The University of Tokyo

東京大学医科学研究所

  1. ホーム
  2. 医科学研究所の紹介■研究プロジェクト

研究プロジェクト

「再生医療の実現化プロジェクト」は、細胞移植・組織移植によってこれまでの医療を根本的に変革する可能性を有する再生医療について、必要な幹細胞利用技術等を世界に先駆けて確立し、その実用化を目指すものです。

本プロジェクトは理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの西川伸一プロジェクトリーダーのもと、1)幹細胞バンクの整備、2)幹細胞操作技術の開発、3)幹細胞治療法の開発とその臨床応用、の3つを柱として構成されています。東京大学医科学研究所では中内啓光教授をリーダーとして、造血幹細胞をはじめとする幹細胞の有力な供給源の一つである臍帯血を利用した研究用幹細胞バンクを設立し、基礎研究やトランスレーショナルリサーチを行う多くの研究者に正常ヒト細胞を供給できる体制を整え、再生医療の実現に向けて研究活動を促進することを目指します。