の細胞内濃度はCMLの病期進行に伴い上昇していた。この因子の機能を阻害すると、細胞分化が促進されてがん幹細胞活性が消失し、白血病による個体死が遅延することを示した。患者検体の遺伝子発現解析を行ったところ、ATase はヒトCML やAML においても高発現していた。ATase 発現抑制および活性阻害薬処理によってヒト白血病細胞のコロニー形成能が低下すること、このコロニー形性能低下は分岐鎖アミノ酸の添加によって回復することを見出した。これらのことから、白血病の維持に分岐鎖アミノ酸代謝が必須であることが示唆された。加えて、Musashi の発現抑制によるコロニー形成能低下はATase 過剰発現によって抑圧された。以上の結果から、Musashi はATase の転写後発現制御を介して、分岐鎖アミノ酸代謝を促進し、白血病幹細胞の維持に働くことを明らかにした。

世話人: ○北村 俊雄  (細胞療法分野)
 中西 真 (癌防御シグナル分野)
開催日時: 2016年11月22日 16:30 ~ 17:30
開催場所: 2号館 小講義室
講師: Fumiko Esashi
所属: University of Oxford, Medical Sciences Division・Group Leader
演題: How do human cells maintain genome stability?
概要:

ゲノム情報の安定な維持は、細胞が正常に機能するために重要な役割を担っています。ところが、ゲノムDNAは、特に成長や分裂を繰り返す細胞でDNA複製、転写、活性酸素といった様々なストレスを受けます。 このようなストレスはDNAに損傷を与え、これが適正に修復されなければ癌のような疾患の原因になることが分かっています。私たちの研究室では、損傷を受けてしまったDNAを 正確に修復するメカニズム、そしてDNA損傷そのものを防ぐ分子メカニズムの研究解析を行っています。このセミナーでは、遺伝性乳癌やファンコニ貧血の原因遺伝子であるBRCA2やPALB2に注目し、これらのタンパク質が活発に成長分裂する細胞内でどのようにゲノム情報の維持に関与するのか、分子メカニズムや制御システムなど最新の知見をおりまぜて議論したいと思います。

世話人: ○中西 真 (癌防御シグナル分野)
 北村 俊雄 (細胞療法分野)
開催日時: 2016年12月13日 17:30 ~ 18:30
開催場所: 2号館 小講義室 
講師: Garth L. Nicolson
所属: Founder, President & Chief Scientific Officer, The Institute for Molecular Medicine, Huntington Beach, California.
演題: Updated Fluid-Mosaic Membrane Model and the Use of Membrane Lipid Replacement for Chronic Illnesses and Cancer
概要:

Garth Nicolson博士は、細胞膜の流動モザイクモデルの提唱者として名高い。S. J. Singer博士と共著で1972年にScience誌に発表されたこの論文は、Nicolson博士の博士論文を発展させたものであったが、そこで述べられている細胞膜の構築がダイナミックに変化するという概念は、その後の細胞シグナル、細胞間相互作用、細胞オルガネラの機能などの研究の発展に大きな影響を与えた。この研究成果はもともと細胞表面の糖鎖の分布状態を糖鎖結合タンパク質を使って電子顕微鏡で検出することによって達成されたものであった。同時にNicolson博士は、細胞表面の糖鎖の動き易さががん細胞と正常細胞で異なることを発見した。これらの成果を背景に、がん転移の研究に向かったNicolson博士は、がん転移における血管内皮の重要性を早くから指摘し、血管内皮細胞外マトリックスの成分であるヘパラン硫酸を分解する酵素ががん転移に関与することを発見するなど、この領域に数多くの貢献をした。その後は流動モザイクモデルの考えに基づき、リン脂質と抗酸化物質を用いた膜脂質置換療法を慢性疾患や原因不明疾患の治療に積極的に導入し、成功をおさめている。

世話人: ○谷 憲三朗 (ALA先端医療学社会連携研究部門 特任教授)
 北村 俊雄 (幹細胞シグナル制御分野教授)