東京大学医科学研究所

  1. ホーム
  2. 大学院教育■大学院セミナー

大学院セミナー

2009年テーマ 【分子と生命現象の可視化】

医科学研究所では、毎年テーマを決めて大学院生を対象としたセミナーを開いている。各々の年の決定されたテーマに関していろいろな視点から最先端の研究を展開しておられる方々に講師をお願いし、現在どのような研究が進められていて、どこまで明らかにされているかが幅広く理解できるように計画がたてられている。

場所:医科学研究所講堂

順番 日時 講師名/ 所属/ 演題 担当
1 *日程変更 8/31(月)
13:30 ~  15:00

川口 寧

東京大学医科学研究所ウイルス学分野 准教授

ウイルス粒子成熟過程の可視化

 
2 4/20(月)
13:30 ~  15:00

河西 春郎

東京大学大学院医学系研究科構造生理学部門 教授

2光子顕微鏡を用いた大脳シナプス可塑性の研究

真鍋 俊也
3 4/27(月)
13:30 ~  15:00

中野 明彦

東京大学大学院理学系研究科発生生物学研究室 教授

膜交通の可視化と謎解き−とくにゴルジ体の論争を例に

濡木 理
4 5/11(月)
13:30 ~  15:00

佐藤 主税

産業技術総合研究所構造生理研究グループ グループリーダー

電子顕微鏡で分子を見る

濡木 理
5 5/18(月)
13:30 ~  15:00

嶋田 一夫

東京大学大学院薬学系研究科生命物理学研究室 教授

核磁気共鳴法による生命現象の可視化

濡木 理
6 5/25(月)
13:30 ~  15:00

胡桃坂 仁志

早稲田大学理工学術院構造生物学研究室 教授

染色体の安定維持機構の分子メカニズム

濡木 理
7 6/1(月)
13:30 ~  15:00

濡木 理

東京大学医科学研究所染色体制御分野 教授

物質の膜輸送の構造生物学

      
8 6/8(月)
13:30 ~  15:00

廣瀬 謙造

東京大学大学院医学系研究科神経生物学分野 教授

神経細胞機能の可視化

村上 善則
9 6/15(月)
13:30 ~  15:00

村上 聡

東京工業大学大学院生命理工学研究科構造解析学分野 教授

多剤排出トランスポーターによる多基質認識と輸送機構

石谷隆一郎
10 6/22(月)
13:30 ~  15:00

井上 豪

大阪大学大学院工学研究科構造物理化学領域 教授

革新的タンパク質結晶化技術と創薬バリューチェインの構築

濡木 理
11 6/29(月)
13:30 ~  15:00

稲垣 冬彦

北海道大学大学院薬学研究院構造生物学研究室 教授

自然免疫の構造生物学

川口 寧
12 7/6(月)
13:30 ~  15:00

宮脇 敦史

理化学研究所脳科学総合研究センター細胞機能探索技術開発チーム チームリーダー

New fluorescent probes and new perspectives in bioscience

北村 俊雄
13 7/13(月)
13:30 ~  15:00

今村 健志

癌研究会癌研究所生化学部 部長

がん細胞機能と微小環境のインビボ光イメージング

北村 俊雄
14 9/14(月)
13:30 ~  15:00

永井 健治

北海道大学電子科学研究所ナノシステム生理学研究分野 教授

Deciphering enigma of biological functions by genetically-encoded molecular spies.

濡木 理
15 9/28(月)
13:30 ~  15:00

大杉 美穂

東京大学医科学研究所癌細胞シグナル分野 准教授

マウス受精卵〜初期胚における染色体分配機構の特性