研究について

国際ヒトゲノムプロジェクトにより2003年に解読されたヒトゲノムの情報と、国際ハップマップ・プロジェクトによって得られた遺伝子多型の情報は、医科学に膨大な量の情報をもたらしました。ゲノムシークエンス解読は終了しましたが、ポストゲノム・シークエンス時代のゲノム研究の推進は、現在最も必要とされる研究課題のひとつです。世界的に遺伝子多型を用いた疾患感受性解析や、個別化医療の為の研究が急速に進んでいます。しかし、日本人ゲノムは欧米人のゲノムとは多型性の点で異なっており、日本の個人に応じた医療(オーダーメイド医療)を開発する為には、日本人独自のゲノム情報を基盤とする研究が必要です。しかし日本におけるこの分野の将来を担う人材は、絶対的に少ないのが現状です。

新興・再興感染症の克服にも宿主・病原体のゲノム情報は必須です。世界的な感染症の脅威に対する対策には、国際協調を保ちつつ基礎医学研究から新規治療・予防法開発を行なう若手研究者を育てる必要があります。プロテオーム、システムバイオロジーなどの新たな研究アプローチを取り入れ、ゲノム医科学や疾患モデル動物学と有機的に融合した研究を展開していくことにより、より体系的な疾患理解と迅速な先端医療開発が期待されます。このような新たな融合により技術革新や産業の創出へと発展をもたらします。

G-COEで目指す新たな国際的研究拠点
-遺伝情報の医療へのトランスレーションによる健康社会の実現-

医科学研究所はがん、免疫・感染症、再生医療などの分野で世界レベルの研究が行なわれ、最先端の学問を教育・指導できる教師陣に恵まれています。中でもヒトゲノム解析センターは、世界各国のゲノム研究機関と協調して国際共同研究を進めてきました。また、日本人の遺伝子多型の同定とその頻度を明らかにし、そのデータベースを公開するなど、日本におけるゲノム研究の中心的役割を果たしています。また感染症研究においては、国内ネットワーク拠点の感染症国際研究センターや中国科学院に感染症研究拠点を有し、世界トップレベルの研究を推進しています。さらに本研究所は、フランスパスツール研究所やシンガポール国立大学分子生物学研究所、中国科学院との学術協定を結び、世界レベルの研究を展開しています。しかも、基礎研究部門、ヒト疾患モデル研究センター、先端医療研究センターが設置されており、ゲノム研究を医療へ展開する為の先端医療開発を支援することが可能です。またオーダーメイド医療開発の為の試料を保存するバイオバンクの維持にも協力しており、ゲノム情報から医療開発を行なう為の研究支援体制が整っています。

拠点紹介
目的
組織
21COEの成果
研究について

お問い合わせ

東京大学 医科学研究所
GCOE推進室

〒108-8639
東京都港区白金台 4-6-1
TEL: 03-6409-2028
E-mail:
学生相談室