東京大学医科学研究所

  1. ホーム
  2. 医科学研究所の紹介■共同研究

共同研究

平成23年度共同研究報告書

終了課題

ID No研究代表者研究課題名
108関根 章博一般大腸癌患者の中の遺伝性要因を評価する為のシステム構築
110谷口 修一成人臍帯血ミニ移植後早期のドナー由来リンパ球動態の解析
111高木 章乃夫肝臓移植における新たな免疫制御療法の開発
117山田 健人移植片対宿主病に対する新規分子標的療法の開発研究
201吉田 裕樹炎症性疾患におけるITAM受容体-CARD9経路を介した免疫活性化機構の解析
202山崎 晶自己免疫疾患におけるレクチンレセプターの生理的・病理的役割の解明
203前仲 勝実免疫抑制型受容体DCIRの立体構造解析
205高柳 広関節リウマチにおける骨破壊メカニズムの解明
207広田 亨分裂期染色体均等分配を保証する分子機構の解明
208本間 美和子細胞周期進行シグナルと関連する核内キナーゼ複合体包括的プロテオミクス解析
215鍋島 一樹MT1-MMPおよびMT1-MMPと相互作用する分子群によるがんの悪性形質獲得の分子機序の解明と臨床応用
217橋本 亮太神経細胞形態制御分子遺伝子座における統合失調症と関連する一塩基多型の解析
303桑原 一彦HIV抗原を提示するHLA/ペプチド複合体特異的抗体によるHIVエピトープの抗原提示量測定システムの開発
310栁井 徳磨動物の病原体のサルでの感染実験
313上野 貴将HIVアクセサリー蛋白質に対する免疫淘汰圧の解析
315中西 広樹質量分析計を用いたToll様受容体の内因性リガンド探索
316長井 良憲脂肪組織の自然炎症におけるRP105/MD-1シグナルの解析

被災研究者支援

ID No研究代表者研究課題名
S301倉田 祥一朗自然免疫を制御する新規cGMPシグナル経路の哺乳動物での解析
S302牟田 達史自然炎症制御における核内IκBファミリータンパク質の機能とその破綻

継続課題

ID No研究代表者研究課題名
101衛藤 義勝ライソゾーム病モデルiPS細胞を用いたライソゾーム病の病態解析
102日下部 岳広脊索動物モデルを活用した高精度なシス調節配列予測法の開発
104柏木 厚典新規肺がんペプチドワクチン療法の臨床開発研究
106仲 哲治悪性胸膜中皮腫に対するサイトカインシグナル伝達抑制分子(SOCS)を用いた遺伝子治療法の臨床応用
109森尾 友宏原発性免疫不全症に対する臍帯血ミニ移植後の混合キメリズムの解明と治療法の開発
113山口 拓洋臍帯血を用いた新規細胞移植療法の開発のための臨床統計解析
116片桐 豊雅乳癌における新規エストロゲン受容体活性化制御機構の解明と新規創薬の開発
119脇谷 滋之自己骨髄由来間葉系幹細胞を用いた血友病性関節症に対する再生医療の臨床試験(第I相)
120高梨 美乃子臍帯血移植のグラフト生着における液性・細胞性免疫の役割に関する解析
204井田 弘明遺伝性自己炎症疾患の細胞株を利用した炎症シグナル伝達とプロテオミクス解析
209本村 政勝筋特異的受容体型チロシンキナーゼ活性化機構の破綻と筋無力症
211栗林 太GCN5ファミリーによるタンパク質リン酸化のエピジェネティック制御機構の解析および発癌・癌悪性化への関与の検討
212藤田 美歌子NF-κB活性化経路を精密に阻害する低分子化合物の合成
216田村 研治接着分子を対象とした新規分子標的治療マーカーの研究
218今村 健志がんにおけるTGF-βシグナルとMT1-MMPのクロストークのin vivo光イメージング
219三浦 直行リンパ管形成におけるFoxc2遺伝子発現細胞系譜の解明
305高橋 一郎粘膜系記憶T細胞の誘導・維持機構の解明
309木曾 康郎新世界ザルの生物学的特性の解明
311供田 洋新規抗ウイルス剤をめざしたRNA干渉制御物質のスクリーニング
312稲田 健一ウイルス感染に伴い形成される遺伝子制御ネットワークの解明とそれに基づく新規診断マーカーと治療標的の同定
314江下 優樹ゲノム情報を利用した蚊媒介性疾患制圧のための網羅的発現遺伝子解析
317植松 智腸管系樹状細胞と自然免疫受容体群の解析による感染免疫機構の解明