東京大学医科学研究所

  1. ホーム
  2. 医科学研究所の紹介■共同研究

共同研究

IEIIS2012 Homeostatic Inflammation Satellite Symposium "Infection, Inflammation, and Immunity"

平成24年10月22日(月)、医科学研究所1号館講堂にて、東京大学医科学研究所共同研究拠点主催国際シンポジウム IEIIS2012 Homeostatic Inflammation Satellite Symposium "Infection, Inflammation, and Immunity" が開催されました。

ポスターをクリックすると大きくなります。

平成24年10月22日(月)10時より、医科学研究所1号館講堂において、東京大学医科学研究所共同研究拠点の主催にて、感染症・免疫共同研究領域における国際シンポジウム"Infection, Inflammation, and Immunity"が開催された。本シンポジウムでは、感染症、炎症疾患、自己免疫疾患における自然免疫の役割について焦点を絞り、第12回国際エンドトキシン自然免疫学会学術集会・第2回自然炎症国際シンポジウムの開催に伴い来日された3人の先生方を中心に講演が行われた。また、これまでの共同研究拠点事業の成果も合わせて紹介された。
三宅健介副所長/教授の挨拶の後、3つのテーマにそって、セッションが行われた。最初に"Molecular mechanism controlling host responses"をテーマに、Columbia大学・Sankar Ghosh教授、医科研・植松智特任教授、國澤純准教授のセッションが行われ、次に"Infection and host responses"をテーマに、Cedars Sinai Medical Center/California大学Los Angeles校・Moshe Arditi教授、医科研・川口寧教授、長谷耕二特任教授のセッションが行われた。最後は"Inflammation and diseases"をテーマに、Florida大学・Westley Reeves教授、医科研・三宅教授のセッションが行われた。各セッションでは、講演者と参加した研究者、学生等との間で活発に質疑応答が行われ、盛会のうちに閉会した。

【プログラム】
Session I : Molecular mechanism controlling host responses
・Sankar Ghosh (Columbia Univ., USA)
 Adaptation of TLR-mediated Immunity through Evolution
・Satoshi Uematsu (IMSUT)
 Analysis of innate immune cells in small intestinal lamina propria
・Jun Kunisawa (IMSUT)
 Lipids, vitamins, and nucleotides in the intestinal immunoregulation
Session II :Infection and host responses
・Yasushi Kawaguchi (IMSUT)
 Molecular basis of herpes simplex virus infection
・Moshe Arditi (Cedars Sinai Medical Center/Univ. California, Los Angeles, USA)
 Novel role of RIP2 in T cell Regulation
・Koji Hase (IMSUT)
 Epithelial immune functions at the interface between self and non-self
Session III :Inflammation and diseases
・Westley Reeves (Univ. Florida, USA)
 Innate immune mechanisms in Experimental Lupus
・Kensuke Miyake (IMSUT)
 A GTPase driving TLR7 into type I interferon-mediated autoimmunity

▲Session I  Sankar Ghosh教授


▲Session II  Moshe Arditi教授


▲Session III  Westley Reeves教授