東京大学医科学研究所

  1. ホーム
  2. 医科学研究所の紹介■共同研究

共同研究

平成28年度共同研究報告書

ID No.研究代表者研究課題名
1002小笠原 一誠難治がんに対する複合的がんワクチン療法と個別化医療の開発研究
1003加藤 幸成がん特異的抗体(CasMab)の標的化改変ヘルペスウイルスベクターへの応用
1004奥山 隆平IL-12発現型がん治療ウイルスを用いた悪性黒色腫のウイルス免疫療法開発
1005海堀 昌樹ヒト肝細胞がんに対する増殖型遺伝子組換えウイルスを用いた新治療法の開発研究
1007山崎 奈穂Lnk Sh2b3発現抑制を利用した新規ヒト造血幹細胞移植法の開発
1008門脇 則光造血器腫瘍に対するHSV-1ウイルス療法の開発
1009藤木 稔悪性髄膜腫を始めとした非グリオーマ性悪性脳腫瘍における第三世代がん治療用単純ヘルペスウイルスの治療効果の検討
1010大橋 十也ムコ多糖症II型の造血幹細胞を標的とした遺伝子治療法の前臨床試験
1011上久保 靖彦p53ミューテーション陽性腫瘍根絶を目指した人工アポトーシス誘導転写因子の開発
1012須藤 和寛異なるドナーに由来する臍帯血造血幹細胞の性状の比較解析
1013古郷 幹彦進行口腔扁平上皮癌に対する第三世代がん治療用単純ヘルペスウイルスI型を用いたウイルス療法の効果の検討
1015福田 隆浩成人T細胞白血病リンパ腫(ATL)に対する化学療法・同種造血幹細胞移植の治療効果に関する新規評価法の開発
2001越川 直彦細胞表層プロテオリシスによるがん悪性化機構の解明
2003前田 大地子宮頚部胃型腺癌の発生と進展に関するゲノム病理学的研究
2004大木 理恵子神経内分泌腫瘍(NET)のがん抑制遺伝子PHLDA3欠損マウス作製によるNET発症メカニズムの解明
2005西川 喜代孝サブタイプ特異的Ca2+/カルモデュリン依存性プロテインキナーゼ阻害薬の開発と骨粗鬆症治療への応用
2006藤井 智明ゼブラフィッシュをモデルとした網膜色素変性症の病態および視細胞変性の分子機構の解明
2007藤澤 聡郎IL-13Ra2を標的とした膵臓癌転移抑制と生命予後の延長
2008村上 晶Leber先天盲にて見だされたNMNAT1の遺伝子変異の視細胞変性分子基盤の解析
2009出口 敦子Toll様受容体依存性転移前ニッチ形成における免疫応答の作用機序の解明
2010高橋 明格肝臓疾患・恒常性維持におけるmRNA分解機構の意義
2011木下 英司癌に由来するMEK遺伝子変異体の異常リン酸化の機能解析および病理学的意義の解明
2012河村 由紀腹膜偽粘液腫の分子病態解析
2013徳永 暁憲インスリン様シグナルを介した糖尿病随伴認知機能障害の発症機序の解明
2014藤田 美歌子TRAF6の機能を特異的に阻害する低分子化合物の開発
2016末次 志郎細胞の突起形成に関わる遺伝子のがん形成における役割
2017辻田 実加モデルマウスを用いたVWM型白質脳症の新規治療薬の探索
2018本村 政勝筋無力症の発症機構の解明と治療手法の開発
2019飯村 忠浩超解像顕微鏡による異種細胞間相互作用による細胞極性化の分子ダイナミズムの可視化
2020原田 浩徳遺伝子異常による骨髄系造血器腫瘍の発症機序解明
2021佐野 元昭グルココルチコイド受容体を標的とした心不全治療法の開発
2023松井 啓隆リボソーム生合成障害による造血器腫瘍発症機序の分子メカニズム
2024新江 賢ダニアレルギーの発症機序の解析
2101井戸川 雅史癌関連転写因子標的非コードRNAの発現ネットワーク解析による癌病態の解明
2102元井 亨骨軟部腫瘍における診断マーカーの同定と腫瘍概念の再構築を目指した融合遺伝子の探索
2103中川 英刀p53変異と協調的に発がん制御に作用する分子の探索
2104中村 稔ゲノムワイド関連解析と網羅的遺伝子発現解析の統合による自己免疫性肝疾患の病態解明
2106小島 祥敬ゲノムワイド関連解析による尿道下裂、停留精巣発症関連遺伝子の探索
3001鈴木 敏彦細菌感染時におけるインフラマソーム活性化の制御メカニズム
3004竹山 春子シングルセルドロップレット技術を応用したインフルエンザ感染マシナリーの解析
3005後藤 義幸腸内細菌叢および粘膜免疫システムによる真菌感染制御機構の解明
3006國澤 純腸管における免疫環境の構築と生体制御・疾患
3007牧野 晶子内在性フィロウイルスVP35様配列の抗ウイルス機能解析
3008高村 祥子MD-1による脂質シグナル制御機構の解明
3009大森 深雪アレルギー反応を調節する樹状細胞サブセットの同定および機能解析
3010前田 健ヘルペスウイルス宿主域規定因子の解明
3011本田 知之核内増殖型RNAウイルスのインフラマゾーム誘導および抑制機構の解析
3012杉田 征彦エボラウイルス・ヌクレオキャプシドの極低温電子顕微鏡解析
3013呉羽 拓CCR4-NOT複合体によるpoly(A)短鎖はT細胞のポジティブセレクションに必要である
3014廣松 賢治肺炎クラミジア感染細胞からのFABP4の分泌、および、その制御機構
3015木曾 康郎新世界ザルの生物学的特性の解明
3016森尾 友宏iPS細胞を用いた顆粒球・単球・樹状細胞系細胞の分化・機能探索に関する研究
3017新澤 直明類鼻疽菌の細菌競合と宿主病原性の関連性、およびそれに関わる遺伝子領域の解明
3018東 秀明Bacillus anthracis 病態発症に係る毒素合成機構の解明
3019野田 岳志インフルエンザウイルスのゲノムパッケージング機構に関する研究
3020小柴 琢己RNAウイルス感染に伴うミトコンドリア・ダイナミクスの生理機能解析
3021西尾 純子内在性自己RNAである、small nuclear RNAの免疫賦活性の検討
3022柳井 徳磨One Healthに基づく動物由来感染因子のサルにおける病原性解明
3023佐藤 慎太郎ヒト正常上皮細胞層を用いた、ヒトノロウイルスの侵入に関与するレセプターの同定、および侵入様式の解明
3024辻 典子腸管自然免疫レセプターを介したI型インターフェロン産生の作用機序の解明
3025野地 智法乳腺での感染防御を可能にする免疫賦活化因子の探索
3026朴 恩正老化に伴う腸上皮バリア機能障害の分子基盤の解明
3027改正 恒康炎症性サイトカインIL‐1βの産生を制御する分子機構の解明